口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円+株主優待本

IPO日本郵政グループ3社に申し込みする時に気をつけたい3つのこと

この記事を書いている現在はIPO日本郵政グループ3社のブックビルディング期間真っ只中ということもあり、必死で各社に申し込みしまくっている人も多いと思います

自分も、各証券会社に”ログイン”、”資金移動”、”申し込み”というルーティーンを何回もしているので少し疲れてしまいました(^^;;

ただ、今回は申し込む証券会社が多いということもあり普段とは違う注意点がいくつかあります

自分が申し込みをしている最中で気づいた所を数点まとめましたのでこれから申し込みをする方はトラップ(?)に引っかからないように注意してください(^ ^)

スポンサーリンク

東洋証券における入金での注意点

東洋証券は主幹事IPOでしかネットからIPOに申し込めませんが、今回は特例で日本郵政グループ3社のIPOに申し込みが可能です♪

しかし、一つだけ申し込む時に気をつけなければいけないことがあります

それは入金です!!

東洋証券も最近では一番メジャーな入金方法である”即時入金サービス“をつかえますが、ほとんどの証券会社では手数料が無料なのに対して、東洋証券では…

お客負担となります、簡単にいえば有料です(^^;;

実際、三菱東京UFJ銀行で振り込もうとした時は下記のように記載されていました

<a href=東洋証券 即時入金サービス” width=”664″ height=”485″ />

手数料は数百円ですが手数料無料になる銀行から振り込みをすれば無駄なお金はかかりませんのでよほど急ぎでない限り即時入金サービスは使わない方がいいと思います

または、楽天銀行だけは即時入金サービスを使っても手数料がかかりませんのでどちらかを使うようにしてください(^ ^)

楽天銀行 <a href=東洋証券 入金” width=”776″ height=”558″ />

自分も危うく忘れていて引っかかるところでしたww

SMBCフレンド証券の入金

SMBCフレンド証券の入金も注意が必要です

こちらは手数料はかかりませんが対応している銀行が2社しかありません(^^;;

SMBCフレンド証券 入金可能銀行

三井住友とジャパンネット銀行の2社しかないんですよね

どちらかの銀行がなければ即時入金が使えませんのでSMBCフレンドカード、または振込で入金するようにしましょう

ちなみに、自分はいつも手数料を節約するために振込手数料が数回無料になる大和ネクスト銀行か住信SBIネット銀行から振り込むようにしています(^ ^)

SBI証券の買い付け余力

SBI証券では抽選時にIPOの公開価格以上の買い付け余力があれば抽選を受けることが可能です(^ ^)

しかしながら同一資金で複数銘柄申し込んでいる方は注意する必要があります

例えば、買い付け余力30万円で公開価格2,000円のAというIPOとBというIPOの二つに申し込んでいるとしましょう

この場合、先に抽選されるIPOでもし当選してしまうと買付余力が拘束されてしまうのでBのIPOの抽選を受けることができません

よって今回、22万円の買付余力で”ゆうちょ銀行”、”かんぽ生命保険”の二つに申し込みをしている場合、初めに抽選されたIPOで当選してしまうと、残ったIPOの抽選が受けられなくなってしまうので注意してください

今回はそれなりに当選率は高めだと思いますから、この被害に合う人も出てくると思います

両方とも確実に抽選を受けたい場合は14,5万円 + 22万円 = 36,5万円を入金しておくといいかもしれませんね(^ ^)

まとめ

今回は自分が申し込んでいる最中に気づいたことを書いていきましたが、これ以外でも注意する点があるかもしれません

やはり、このクラスの大型IPOになるといつもとは違い色々イレギュラーな部分がでてくるんですよね(^^;;

ただ、申し込みを早く済ませておけば何かあった場合でも対処を取れることが多いので個人的には早めにBBは済ませておいた方がいいと思います

もし、読者の方で申し込みしている最中に「ここも気をつけた方がいいかも!?」と気づいた点がありましたらコメントしてくださると幸いです(^ ^)

その他日本郵政グループの最新記事はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

さて、すでに申し込みが始まっている日本郵政グループですが、日本郵政だけは申し込み期間が10月23日までと長く設定されていますので、申し込むタイミングによっては間に合う可能性があります(^ ^)

詳しくは下記の記事で紹介していますので「準備がまだできてない!!」という方は参考していただければ幸いです

日本郵政グループのIPOにまだ間に合うの?? 各証券会社でかかる口座開設日数をまとめてみました!!
10月に入りまして日本郵政グループのIPO申し込み期間まで残り少なくなってきました この記事を書いているのが10月4日...

カブドットコム証券マネックス証券などのネット証券はまだ間に合う可能性がありますよ♪

9月のIPOに参加する準備はできていますか??

 

9月も続々とIPOが規承認され始めました!!

 

でも中には「参加したいけど、資金が少なくて思うように参加できない」という人はいませんか??

 

そんな方へオススメしたい証券会社は…

 

岡三オンライン証券です。

 

 

岡三オンライン証券なら資金不要でIPOの抽選に参加できます。

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

過去には日本郵政グループ、JR九州など注目度の高いIPOを数多く取り扱いしました♪

 

今後のIPO投資でも欠かすことができない証券会社ですよ。

 

また、そんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円+株主優待本まで貰えるという一石二鳥、いや、一石三鳥のタイミングなので、このお得な期間を逃さないでくださいね♪(9月30日まで)

 

ちなみに岡三オンライン証券は6月に初値高騰したDMソリューションズも取り扱いましたので、今後も期待大ですよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク