あんしん保証(7183)のIPO直感的初値予想!!

日本郵政の上場後第一弾のIPOとなるあんしん保証(7183)のBB期間が11月2日から始まりますので今回は直感的初値予想をしていこうと思います(^ ^)

日本郵政の結果次第ではまた風向きが変わるかもしれませんが、今の所はIPO市場にいい風が吹いてきていますのであんしん保証も予想以上に頑張ってくれるかもしれません♪

スポンサーリンク

IPO あんしん保証(7183)の仮条件

IPOあんしん保証(7183)の仮条件は下記のように決定いたしました!!

【仮条件】

1,320円 〜 1,460円

想定価格は1,390円ですので70円上ブレの強気設定できました(^ ^)

承認直後から人気が伺える銘柄だったのでこの仮条件は想定内といったところでしょう

むしろちょうどいいくらいかもしれません♪

当然ですが、この仮条件ならば公募価格は1,460円で決まる可能性が高いでしょう

また、BBスタンスですが承認時と変わらずに全力で申し込むつもりですよ!!

IPO あんしん保証(7183)の直感的初値予想

では今回の本題であるIPOあんしん保証(7183)の直感的初値予想に移らせていただきます(^ ^)

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものです

IPO あんしん保証 ロゴ

【初値予想】2,600円 〜 3,400円
(公募比約1,8倍〜公募比約2.3倍)

IPO あんしん保証(7183)のスペック考察

一番プラスの要素はなんといっても吸収金額でしょう!!

仮条件が上ブレしてしまい、少しだけ大きくなってしまいましたがそれでも僅か3,5億円です

マザーズでもかなり小型の部類に入りますのでこれだけでも初値高騰が見込めます(^ ^)

また、業種も人気化しやすいネット系ではありませんが「家賃保証会社」と硬い業種というのも悪くはありません

ビジネスモデルもしっかりしていますのでスペック的には全く問題ないと思いますね♪

IPO あんしん保証(7183)の業績

続いてIPOあんしん保証の業績を確認していきましょう

【売上高】

あんしん保証 売り上げ

【純利益】

あんしん保証 純利益

売り上げは綺麗な右肩上がり、純利益は第12期から大幅に増加しています

グラフからはしっかりと成長性が感じられますのでまさにマザーズらしいIPOという感じです(^ ^)

これから店舗数を着実に増やしていければこの勢いはしばらく維持できるのではないでしょうかね

IPO あんしん保証(7183)の各社配分枚数

すでに各社配分枚数も決定しています♪

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SBI証券
1,720枚
774枚
1
野村證券
210枚
21枚
2
みずほ証券
42枚
4枚
3
SMBCフレンド証券
32枚
3枚
4
SMBC日興証券
32枚
3枚
4
岡三証券
21枚
2枚
5
エース証券
21枚
0枚
-
東洋証券
11枚
0枚
-
藍澤證券
11枚
0枚
-
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-

予想抽選配分枚数を見ていただければわかると思いますが今回の鍵はなんといっても…

主幹事のSBI証券です!!

平幹事で当選するのはかなり困難だと思いますので勝敗はほぼSBI証券で決まると言っても過言ではないでしょう(^ ^)

SBI証券では “IPOチャレンジポイント” や “多く申し込めば申し込むほど当選確率がアップ(申込枚数分の資金も必要) ”  などいろいろ変わったIPOルールがありますのでこのあたりをうまく使うのが当選率アップのコツになりますね♪

「SBI証券のIPOルールがわからない!」という方は下記の記事で徹底解説していますので参考にしてみてください

誰でもいつかは当選できる!? SBI証券のIPOルールと抽選方法やペナルティを徹底解説!!
SBI証券は自分が一番初めに口座開設した証券会社です そして、数ある証券会社の中でもIPO投資という項目に焦点...

IPOチャレンジポイントについては下記の記事も参考になるかもしれません

SBI証券のIPOチャレンジポイントで当選するためのボーダーラインや入金額はどのくらい??
SBI証券の一番の特徴はなんといってもIPOチャレンジポイントではないでしょうか?? 今回はSBI証券のIPOチャレン...

当選枚数が少ないため、かなりの競争率になると思いますができる限りの努力をして挑むのが大切だと思いますよ(^ ^)

また、今回は複数配分は最高で200株、ほとんどが100株配分になるのではないかと予想しています

IPO あんしん保証(7183)の総評

スペック、業績、共に問題ないIPOとなりますので初値高騰する可能性は高いと思っています

ただ、唯一心配なのは日本郵政グループが公募割れして、今のいい流れが終わってしまうことです

過去にも大型IPOが大幅な公募割れをして、その後地合いが一気に悪くなってしまったことがありますからね(^^;;

一応問題ないと思いますが心配性な方は日本郵政グループの初値結果を見てから申込してもいいかもしれません

IPOあんしん保証は管理人と相性がいいSBI証券が主幹事ということもあり、すでに抽選結果発表日が楽しみなっていますww

その他あんしん保証の初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

日本郵政グループのIPOは終わって”ひと段落”といった感じですが、実は “本番” はここからです

例年、年末はIPOが集中しますので最近IPO投資を始めたという方は、今のうちから参加するための準備をしておきましょう(^ ^)

当選確率をアップさせる一番の近道は多くの証券会社から申し込むことですので抽選組に易しい、SBI証券、マネックス証券、岩井コスモ証券の口座をしっかりと準備しておいてくださいね♪

ただ、IPOルールを理解していないと後々わからないことも出てくると思いますのでしっかりと理解してから口座開設するかどうか決めるようにしましょう

特に12月第一弾IPOのインベスターズクラウドはあんしん保証同様にSBI証券が務めますので狙い目ですよ^ ^

マネックス証券のIPOルールを確認
http://ipomechanic.com/?p=13703

SBI証券のIPOルールを確認
http://ipomechanic.com/?p=4026

岩井コスモ証券のIPOルールを確認
http://ipomechanic.com/?p=13322

コメント

  1. おっちゃん より:

    各社配分枚数が間違っていませんか。

    • IPOメカニック より:

      おっちゃんさんご指摘いただきありがとうございます。
      ただいま修正させていただきました。
      これからはより確認を徹底して、誤情報を載せない様にしていきたいと思います。