ランドコンピュータ(3924)のIPO直感的初値予想!!

今回はBB期間が11月25日から始まるランドコンピュータ(3924)の直感的初値予想をしていこうと思います♪

様々な銘柄でBB期間が被ってきたのでだんだん年末らしくなってきましたね(^ ^)

スポンサーリンク

IPOランドコンピュータ(3924)の仮条件

まずは、IPOランドコンピュータ(3924)の仮条件からご紹介させていてだきます

【仮条件】

1,710円 〜 1,760円

東証2部ではありますがさすがに人気になることを見越してか、想定価格が下限でのやや強気の仮条件で決定しました

ただ、50円の上ブレということで、そこまで強気にきた感じではないのでこれならば問題なく上限で決定しそうです(^ ^)

個人的には想定内の仮条件でしたのでこれならば承認時と変更なく、BBスタンスは全力申し込みでいかせていただきます♪

IPOランドコンピュータ(3924)の直感的初値予想

それでは本題である、ランドコンピュータ(3924)の直感的初値予想をしていこうと思います。

公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものですのでご了承ください。

ランドコンピューター ロゴ

2,100円 〜 3,000円

(公募比約1,2倍〜公募比約1.7倍)

IPOランドコンピュータ(3924)のスペック考察

先ほどもいったように市場は東証2部になることから初値パフォーマンスが悪くなる傾向にあります

ただ、吸収金額も仮条件の上限で決定したとしても約8,6億円と小型のIPOになるので需給面では優れており、いつもより期待できそうな雰囲気です

しかもそれだけではなく、業種も「システム関連」とIPO的には初値高騰しやすい分野ですし、ホームページには”クラウド“、”セールスフォースドットコム“というビッグワードも見つけられました(^ ^)

クラウド系システム関連となればかなりのプラス要素になるでしょう

東証2部IPOは地味な業種でスペック的にもインパクトがない銘柄が多いですが、今回は意外といいものを持っていると思いますので、プラスリターンの可能性が高いと思っています♪

IPOランドコンピュータ(3924)の業績

続いてIPOランドコンピュータ(3924)の業績を確認していきましょう

【売上高】

ランドコンピュータ 売り上げ

【純利益】

ランドコンピュータ 純利益

一応、売り上げは年々増えて行ってはいますが、純利益は結構波が激しい印象です

これからもどんどん成長していくとは思えませんが、それでも東証2部の中では比較的成長性が感じられる業績だと思います

マザーズ銘柄ではありませんし、業績は十分及第点を上げられるのではないでしょうか??

IPO ランドコンピュータ(3924)の各社配分枚数

すでに各社配分枚数も決定しています♪

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
3,603枚
324枚
1
SMBC日興証券
127枚
13枚
4
SBI証券
127枚
58枚
2
みずほ証券
84枚
8枚
5
SMBCフレンド証券
84枚
4枚
6
岩井コスモ証券
42枚
4枚
6
いちよし証券
42枚
0枚
-
丸三証券
42枚
0枚
-
マネックス証券
42枚
42枚
3
エース証券
42枚
0枚
-
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-

主幹事である野村證券85%の割当がありますので、やはり一番の狙い目はここになるでしょう

ただ、口座数が多い上に前受金不要、つまりは資金がなくても抽選に参加できるためライバルが非常に多いです(^^;;

この規模のIPOではかなり当選が難しいと思います

ということで、少しでも当選率を上げるように、期待度が2位と3位のSBI証券マネックス証券から必ず申し込むようにしましょう

また、残念ながら”いちよし証券“、”丸三証券“の割当が50枚以下のためこの2社は抽選にまわさないと思います

残念ですがそういうIPOルールですのでしょうがないですね( ;  ; )

その他、資金が少ない方は後期型の利点を生かした”時間差申し込み“ができる岩井コスモ証券からも申し込みをしていきましょう(^ ^)

IPOランドコンピュータ(3924)の総評

東証2部IPOですが規模と業種から、間違いなく人気化すると思います(^ ^)

といっても、公募割れの可能性は少ないとは思いますが初値高騰する可能性も少なさそうなので個人的にはこれが当選するならば他のマザーズIPOが当選して欲しいです

贅沢はいってられませんが、もし当選したとしても”嬉しさ7割”、”微妙さ3割”という「なんともいえない気持ち」になりそうですからね(^^;;

簡単に”当選”なんていう言葉を調子に乗って書いてしまいましたが、結局は野村證券が主幹事ですからいらぬ心配になりそうですけどww

その他ランドコンピュータの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

さて、12月もクリスマスまでしっかりとIPOがでてきました

当選確率をアップさせる一番の近道は多くの証券会社から申し込むことですのでネットからIPOに参加する方は今のうちにしっかりと準備しておいてくださいね♪

各証券会社での2015年12月IPOの取り扱い数は下記に記事にまとめてありますので、「どの証券会社に口座開設するのが一番いいの??」と悩んでいる方は参考にしてくださいませ(^ ^)

口座開設にかかる日数も記載していますからBB期間から逆算すれば、申し込みに間に合うかどうかもわかりますよ

2015年12月のIPOはどこが狙い目!! 証券会社別に取り扱い数をまとめてみました
12月も続々とIPOがでてきました!! この記事を記載している12月23日現在で19社と少し物足りない感じは否めません...

G.W後のIPOに参加する準備はできていますか??

 

ついにG.W後のIPOが続々と新規承認されてきましたが、申し込みするための準備はできていますか??

 

個人的にオススメしたい証券会社は東海東京証券です

 

 

毎年コンスタントに幹事入りしていますし、2016年は初値高騰した"バリューゴルフ"、"グレイステクロのジー"など多くのIPOで主幹事をつとめました(^ ^)

 

2017年もすでに安江工務店で主幹事をつとめていて、6月30日に上場するSYSホールディングスでも主幹事をつとめます

 

ちなみに自分は東海東京証券でA級IPOの"海帆"、大注目された"日本郵政"、"ゆうちょ銀行"、"グレイステクノロジー"などが過去に当選していて、すでに55万円以上の利益が出ているんです

 

グレイステクノロジー 東海東京証券 当選

 

グレイステクノロジーに関しては一撃40万オーバーの利益!(◎_◎;)

 

この時は本当に嬉しかったです

 

今から口座開設すればSYSホールディングスの申し込みに十分間に合いますので、是非早めに準備してくださいね♪

 

IPOは口座数の多さが当選確率アップに直結しますので、なかなか当選できない方は"口座開設が最大の特効薬"になると思いますよ(^ ^)

 

東海東京証券の公式サイトはこちら

 

詳しいIPOルールや知りたいという方は下記の記事に自分の当選履歴を含めてを全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

主幹事実績急増中!! 東海東京証券のIPOルールを徹底紹介!!
2015年にネットからIPOの申し込みができるようになって注目を浴びているのが… 東海東京証券です ...

 

スポンサーリンク