IPO日本スキー場開発 (6040)、楽天証券での抽選倍率は? プラッツとどのくらい差があったのか??

日本スキー場開発で委託幹事入りした楽天証券ですがその抽選結果がでました(^ ^)

少し前の記事で楽天証券には申し込んだといっていたと思いますがその分です!!

ちなみに結果は…

落選でした!

楽天証券落選

日本スキー場開発は自分はそんなに欲しい銘柄ではありませんでしたのでここはむしろ落選でホッとしています

今回の目的はあくまで楽天証券における日本スキー場開発の倍率ですからね♪

それではあまり溜めても申し訳ありませんので早速抽選倍率を発表したいと思います(^ ^)

なんと、日本スキー場開発の抽選倍率は…

165倍でした!!

楽天証券 日本スキー場開発

人それぞれ高いか低いかの判断が分かれるところだと思いますがやはりそこまで人気があったIPOではありませんでしたのでプラッツに比べればかなり倍率が低くなりましたよね

具体的にはプラッツの抽選倍率が527倍でしたので…

527/165 = 3.19

日本スキー場開発はプラッツに比べ約3.2倍当選しやすかったということがわかります♪

ざっくり独断と偏見で「プラッツ=人気IPO」、「日本スキー場開発=不人気IPO」と位置付けると楽天証券では人気IPOと不人気IPOで…

約3.2倍の確率差があるといえるかもしれません

もちろん、銘柄毎やIPOの日程で多少この差は開いたり狭まったりするかとは思いますので不確実性はありますがこれからの参考程度にはなるかと思います♪

ちなみに今回の倍率差をしっても特にIPOで有利になるということではありません

しかしながら知っていて損はないと思いますので「このくらいの差があったんだな〜」と頭の片隅にいれておくと今後何かの役に立つこともあるかもしれませんね(^ ^)

その他ブロガーの抽選結果はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

楽天証券はお世辞にもIPOの取り扱いが多いとはいえませんが今回のプラッツや日本スキー場開発のように突然、委託幹事入りすることもあるので持っておくと便利です

また超有名取引ツールの「Market Speed」ではMac版もリリースされているのでMacユーザーにはメイン証券としてもオススメできます(^ ^)

意外とMacに対応した取引ツールってないんですよね(^^;;

また裏技として、楽天の株主優待でこの「Market Speed」を無料で使えるので優待タダ取りすればタダで使えるようになりますw

ネット証券ということもあり手数料も安いのでオススメですよ♪

公式サイトはこちら→楽天証券

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク