12月IPOの証券会社別抽選配分枚数結果【その4】「不人気 = 当選しやすい」は間違い!?

12月IPOの証券会社別抽選配分枚数結果はやっと後半戦です(^ ^)

さすがに去年は12月だけで28社のIPOがありましたからちょっと時間がかかってしまっています(^^;;

では後半一発目にご紹介するIPOはアドベンチャー、gumi、メタウォーター、サイジニア、インターワークスの5つです!!

アドベンチャーの抽選配分枚数の結果

アドベンチャー ロゴ

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事大和証券
2,471枚
389枚
389人
15,7%
SBI証券
146枚
68枚
68人
46,5%
SMBC日興証券
84枚
9枚
9人
10,7%

大和証券が主幹事のA級IPOでしたね

いつも通り、大和証券では抽選に約15%ほどをまわしてくれていますので当選者は389人とA級IPOでしたが他の大手証券に比べると多い印象です(^ ^)

やはり、IPO投資で大和証券は外せません♪

幹事数は全部で3社しかいませんでしたがSBI証券でも68人の当選者がでていますから運よくゲットできた方もいるかもしれませんね♪

gumiの抽選配分枚数の結果

gumi ロゴ

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事野村証券
96,360枚
8,389枚
8,389人
8,7%
三菱UFJMS証券
998枚
109枚
109人
10,9%
SMBC日興証券
1,021枚
109枚
109人
10,9%
マネックス証券
545枚
545枚
545人
100,0%
委託幹事カブドットコム証券
5枚
5枚
5人
100,0%

今話題になっている“G”です!!!

野村證券の配分枚数は96,360枚とものすごい数字ですね!(◎_◎;)

人気がなかったのかなと思いましたが抽選配分率が8,7%と低い数字ではありませんのでブックビルディングはある程度積みあがったということがわかります

自分は野村證券とマネックス証券で当選し、2枚ゲットできましたが結果は公募同値ということで”なんともいえないIPO”という印象です

【参考】gumiの当選記事はこちら

三菱UFJモルガンスタンレー証券、みずほ証券でも抽選に100枚以上まわしていましたのでこちらで当選できたというかたもいたでしょう♪

でも、これだけの枚数をばら撒いておいて下方修正ですからさすがにいろいろ言われても文句はいえないですよね(^^;;

メタウォーターの抽選配分枚数の結果

メタウォーター

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事野村証券
54,615枚
4,400枚
4,400人
8,0%
みずほ証券
32,597枚
1,954枚
1,954人
5,9%
三菱UFJMS証券
4,138枚
460枚
460人
11,1%
委託幹事カブドットコム証券
5枚
5枚
5
100%
岡三オンライン証券
1枚
1枚
1人
100%

野村證券主幹事のIPOでしたがみずほ証券の配分率などを見ると10%を切っています

きっと、あまり人気がなくブックビルディングが積みあがらなかったため裁量配分にその分をまわしたんでしょう(^^;;

また個人的には岡三オンライン証券の割り当て数が1枚となっていますがここでふと疑問が浮かびました

というのも先日IPOでステージ制を導入しましたが配分枚数が1枚の場合はどういう風に配分するのかな~と思ったからです

個人的には抽選配分のところにまずは「ステージBに10%分を配分する」と書いてありましたので割り切れない場合はステージ制を採用しないと考えるのが普通かなと思いました

でないとSステージの人にしか当選のチャンスがありませんよね( ;  ; )

まだ、導入したばかりということもありしばらくは様子見が必要でしょう(^^;;

サイジニアの抽選配分枚数の結果

サイジニア ロゴ

 証券会社割当枚数抽選配分枚数結果当選人数抽選割合
主幹事SMBC日興証券
3,006枚
322枚
322人
10,7%
SBI証券
140枚
66枚
66人
47,1%
マネックス証券
36枚
36枚
36人
100%
いちよし証券
34枚
3枚
3人
8,8%
東海東京証券
31枚
4枚
4人
12,9%
岩井コスモ証券
36枚
4枚
4人
11,1%
エース証券
36枚
4枚
4人
11,1%
SMBCフレンド証券
35枚
4枚
4人
11,4%

上記の表を見ていただければわかる通り、主幹事のSMBC日興証券とネット証券であるSBI証券とマネックス証券以外ではほぼ当選は困難だったことがわかります(^^;;

さすが初値高騰したプラチナIPOです!!

東海東京証券は100%配分したり今回のように10%だったりとかなり抽選割合のばらつきが多いですね

これからは抽選組はネットからしか申し込みはできませんがもし100%抽選配分のIPOの場合はそこそこ当選に期待ができるかもしれません

自分は海帆が東海東京証券で当選しましたのでどのような配分だったか結果がでたらしっかりとチェックしたいと思います(^ ^)

インターワークスの抽選配分枚数の結果

インターワークス

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事大和証券
6,025枚
953枚
953人
15,8%
SBI証券
489枚
219枚
219人
45,1%
野村證券
481枚
45枚
45人
9,3%
SMBC日興証券
240枚
25枚
25人
10,4%
岩井コスモ証券
84枚
9枚
9人
10,7%
いちよし証券
79枚
13枚
13人
16,4%
みずほ証券
81枚
9枚
9人
11,1%
エース証券
84枚
7枚
7人
8,3%

インターワークスの主幹事は大和証券でしたのでこちらも比較的多い約950人の当選者がいました

どの証券会社でもほぼ抽選割合はいつもの通りということでそれなりに人気化した証ですね♪

SBI証券は200枚越えの枚数がありましたが今回も複数配分はなかったので基本的に平幹事の時は一人一単元配っているように感じます(^ ^)

また、いちよし証券は16%と高い数字を出していますがが現在はIPOルールが変更され、10%になっていることは注意をしておきましょう

IPO投資を始めたばかりの人は勘違いしないようにしてくださいね♪


今回紹介した5社はそれほど気になる点はなくほぼ通常通りの配分をしていた感じです

ただ、不人気のIPOでもブックビルディングが積み上がらない時は各社、抽選にまわす枚数を少なくするため一概に当選しやすいとはいえないかもしれませんね

個人的に「不人気 = 当選しやすい」という考えは適切ではない気がしました(^^;;

参考になりましたらクリックしてくださると幸いですにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

管理人は上記でも書いた通りマネックス証券でgumiが当選しました!!

他にも去年だけで3社のIPOが当選し、10万円以上の利益が出すことができましたので少額投資家にオススメの証券会社です

一人一票制の100%完全抽選で誰でも平等にIPOの抽選を受けれますからね♪

IPO投資には必須の証券会社と自信を持って言えますのでまだ口座を持っていない方は早めに準備して来年の戦いに備えましょう(^ ^)

↓↓マネックス証券の無料口座開設はこちらから↓↓

マネックス証券

G.W後のIPOに参加する準備はできていますか??

 

ついにG.W後のIPOが続々と新規承認されてきましたが、申し込みするための準備はできていますか??

 

個人的にオススメしたい証券会社は東海東京証券です

 

 

毎年コンスタントに幹事入りしていますし、2016年は初値高騰した"バリューゴルフ"、"グレイステクロのジー"など多くのIPOで主幹事をつとめました(^ ^)

 

2017年もすでに安江工務店で主幹事をつとめていて、6月30日に上場するSYSホールディングスでも主幹事をつとめます

 

ちなみに自分は東海東京証券でA級IPOの"海帆"、大注目された"日本郵政"、"ゆうちょ銀行"、"グレイステクノロジー"などが過去に当選していて、すでに55万円以上の利益が出ているんです

 

グレイステクノロジー 東海東京証券 当選

 

グレイステクノロジーに関しては一撃40万オーバーの利益!(◎_◎;)

 

この時は本当に嬉しかったです

 

今から口座開設すればSYSホールディングスの申し込みに十分間に合いますので、是非早めに準備してくださいね♪

 

IPOは口座数の多さが当選確率アップに直結しますので、なかなか当選できない方は"口座開設が最大の特効薬"になると思いますよ(^ ^)

 

東海東京証券の公式サイトはこちら

 

詳しいIPOルールや知りたいという方は下記の記事に自分の当選履歴を含めてを全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

主幹事実績急増中!! 東海東京証券のIPOルールを徹底紹介!!
2015年にネットからIPOの申し込みができるようになって注目を浴びているのが… 東海東京証券です ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク