ラクトジャパン (3139) のIPO新規承認!! BBスタンスは悩ましい…

ここ最近は特にIPOの新規承認がなかったので「これでしばらく新規承認はないかな〜」と思っていましたが、いきなりドバドバっと新規承認がでてきました(^^;;

今回紹介するIPO ラクトジャパン (3139) もその一つです

ざっとみた感じではあまり人気化しそうにないIPOに感じますね(^^;;

スポンサーリンク

ラクトジャパン (3139) のIPO詳細

ラクトジャパン IPO ロゴ

銘柄 株式会社ラクト・ジャパン 
事業内容乳原料・チーズ、食肉加工品等の
輸入を主とする卸売り
および海外子会社によるチーズ
の製造・販売を行う食品事業
市場東証2部
上場日8/28
コード3139
公募780,000株
売り出し
OA
594,000株
206,100株
吸収金額
約20,5億(想定価格ベース)
時価総額
約61,1億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間8/12~8/18
価格決定日8/19
想定価格1,300円
主幹事野村證券
幹事証券三菱UFJモルガンスタンレー証券
みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
丸三証券
SMBCフレンド証券
SBI証券
委託幹事安藤証券(?)
カブドットコム証券(?)

市場が東証2部なんですよね

若干これだけで少し積極性がなくなってしまいます(^^;;

また、業種も「乳製品の卸売り、販売」ということで人気化は難しそうです

吸収金額も20億円と中型の案件となり、需給面でも特別優位性はありませんのでなんとも判断が難しいIPOという印象ですね

ただ、直近では東証2部だった富士ダイスも公募割れがなく安定したパフォーマンスを発揮してくれましたので、これはプラス要因だと思います

今のところBBスタンスは未定ですが、デクセリアルズの初値も見ながらじっくりと考えるつもりです(^ ^)

前向きには考えてはいますけどね♪

ラクトジャパン (3139) のIPO幹事団

主幹事は野村証券です

個人的には相性が悪いですが、このところの野村証券主幹事銘柄は強みを感じるんですよね(^^;;

いい方向に向かうかもしれません

その他幹事団では丸三証券が久しぶりに幹事入りしています

抽選に回る枚数が5単元未満の場合はネットから申し込みできませんが、IPOラクトジャパンでは当選枚数が多いので取り扱う可能性が高いですね(^ ^)

また、最下位幹事ではありますがSBI証券も幹事入りしていますのでラクトジャパンに参加しない方もSBI証券だけは申し込みをしてIPOチャレンジポイントはしっかりゲットしていきましょう♪

ネットから申し込める証券会社も多いので抽選組にも当選のチャンスは十分にあると思います

ラクトジャパン (3139) のIPOまとめ

目論見書を簡単にチェックしただけなので詳しくはみていませんが現時点ではそれほど魅力を感じないIPOとなります

さらに、同日上場にはメタップスがいるので注目度は完全にそっちに持っていかれますし、資金分散の懸念もあることは頭にいれて起きたいですね

最悪の結果の可能性もありますので無理して申し込みをする必要がないかなという感じです(^^;;

ただ、直近の地合いは良好なので公募より少し上での初値形成が見込め、微プラスになる可能性も十分あります

この辺は自分が多少のリスクをとれるかどうかで申し込みの判断をするのがいいのではないでしょうか(^ ^)

また、丸三証券は毎年コンスタントに幹事入りしている穴場的証券会社ですので口座を持っていればそれだけ参加できるIPOが増えることになり、当選率を少しだけ上げることが可能です

今から開設しておけばラクトジャパンの取り扱いが確定した時に申し込みできますから、他の人と差をつけたい方は早めに準備しておきましょう♪

公式サイトはこちら丸三証券