クラウドバンクの不動産ローンファンドの仕組みを簡単に説明!!現在6.5%の高利回りファンドが募集中!!

現在クラウドファンディングのクラウドバンクから高利回りの6.5%のファンドが資金募集をしています!!

通常は利回り約5%ほどなので1.5%ほど通常より高い設定です(^ ^)

今回のファンドは不動産担保型ローンファンドというものですがこのファンドがどういうものか知らない方も多いと思いますので簡単に説明させていただこうと思います♪

スポンサーリンク

不動産担保型ローンファンドの仕組み

まずは今回募集している不動産担保型ローンファンドを簡単に説明すると…

古い物件をリノベーションして価値を高めて販売する不動産会社に物件を取得する際の資金を融資する仕組み

です。

さらに砕けて説明すると…

今、古いけどいい物件があってそれを俺がリフォームすれば高く売ることができるんだ!!だけどその古い物件を買うお金がないからいくらか融資してくれない??

って感じです。

ただこんなことを言われたらみんなはこう思うはずです。

銀行に借りれば??

まぁ当然ですよね(^^;;

実際ほとんどの不動産会社は銀行に借りているんです。

しかし、実は銀行には「この不動産に対していくらまでしか貸せない」というゆうような考え方をするので全額は出してくれないところがほとんどなんですよね。

そうなると残った金額は自分で負担するしかなくなるんです。

困りますよね(T . T)

そこで!!

クラウドバンクの出番なんです。

クラウドバンクがこの自己負担するうちの一部をクラウドファンディングでお金を集めて融資すればさらに不動産会社の負担は減りますよね♪

そして無事リノベーションして物件が高く売れたら融資金額に”色”をつけて返済されるという感じです

この”色”が私たちが受け取る利率分と思っていただいていいでしょう♪

クラウドバンクは銀行よりも高い利回りで融資しますがこういう融資を俗に「メザニンローン」ともいいます。

高利回りと低利回り(銀行など)の間の融資と考えてもらえればいいですね(^ ^)

ざっくりではありますがこれが今回募集している不動産担保型ローンファンドの全容です。

不動産担保は本当に売却できるのか??

心配性な方の中には「いくら担保があるっていっても本当に売れるの??」って思う方もいるのではないでしょうか??

ここはクラウドバンクの公式サイトでもしっかりと答えられていました。

【Q】物件は本当に売却できるの?

【A】 融資額を回収可能性を高めるために、事業者の自己資金を差し引いた価格に物件価格を設定します。そうすることで、市場価格よりも割安な価格になるため、売却の可能性が高まります。

ここで一つ注意して欲しいのは銀行がまずは不動産の第一抵当を抑えている可能性がある点でしょう

クラウドバンク第二抵当が濃厚だと思います。

もし万が一返済できなくなったときに一番に回収できるのは銀行だということは知っておいたほうがいいですね。

しかし、クラウドバンクも融資のプロですから当然、売却した担保で自分たちが融資した金額が回収できるか厳正に調査しています。

さらに今まで行ってきた不動産担保ローンファンドでは今の所一度もデフォルト(貸し倒れ)がありませんのでこの辺はかなり信用ができるのではないでしょうか??

不動産担保はあくまで保険といった位置づけで最終手段ですね(^ ^)

1万円投資した時のシミュレーション

クラウドバンクでは1万円から投資できるので今回募集している利回り6.5%のファンドに1万円募集した時に最終的にいくらになって戻ってくるかをシミュレーションしてみました。

クラウドバンク シミュレーション

うまく運用できれば半年で258円増えて帰ってくる予想ですね♪

当然、さらに多く投資すれば受け取る利息はさらに大きくなりますが投資ですので元本保証はありませんから元本割れのリスクはあります

しかし昨今では1年銀行に1万円預けておいても10円くらいにしかなりませんので魅力的な利回りということがわかるのではないでしょうか??

まとめ

これが今回募集している不動産担保型ローンファンドの仕組みとリスクです。

実は不動産担保型ローンファンドにはもうひとつ投資対象があるのですがそれはまた後日説明させていただきたいと思います♪

クラウドバンクは一度投資したら後は何もすることはありません。

自分は今の所10万円以上クラウドバンクで投資していますが毎月しっかりと分配金が振り込まれています

普段銀行に預けている動かないお金があるならまずは1万円クラウドバンクで投資してみるのもいいと思いますよ

投資ですのでリスクはありますがリスクを負わないとリターンもありませんからね♪

口座開設費、維持費、共に無料でランニングコストはありませんから気になる方は下記の公式サイトを覗いて見てください(^ ^)

今回のファンドに間に合わなくてもまたすぐに高利回りのファンドの募集がありますので 是非早めに準備することをお勧めします

クラウドバンクの公式サイトはこちらクラウドバンクで資産運用