IPO 富士山マガジンサービス (3138) 新規承認!!

7月第一弾のIPO 富士山マガジンサービス (3138)が新規承認されました(^ ^)

かなり順調に新規承認が続いているのでIPO投資家にとっては嬉しい限りですね♪

IPO 富士山マガジンサービス (3138)の詳細

IPO 富士山マガジンサービス ロゴ

銘柄 株式会社富士山マガジンサービス
事業内容自社Webサイトを用いた、雑誌の定期購読斡旋サービスの提供
市場マザーズ
上場日7/7
コード3138
公募50,000株
売り出し
OA
129,800株
26,900株
吸収金額
約5.48億(想定価格ベース)
時価総額
約42,0億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間6/19~6/25
価格決定日6/26
想定価格2,650円
主幹事みずほ証券
幹事証券大和証券
SBI証券
東海東京証券
岡三証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SMBCフレンド証券
マネックス証券
東洋証券
委託幹事安藤証券(?)

富士山マガジンサービスはどうやら雑誌に特化したオンライン書店を展開しており、主に定期購読サービスを展開している会社のようです

自分はこういう会社があるとは全く知りませんでしたが、ざっとサイトを見た感じでは1冊づつ本を購入するよりも大分安くなっていますので面白いサービスだなと感じました

富士山マガジンサービスのサイトはこちら

毎月買っている雑誌がある人なんかは買い忘れもなく送料無料で家に届くのでかなり便利ですよね♪

電子書籍もラインナップされているのもかなり魅力的です

業種も面白いですが、市場はマザーズの上に吸収金額も約5,5億円とかなり小型のIPOとなりますのでプレミア感もかなりあります

想定価格も2,560円とそれなりに高価格なので当選できたらかなりの利益が見込めそうですよね♪

BBスタンスは迷うことなく全力で行かせていただきますよ(^ ^)

IPO 富士山マガジンサービス (3138) の幹事団

主幹事はみずほ証券で、デザインワンジャパン以来ですね

今年は昨年以上に主幹事が多く頑張っている気がします(^ ^)

副幹事には大和証券、さらにSBI証券マネックス証券も幹事入りしていますのでネット組はこの4つを中心に申し込みするのがベストでしょう♪

後は資金が許す限り上位幹事から申し込んでいけばいいと思います!!

ただし当選枚数がかなり少ないので当選難易度はかなり高いですね(^^;;

その分当選できればリターンも大きいと思うので「どうせ当たらないから主幹事とSBI証券だけでいいや〜」なんて思わずにしっかりと申し込みして少しでも当選確率をアップさせるようにしましょう

さて、7月第一弾も無事新規承認されましたのでここからさらに第二弾、第三弾とでてくると思います

8月のお盆前までにどのくらいの新規承認があるか楽しみですよね(^ ^)

その他、富士山MSの最新記事はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

さて、富士山マガジンサービスでまたまたSBI証券が幹事入りしましたが申し込みする準備はできていますか??

今から開設すればサムティ・レジデンシャル投資法人にも申し込めるので一石二鳥です

自分は3月に上場したモバイルファクトリーがSBI証券で当選して42万円の利益をゲットできましたので誰でも当選できるチャンスはありますよ(^ ^)

IPOチャレンジポイントを使った当選記事はこちら

まだ口座をお持ちでない方は間に合わなくなる前に急いで準備してくださいね♪

公式サイトはこちら→SBI証券

スポンサーリンク