野村証券のホームトレードとネット&コールのIPOルールまとめ!!配分方法やペナルティは??

IPOロックオンでも主幹事になり今年も野村証券が主幹事レースではトップを独走中!!

野村証券にはホームトレード、ネット&コールの二つの窓口があり、IPOを初めたばかりの人には配分方法やペナルティなどよくわからない所もあるかと思います

そこで多少IPOルールにも違いがありますので今回はそれぞれでまとめてみました(^_^)

スクリーンショット 2014-08-15 9.16.04

野村證券IPO概要

・野村證券は毎年必ずIPO主幹事をつとめ、その数もトップクラス

・平幹事も多IPO投資には必須の証券会社

・野村ホームトレード、野村ネット&コールという二つの窓口があるが両方に口座開設が可能となっている。

・他の証券会社に比べ1日ブックビルディング期間が短い

IPOのBB時の前受け金

野村ホームトレード・・・不要

野村ネット&コール・・・必要同一資金で他銘柄BB可能

IPOの抽選方法

・抽選数量は、野村ホームトレード、野村ネット&コール合わせて、野村證券の販売数量(オーバーアロットメント分を除く)のうち、個人への販売を予定している数量の10%以上を平等抽選

・野村ホームトレード、野村ネット&コールそれぞれの抽選参加者を対象として当せん者を別個に決定するため10%の抽選を受けるにはホームトレード、ネット &コールの両方にブックビルディングしなければならない

IPOキャンセル時のペナルティ

野村ホームトレード・・・なし

野村ネット&コール・・・なし

IPO実績

2012年度・・・30社

2013年度・・・40社

管理人当選実績

ジャパンディスプレイ 100株

何度もこのブログでは書いていますが注意するべきは…

IPO抽選配分はホームトレードとネット&コールで合わせて10%以上

ということです!!

片方の口座しか持っていない方は両方の口座を持っている人よりも当選本数が必然的に少なくなりますので注意してください

その他野村証券の詳しいIPOルールはこちらに記載されています

野村証券は口座数も多く、ホームトレードでは前受金不要なためIPO競争率が激高なのは間違いありません!!

IPOがよく当選される方もいますが個人的にはかなり野村証券との相性が悪く、唯一当選したジャパンディスプレイも無念の公募割れという結果でした(T-T)

しかし、主幹事を務めることが多いのでIPO投資を始める人には間違いなく必須の口座です

もしかしたら1番必要な口座かもしれません(^_^;A

投資商品の勧誘なども自分は一度もありませんのでまだ口座をお持ちで無い方は安心して口座開設してみてください♪

その他IPOの最新情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

※追記

野村ネット&コールのIPOルールには「野村ホームトレード」と「野村ネット&コール」の両方にBBした場合は名寄せを行い、申し込みの早い方のみを有効と記載されていました!

この通りならば野村ネット&コールとホームトレードの両方にIPOを申込んでも片方は無駄になってしまいますし、ホームトレードは資金不要で申込めるのでネット&コールでの申し込みはする必要がなくなるということになります

さらに今まで大変な勘違いをしていた可能性大です(^_^;A

この件については野村証券に問い合わせて再度ブログで報告させていただきます。

コメントでご指摘くださったmagikaさんありがとうございます。

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク

フォローする

直近IPOをチェックしよう!!

最新BBスケジュール


下記の表は管理人の独断と偏見によるものです。投資はあくまで自己責任でお願いいたします

銘柄
上場日
BB期間
評価
4/18
【公開価格】1,370円
B〜A
4/25
【公開価格】2,000円
A

スポンサーリンク

コメント

  1. magika より:

    メカニックさん、お久しぶりです。
    この野村のIPOの話ですが、ネット&コールのIPO取引ルールを見ると、
    「ネット&コールとホームトレードの両方にて申し込みがある場合は、申し込み時間の早い方の申し込みを有効として抽選を行います。」
    と書かれてあります(5の(2)の抽選方法の欄に書かれてあります)。

    https://netcall.nomura.co.jp/contents/ns_pdf/trading_rule/rule_ipo.pdf

    両方申しこんだ時は名寄せがされ、1つの申し込みとされるので、私は、両方申し込んでも片方が無効になるので、ホームトレードだけ申し込んで、ネット&コールへの資金は別のBBに回していました。

    また、以前、問い合わせた時に、
    「配分が少ない場合は、ネット&コールの抽選を行わず、ホームトレードのみで行う。」
    との回答でした
    (どこかに書いていたのですが、どこに書いていたか忘れてしまいました。)。
    だから私は、

    「ホームトレードのみでも10%。
    ホームトレードから何%かをネット&コールに配分。」

    という認識でいました
    (今はわかりませんが、実際に配分された抽選分の割合が書かれた報告書を見たことがあるのですが、その時は、毎月約9%が抽選に回っていました。)。

    昔は両方当選というのもあったみたいですが、今は、両方申し込んでも、片方しか抽選に回っていないと思います。

  2. magika より:

    補足です。
    上記の抽選に回った約9%というのは、ホームトレードからネット&コールへの配分の割合という意味ではなく、
    野村に配分があったものからの完全抽選分
    (ホームトレードとネット&コールを合わせた分です。ホームトレードのみの場合も含みます。)のことです。

    • IPOメカニック より:

      magikaさんコメントありがとうございます。

      ネット&コールのIPOルールを見逃していました!!
      確かにこれを読むと「名寄せをし申し込みの早い方を有効にする」としっかり書かれていますね(^_^;A
      今まで自分は両方申込んでいましたがこれの通りならば片方は無駄ということになっていたのかもしれません
      また「ネット&コールでは抽選に回さない時がある」というのは野村証券のIPOルールに記載されていたと思います!
      どちらにしても、このネット&コールのIPOルール通りだとホームトレードのみにBBすれば十分ということになりますね
      これは時間があるときに自分も野村証券に電話して聞いてみたいと思います!!

      自分のリサーチが甘く、この度はコメントでご指摘くださりありがとうございます。
      大変重要なことですのでブログ記事に追記させていただきます!!
      これからも何からありましたらよろしくお願いいたしますm(_ _)m

  3. magika より:

    メカニックさん。
    返信ありがとうございます。
    実はでしゃばったことをしたのではないかと反省していたんです。
    でも、書いた方がこれを見ている皆さんのためになるかもしれないと思い、書かせて頂きました。
    ちなみについ最近ですが、野村証券のコールセンターにこの件について聞こうと電話をしたら、
    「そのことは、支店で聞いてください。」
    とつっぱねられました(^^;

    メカニックさんが書いていた、
    「ホームトレードとネット&コールで合わせて10%以上。」
    というのも間違いではないんですよ。
    銘柄によっては10%以上のものもありましたし、大体、月に平均したら9%くらいだったと・・・。
    これも昨年の冬のデータですので、今は10%以上になっているかもしれません。
    今回のマザーズ、4連戦。
    どれか取りたいですねo(^^)o

    • IPOメカニック より:

      magikaさんおはようございます!!
      でしゃばるなんてとんでもないです(>_<) むしろmagikaさんのように指摘いただいた方がおっしゃる通りみなさんの役に立ちます! 感謝しています♪ 電話の件ですが大手証券なのに対応悪いですね(^_^;A自分も電話しても教えてくれるか微妙ですww 自分もまだまだですし、ブログを書きながら勉強している最中です! 是非これからもなにか間違いがありましたらご指摘くだされば幸いです(^_^)

  4. Hassy より:

    みなさんに気をつけて欲しいことが、NISA口座でIPOの購入は
    ホームトレード : 〇
    ネット&コール : ×
    みたいです。

    • IPOメカニック より:

      Hassyさんコメントありがとうございます。

      なるほど!!
      ということは野村証券でIPOが当選しNISA口座で購入したい場合は必然的にホームトレードからの申し込みをしなくてはいけないということですねΣ(゚Д゚;)!
      これは全く知りませんでした!!
      野村証券でNISAを開設した人は注意が必要ですね!
      貴重な情報をありがとうございます♪