三菱が主幹事の時は大チャンス!? カブドットコム証券のIPOルールや注意点を徹底解説!!

カブドットコム証券といえば色々なメディアで紹介されており、知名度が高いネット証券の一つだと思います(^ ^)

カブドットコム証券 ロゴ

カブドットコム証券ではもちろんIPOも取り扱いしており、ある一定の条件を満たしている時は当選確率が普段よりも大幅にアップする証券会社になっているんですがご存知でしたでしょうか??

本日はそんな特徴が多いカブドットコム証券のIPOルールや注意点、さらには幹事実績まで、徹底解説していこうと思います!!

「カブドットコム証券の口座開設をしようかな〜」と考えている人には、特に参考になると思いますよ♪

カブドットコム証券の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

カブドットコム証券とは??

カブドットコム証券は東証1部に上場しているインターネット専業の証券会社です

名前からはわからないかもしれませんが、実は三菱フィナンシャル・グループ系なので物凄い後ろ盾がいる証券会社となります

信頼度は抜群です(^ ^)

また、今ではほとんどの証券会社で当たり前のように存在している”逆指値注文” を開始した証券会社としても有名なんですよね♪

公式サイトカブドットコム証券

カブドットコム証券の口座開設費は??

カブドットコム証券はほとんどの証券会社と同様に口座開設費、維持費ともに無料となっています

無料 0円

何も取引をしなければランニングコストは1円もかかりませんので料金の面では安心してください(^ ^)

銀行口座と同じ感じだと思っていただければオッケーです

もちろん、自分は口座開設してすでに3年ほど経ちますが口座維持費などかかったことはありません

口座開設の費用については何も心配ありませんよ♪

公式サイトカブドットコム証券

口座開設にかかる日数は??

カブドットコム証券では上記でも言った通り”ネット証券” になります

ネット証券では大手証券に比べて口座開設にかかる日数が比較的早いという特徴があるんですが、カブドットコム証券ではその中でも特別早くて…

最短即日で口座開設が可能です!!

たぶん日本にある証券会社では一番早く口座開設ができるのではないでしょうか??

混み具合では少し時間がかかってしまうこともありますが、それでも口座開設申し込み後によくある「まだ口座開設できないのかな〜」というイライラは感じないと思います♪

公式サイトカブドットコム証券

勧誘の電話は??

口座開設したいけど「勧誘の電話がかかってきたらどうしよう( ;  ; )」と心配になる人もいらっしゃるのではないでしょうか??

電話

実は私も心配性でこの事が気になって口座開設するときにかなり時間がかかってしまった過去があります

しかしながら安心してください!!

カブドットコム証券に口座開設しても“勧誘の電話”は一切かかってきません

ネット証券では基本的に勧誘の電話はかかってこず、自分が欲しくない商品を買わされるということはありませんよ(^ ^)

ただ、自分のときは口座開設した後で “お礼の電話” が一度だけかかってきましたww

「口座開設していただきましてありがとうございます、何かわからないことがありましたら何でもサポートセンターにお電話ください」とかなり丁寧な電話がかかってきて「しっかりとした会社だな〜」と感心したのを覚えています

後にも先にもこの「お礼の電話」をいただいたのはカブドットコム証券以外ありません

こういうことって内部でしっかりと教育されていないとできないことだと思うので個人的にはこの電話で信頼度が増しましたね♪

公式サイトカブドットコム証券

IPOの抽選方法やルールについて

ここからは今回の本題であるIPOについて詳しくご紹介させていただきます(^ ^)

カブドットコム証券ではネット証券ということもあり、IPOの抽選に関してはネットからIPOに申し込みをする“抽選組”に易しいIPOルールになっているのが特徴です

特に難しいことはありませんので、一度読めばすぐに理解できると思いますよ♪

抽選配分率は??

まずはIPO投資で一番重要ともいえる抽選配分率を説明させていただきます

実はカブドットコムではIPOを…

“ほとんど” 100%抽選配分します!!

“ほとんど”というのには理由があって、実はカブドットコム証券では明確にどのくらいの割合を個人に配分するのかというのは明記されていないからです

一応、抽選によらない配分についても記載されていますが “一定数に満たない場合は行わない“と明記されていますので、カブドットコム証券に多くの割当がないと実施されないと思います

実際、過去の”個人への配分状況”では、自分が確認してからは一度も抽選によらない配分は行われていないのでほぼ抽選によらない配分は行われないと判断していいでしょう

上記の理由から”ほとんど100%抽選配分” という言い方をさせていただきました(^ ^)

そして、抽選はコンピューターによって完全にシステム化をしていますのでみんな平等に抽選を受けられます

“資金量”、”支払った手数料の総額”、”口座開設日数” などなど全く関係がなく誰でも当選確率は同じですよ♪

公式サイトカブドットコム証券

申し込みは後期型

カブドットコム証券の申し込み方法は岩井コスモ証券や松井証券でも採用されている”後期型“という方式です

IPOの申し込みに後期型を採用している証券会社は少なく、ほとんどの証券会社は”前期型”という方式を採用しています

前期型の流れとしては…

ブックビルディング → 抽選結果 → 購入申し込み

となります。

そして、カブドットコム証券が採用している後期型はというと…

ブックビルディング → 購入申し込み → 抽選結果

という流れになります

前期型は1回の申し込みでいいんですが、後期型は2回続けて申し込みをしないといけないんです!!

前期型に慣れてしまっていると少々面倒くさいように思う方もいるかもしれませんが、逆にその影響で”申し込み忘れ”や”申し込みしない“人が増えるので競争率が落ちる傾向があります

結構1回目は申し込みをするのに、2回目の購入申し込みをしない人が多いんです(^^;;

手間と時間がかかってしまいますがこういうところを面倒くさがらない人には、後期型の方が人と差をつけられるのでいいかもしれませんね♪

公式サイトカブドットコム証券

申し込みに前受金が必要

カブドットコム証券では多くの証券会社同様にIPOの抽選を受ける際は、公募価格以上の資金がないといけません

金額が足りない場合は申し込みができませんので、必ず先に資金を入金しておくようにしてください(^ ^)

こちらはそれほど気にする必要はないかもしれませんが一応頭にいれておきましょう

三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事の時は割当枚数が多くなる

これがカブドットコム証券のIPOにおいては”一番の特徴“だと思います

実はカブドットコム証券はIPO正式に幹事入りすることはほどんどなく、取り扱いをする時は委託販売という形式です

委託販売というと当選枚数が少なく”当選しにくい”というイメージを持っている人が多いと思います

しかしながら、カブドットコムは上記で紹介した通り、三菱系の証券会社ということもあり、同じグループの三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事になったIPOでは…

割当枚数が大幅にアップする傾向があります

百聞は一見にしかずということで、実際に三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事だった大冷というIPOの個人への配分枚数を見てください(^ ^)

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事三菱UFJMS証券
11,403枚
1,277枚
1,277人
11,1%
みずほ証券
712枚
77枚
77人
10,8%
SMBC日興証券
410枚
44枚
44人
10,7%
SMBCフレンド証券
295枚
31枚
31人
10,5%
丸三証券
307枚
23枚
23人
7,4%
エース証券
153枚
14枚
14人
9,1%
SBI証券
151枚
49枚
49人
32,4%
マネックス証券
153枚
153枚
153人
100,0%
委託幹事カブドットコム証券
299枚
299枚
299人
100,0%
立花証券
10枚
10枚
10人
100,0%

どうでしょうか??

並みいる幹事団をごぼう抜きして主幹事である三菱UFJモルガンスタンレー証券の次に配分枚数が多くなっているのがわかると思います

こういう感じで三菱UFJモルガンスタンレーが主幹事になったIPOの中でカブドットコムでも委託販売する場合は当選の大チャンスとなるわけです♪

公式サイトカブドットコム証券

カブドットコム証券のIPO取り扱い実績

続きましてカブドットコムのIPO取り扱い実績をご紹介させていただきます

カブドットコム証券は上記でも触れたとおり、IPOを委託販売という形式で取り扱いをしますが、委託販売する証券会社の中ではトップクラスの実績があるんです(^ ^)

下記の表がここ数年での取り扱い実績になります

年度取り扱い数
2006年52
2007年74
2008年37
2009年11
2010年16
2011年18
2012年26
2013年16
2014年21
2015年18
2016年20

ほとんどの証券会社では年間10社のIPOを取り扱いすれば優秀といえますが、カブドットコム証券は過去に年間で50社以上取り扱いをしたこともあり、レベルが違いますww

カブドットコム証券のIPO実績は証券会社の中でもトップクラスということになるんですよね

カブドットコム証券に口座があればそれだけで多くのIPOに申し込みができるようになりますよ♪

公式サイトカブドットコム証券

カブドットコム証券の注意点

カブドットコム証券でのIPO取り扱いはあくまで委託販売という形です

よって、正式幹事ではありませんので当選枚数は非常に少ない傾向があります

三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事になったIPOでは当選確率が高いと思いますが、その他のIPOではあまり期待できません(^^;;

IPOによってかなり当選期待値に差がでてくるということは覚えておきましょう

また、もう一つ注意しなければいけないことは、当選したIPOはキャンセルができません

必ず購入しなければいけませんので申し込みをするときはしっかりと考えてからするようにしてください

公式サイトカブドットコム証券

管理人の当選実績

自分は長年当選することができませんでしたが、2015年、2016年に怒涛の当選ラッシュが起こりました

日本郵政、ゆうちょ銀行がそれぞれ100株当選!!

IPO ゆうちょ銀行 カブドットコム証券 当選 2

カブドットコム証券 日本郵政 当選 2

コメダ珈琲店で有名なコメダホールディングスが100株当選

カブドットコム証券 コメダホールディングス 当選

さらにJR九州でも100株が当選しました

%e3%82%ab%e3%83%96%e3%82%b3%e3%83%a0-jr%e4%b9%9d%e5%b7%9e-%e5%bd%93%e9%81%b8-2

ゆうちょ銀行は売らずに保有しておりますが、それでも全てあわせれば80,000円越えの利益をゲットできたことになります!!

まさか、ここにきて連続で当選できるとは思っていなかったのでこの時は本当に嬉しかったですね♪

ちなみに、日本郵政グループやJR九州は三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事だったので当選しやすかったんだと思います(^ ^)

公式サイトカブドットコム証券

カブドットコム証券のIPOまとめ

カブドットコム証券のIPOは委託販売という形にはなりますが、年間通せばかなりのIPOを取り扱いしますので持っていると当選のチャンスが広がると思います

しかも、三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事になったIPOでカブドットコム証券でも取り扱いが決まった場合は当選確率が大幅にアップしますので、この時は当選の大チャンスです(^ ^)

IPOが続々と新規承認されている時期は特に”いつ取り扱いがアナウンスされるかわかりません”のですぐに申し込みできるよう、準備は万端にしときましょう

カブドットコム証券の公式サイトはこちら

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク

フォローする

直近IPOをチェックしよう!!

最新BBスケジュール


下記の表は管理人の独断と偏見によるものです。投資はあくまで自己責任でお願いいたします

銘柄
上場日
BB期間
評価
4/18
【公開価格】1,370円
B〜A
4/25
【公開価格】2,000円
A