資金0円でも抽選に参加できる!? 岡三オンライン証券のIPOルールを徹底解説!!

最近、IPOに力を入れている証券会社の一つに岡三オンライン証券があります

みんなが知っているメジャーな証券会社ではありませんが、実は少ない資金でIPO投資をやっている人にとっては必須の証券会社の一つなんです(^ ^)

岡三オンライン証券 ロゴ

本日はそんな岡三オンライン証券のIPOルールや、取り扱い実績や自分の当選履歴など、徹底解説していこうと思います♪

今まで岡三オンライン証券を知らなかった人も、これから開設しようか悩んでいる人もこの記事を読めばほぼ全て理解できるはずですよ

スポンサーリンク

岡三オンライン証券とは??

岡三オンライン証券は中堅証券会社である岡三証券のネットに特化した証券会社です

岡三証券は支店がありますが岡三オンライン証券は支店が存在しません(^ ^)

また、岡三証券でもネット取引はできますが岡三オンライン証券は手数料をかなり安くしているために自分で判断して株の売買をしたいという方に向いている証券会社です♪

ちなみに最低手数料は99円(税抜き)〜とネット証券の中でもかなり安い水準となっていますよ

岡三オンライン証券の口座開設費は??

まずは、岡三オンライン証券の口座開設にかかる費用をご紹介させていただきます

岡三オンライン証券はほとんどの証券会社同様に口座開設、維持費共に無料です(^ ^)

ランニングコストは全くかかりませんので安心してくださいませ

口座開設して一回も取引せずにずっと放置していても銀行口座同様にお金がかかることは一切ありませんよ♪

勧誘の電話は??

証券会社に口座開設しようとしている人の中には「口座開設したいけど勧誘の電話とかきたらやだな〜」と思っている人も多いと思います

実は自分も一緒でこれが気になって、しばらく口座開設ができなかった経緯があるんです(^^;;

しかし安心してください!!

自分は岡三オンライン証券に口座開設してすでに1年以上たちますが一回も勧誘の電話がきたことはありません(^ ^)

また、口座開設時に会社に電話されるとかいうこともありませんので会社にもバレたりすることはありませんよ♪

変に商品を勧められるということがありませんので全て自分で決めたように好きに株取引ができます

IPOの抽選方法やルールについて

さて、ここからが肝心のIPOについてです(^ ^)

岡三オンライン証券は他の証券会社と異なるIPOルールが多くありますので一つずつ噛み砕いて説明させていただきます

しっかりと読んでいただければ必ず理解できますので、整理しながら読んでいってください♪

抽選配分率は??

まずは大事なIPOの抽選配分率からいきましょう

岡三オンライン証券ではIPOの取り扱いを始めた当初は誰でも平等の100%抽選配分でしたが2015年にIPOルールが変更になり、IPOの当選率が変わるステージ制を導入しました

一定の条件の元、一人一人が下記の3ステージに分けられているんです

ステージS・手数料優遇コースの「プレミアゼロ」または「プラチナ」が適用
・判定期間中の手数料合計が100万以上
ステージA・判定期間中の手数料合計が10万以上100万未満
ステージB・判定期間中の手数料合計が10万未満

岡三オンライン証券 IPO ステージ制
判定期間は3ヶ月毎

そして上記ステージ別に3回の抽選を実施しています

抽選対象
第一抽選ステージS
第二抽選ステージS及びステージA
第三抽選全ステージ

配分枚数の割り振りですが、まずは第三抽選に約10%を割り当てます。

その後、残りの90%を”ステージS” と “ステージA” に均等に割り当てる(45%づつ)というものです。(余ったらステージSに割り当て)

よくわからないと思いますので具体的な数字を出して説明します。

例えば、当選枚数が10枚あった場合は下記のような割り当てです。

第三抽選…1枚

第二抽選…4枚

第一抽選…5枚

ステージSは3回の抽選に参加できるため一番当選確率が高くなり、逆にステージBの方が一番当選率が低くなります

こんな感じでちょっと理解が難しいかもしれませんが、「よくわからない!!」という方は簡単に平等抽選ではないと思っていただければ問題ありません(^ ^)

ただ、何も取引がない人がほとんどだと思いますので、そうなると多くの方が一番当選確率が低いステージBとなりますので結構厳しいというのが正直なところです

残念ながらネット証券の中ではかなり、IPO投資家には厳しい抽選割合となっています(^^;;

申し込みに前受金が不要

上記のステージ制を知ってしまうと「なんだ、じゃあ手数料を落とさないと意味ないじゃん」と思う方もいるかもしれません

しかしながら岡三オンライン証券ではそんなルールをかき消してしまうほど素晴らしいルールがあるんです(^ ^)

それが…

前受金不要!!

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

要は、資金が無くてもIPOの抽選に参加できてしまうということなんです

ほとんどの証券会社ではIPOの抽選に参加するときは ”IPOを申し込む時” 、 “抽選をする時” にそのIPOを購入できるだけの資金を先に入金しないといけませんが、岡三オンライン証券では入金をしなくても抽選に参加できてしまいます(^ ^)

極端にいってしまえばお金がないという人でもIPOに参加できるということですね♪

このルールのためにこちらは面倒な資金移動をする必要もありませんのでホントに助かります

特にこのルールで一番メリットがあるのは少ない資金でIPO投資をしている方です(^ ^)

資金がなくても、IPOの抽選に参加できるわけですから岡三オンライン証券が幹事に入った時は口座さえ持っていれば抽選に参加できてしまうので当選確率をアップさせることが可能になります

資金に関係なく誰でも抽選に参加できますよね♪

抽選割合の渋さは否めませんがこの “前受金不要” はそれをかき消すくらい素晴らしいルールだと思います!!

岡三オンライン証券のIPO幹事実績

岡三オンライン証券はIPOで正式に幹事入りすることはありませんが、委託販売すること多くあります

2013年度の後半からIPOの取り扱いをスタートさせ、取り扱い実績は下記のとおりです

年度取り扱い数
2013年1社
2014年11社
2015年10社
2016年6社

2014年は10社以上の取り扱いがあり、2015年も10社、2016年も6社のIPOを取り扱いました

注目度が抜群だった、”日本郵政グループ”、”JR九州”も取り扱いましたし、2015年には100万円以上利益がでたIPOもあるんですよ(^ ^)

全体でみると、10社以上のIPOを取り扱う証券会社は多くはありませんので、幹事実績は “非常に優秀” といえると思います

岡三証券が主幹事の時は期待大

冒頭でもいいましたが岡三オンライン証券は岡三証券グループです

このこともあり、岡三証券がIPOで主幹事入りした時は岡三オンライン証券でも高確率で取り扱う可能性があり、しかも…

配分枚数が多くなる傾向があります

わかりやすくいえば、岡三証券が主幹事になったIPOでは岡三オンライン証券での当選確率がアップするということです

実際、岡三証券が主幹事だったエムケイシステムというIPOでは岡三オンライン証券でも取り扱いがあり、平幹事よりも当選枚数が多くありました

証券会社
割当枚数
抽選配分枚数
抽選割合
当選人数
岡三証券
1,080枚
108枚
10,0%
108人
大和証券
43枚
8枚
18,6%
8人
SBI証券
36枚
17枚
50,0%
17人
岩井コスモ証券
25枚
3枚
12,0%
3人
SMBCフレンド証券
24枚
3枚
12,5%
3人
エース証券
25枚
3枚
12,0%
3人
エイチエス証券
11枚
2枚
18,1%
2人
むさし証券
11枚
2枚
18,1%
2人
岡三オンライン証券
14枚
14枚
100,0%
14人

上記の配分表を見ていただければわかると思いますが正式幹事ではないにも関わらず、14枚も配分があったんですよね♪

ちなみにこのエムケイシステムは上記でちょこっと紹介した100万円以上利益がだせたIPOです(^ ^)

当選した人は上場日当日に狂喜乱舞したかもしれませんねww

岡三オンライン証券の注意点

岡三オンライン証券ではデメリットはありませんがIPOに抽選参加する上で気をつけて欲しい点があります

こういうところも前もって知っておくと後から困ることが少なくなるので、頭の片隅にいれておくようにしてください(^ ^)

入金タイミングがシビア

一つ目は入金のタイミングです!!

岡三オンライン証券では上記で説明した通り、前受金は不要でIPOの抽選に参加できます

しかしながら、もし “当選” または “補欠当選” した場合は入金タイミングに注意しなければいけません

実は岡三オンライン証券では抽選結果がでた翌営業日の3時までに入金しておかないと当選が失効になってしまうという厳しいルールがあります(^^;;

“当選” または “補欠当選”した人は翌日に速攻入金するようにしてくださいね

特に、当選が失効になった時は立ち直れないと思うので絶対気をつけるようにしましょう

IPOの取り扱いアナウンスが遅い

これは岡三オンライン証券だけではなく、委託販売する証券会社全てにいえることですが基本的にIPO取り扱いのアナウンスが遅い傾向にあります

なので、取り扱いが決まってから口座開設しても申し込みできない可能性が高いです( ;  ; )

折角、初値高騰が期待できるIPOの委託販売が確定しても、申込できなければ意味がありませんので必ず早めに口座開設をしておいてください

管理人の当選実績

管理人の当選実績をご紹介したいところですが、2013年からIPOの取り扱いをしたということもあり、日が浅いためまだ当選経験はありません

しかし、かんぽ生命保険で補欠当選を体験しました(^ ^)

岡三オンライン証券 かんぽ生命保険 補欠

残念ながら繰上当選はできませんでしたが、個人的には当選へ確実に近づいていると思いますのでこれからも諦めずに挑戦しつづけていくつもりです♪

自分は当選できていませんが、 ネットで検索してみたところ岡三オンライン証券で当選したという人をちらほらみかけましたので抽選がしっかり、平等にされているのは間違いありませんよ

岡三オンライン証券のIPOまとめ

岡三オンライン証券の一番の特徴は「前受金不要」でIPOに参加できるというところです(^ ^)

抽選はステージ制になっていますが10%分は平等抽選となりますので当選できるチャンスはあると思います

特に岡三証券が主幹事だった時は期待度大です

資金が少なくて多くの証券会社に申込できないという状況の方は、いつ岡三オンライン証券が委託販売してもいいように前もって準備しておくといいかもしれません♪

口座開設するのははっきりいって “面倒くさい” と思いますが、IPO投資は口座数が全てです

こういう面倒くさいことを頑張れる人に当選の女神は微笑むと思いますよ♪

岡三オンライン証券の公式サイトはこちら

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク

フォローする

直近IPOをチェックしよう!!

最新BBスケジュール


下記の表は管理人の独断と偏見によるものです。投資はあくまで自己責任でお願いいたします

銘柄
上場日
BB期間
評価
4/18
【公開価格】1,370円
B〜A
4/25
【公開価格】2,000円
A