IPO投資の始め方

日本郵政(6178)のIPO直感的初値予想!! 公募価格付近のせめぎ合い!?

さて、本日は日本郵政グループの親会社であるIPO日本郵政(6178)の直感的初値予想をさせていただきます

日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険を束ねる存在ですので上場する3社の中では特に注目度が高くなる銘柄になりますね♪

スポンサーリンク
みんなのクレジット

IPO日本郵政(6178)の仮条件

【仮条件】

1,100円 〜 1,400円

想定価格は1,350円でしたので”ゆうちょ銀行”、”かんぽ生命保険”同様に仮条件の上限が”50円上ブレ“しました!!

この理由は下記の通りです

①高い知名度とブランド力を背景に、強固な顧客基盤を有し、全国を網羅する郵便局ネットワークを活用して多様な商品・サービスを提供していること。

②安定した収益を計上しており、安定的な配当方針を掲げていること。

③成熟した国内市場において、収益性の向上が望まれること。

以上の評価に加え、グローバル・オファリングと同時に行われる当社の100%子会社である株式会社ゆうちょ銀行及び株式会社かんぽ生命保険(以下「金融2社」と総称します。)の普通株式の日本国内及び海外市場における売出し(以下「金融2社売出し」といいます。)の仮条件価格の範囲、現在のマーケット環境等の状況や、最近の新規上場株のマーケットにおける評価、上場日までの価格変動リスク等を総合的に検討した結果、仮条件は1,100円から1,400円の範囲が妥当であると判断いたしました。

一応、最もらしいことが書いてあります(^^;;

色々情報を集めてみた所、日本郵政グループの中では一番人気がないようですが、とりあえず申し込み期間が長いので考える時間があるのは嬉しい所でしょう

“ゆうちょ銀行”、”かんぽ生命保険”の結果が分かってからでも十分申し込みに間に合いますからね

自分のBBスタンスとしては多少最後に変更はあるかもしれませんが、今の所は強気で攻めていこうと思っていますよ(^ ^)

IPO日本郵政(6178)の直感的初値予想

続きまして直感的初値予想をさせていただきます(^ ^)

日本郵政 ロゴ

【初値予想】1,300円 〜 1,600円

(公募比約0.9倍〜公募比約1.1倍)

IPO日本郵政(6178)のスペック考察

こちらもかんぽ生命保険同様に面白くない初値予想となっていますが、吸収金額を考えるとどうしてもこういう予想になってしまいます

国が関係しているIPOなので少し安心感は感じられますがが、だからといって絶対安心はできませんからね

業種もIPO的には人気化するような業種ではありません

冷静にスペックを見れるとマイナス点ばかりが目立ってしまいます

ただ、やはり知名度も高く、配当に力を入れるとのことで長期的に持ちたいという人も多いと思います

NISAに入れる人が多くなればそれだけすぐに売るという人も少なくなるのでこれはいいことかもしれません(^ ^)

また、郵便局は日本全国至る所にありますのでどこでもいろんな営業ができるというのは強みだと思いますね♪

IPO日本郵政(6178)の業績

続いて業績を見ていきましょう!!

【営業利益】

IPO 日本郵政  営業収益

【純利益】

IPO 日本郵政  純利益

営業利益は右肩下がりですが純利益は緩やかに上昇傾向にあります

しっかりと常に4,000億円以上の黒字はキープしていますので「さすが」といった所でしょうか??

何かがなければ爆発的に利益が増えるということはないと思いますが現時点でも安定した業績を上げていますのでこちらは問題ないように思いますね(^ ^)

IPO日本郵政(6178)の総評

今回は日本郵政グループの第一弾の売り出しということもあり政府的にも失敗だけはしたくないでしょう

これでこけてしまったら次の売り出し時はかなり不人気になり、売りさばくのが困難になると思います

個人的には3社の中では一番当選しやすいIPOだと思いますが、多く取れたら取れたで新たな不安が生まれてくるので良し悪しといった感じもしています

心配性なのでどうしても「国が絡んでるから安心」と100%思えないんですよね(^^;;

正直な所、日本郵政が親会社ではありますが子会社のゆうちょ銀行の方が期待できる気がしています

たぶん、このクラスはいくら考えても全ては当日になってみないとわからないという”予想不可能なIPO”でしょうから「己を信じて進むだけ!」といったところでしょう!!

その他日本郵政の初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

さて、上記でもいった通り、日本郵政だけは申し込み期間が10月23日までと長く設定されていますので、申し込むタイミングによっては間に合う可能性があります(^ ^)

詳しくは下記の記事で紹介していますので「準備がまだできてな〜い!!」という方は参考していただければ幸いです

日本郵政グループのIPOにまだ間に合うの?? 各証券会社でかかる口座開設日数をまとめてみました!!
10月に入りまして日本郵政グループのIPO申し込み期間まで残り少なくなってきました この記事を書いているのが10月4日...

カブドットコム証券マネックス証券などのネット証券はまだ間に合う可能性がありますよ♪

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

クラウドファンディング

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特にオススメしたいのは…

 

みんなのクレジットです

みんなのクレジット ロゴ

 

みんなのクレジットは高利回りの案件も多いですし、キャッシュバックキャンペーンも頻繁に行っているので、どんどん資産が増えていくんですよね♪

 

自分は今年の4月から投資を開始していますが、すでに10万円以上の利益を上げることができました

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

ちなみに今なら下記リンクからの口座開設で1,000円が貰えるというお得なキャンペーンを実施中!!

 

みんなのクレジット 口座開設 10

 

さらに、1/23日(〜16:00)までは新システム稼働キャンペーンも合わせて実施しています

 

みんなのクレジット 新システム稼働キャンペーン

 

ソーシャルレンディングを始めるにはこれ以上ない最高のタイミングだと思いますので、この機会を逃さないでくださいね♪

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

みんなのクレジットのキャンペーンはこちら

みんなのクレジットの評判は?? 投資してみて分かったメリット・デメリットを徹底紹介!!
ソーシャルレンディングサービスのみんなのクレジットですが今回"口座開設"、"投資"、"分配金の配分"と一通り全て経験できましたので実...

 

 

スポンサーリンク
みんなのクレジット
みんなのクレジット

フォローする