ビジョン(9416)のIPO直感的初値予想!!

今回はBB期間が12月3日から始まるIPOビジョン(9416)の直感的初値予想をしていこうと思います♪

これは本当悩むIPOの一つで、BBスタンスを決めた今でもなんかすっきりしていません(^^;;

スポンサーリンク

IPOビジョン(9416)の仮条件

まずはいつも通り、IPOビジョン(9416)の仮条件からご紹介させていただきますね

【仮条件】

1,800円 〜 2,000円

想定価格が2,000円でしたので、上限が想定価格のスタンダードな仮条件となりました

上場時からそれなりに賛美両論あるIPOでしたので強気では流石にきませんでしたね

強気で来たらさらにBBスタンスで悩んでしまったと思いますのでこの仮条件で良かったです

そして、その悩んだBBスタンスですが最終的に“全力申し込み“に決めました!!

冒頭でも言った通り、まだ悩んではいますがここは勝負に行こうと思います(^ ^)

IPOビジョン(9416)の直感的初値予想

続いて公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したビジョン(9416)の直感的初値予想をしていこうと思います。

ビジョン ロゴ

2,000円 〜 2,600円

(公募比約1,0倍〜公募比約1.3倍)

IPOビジョン(9416)のスペック考察

市場は一番初値高騰しやすいマザーズに上場予定、業種は「グローバルWiFi事業」と時流に乗った分野なので個人的な印象は悪くありませんが、吸収金額が約53億円と大型規模で重量感がかなりあります

さすがにマザーズ案件ではありますがこの規模では初値高騰は期待できなそうです(^^;;

しかも、IPOがそんなにない時期ならまだしも、一番IPOが多い12月に上場ですからね

スケジュールが過密なのもマイナス要因になってしまうと思います

スペック的には”プラス要因”、”マイナス要因”が拮抗している感じで人により受け取り方が変わるIPOでしょう

ちなみに個人的には、ほんのちょっとプラス気味に針が触れている印象です(^ ^)

IPOビジョン(9416)の業績

続いてIPOビジョン(9416)の業績を確認していきましょう

【売上高】

ビジョン 売り上げ

【純利益】

ビジョン 純利益

売り上げは右肩上がり、純利益の方は第15期から大幅な黒字化に成功しています!!

成長性が感じられるマザーズらしい業績ですね(^ ^)

この先も海外に行く時は「WiFiルータ」は必須になると思いますのでさらに成長していく可能性は秘めているでしょう

ただ、もちろんライバルも増えて来ますのでどう差別化していくかが課題でしょうか??

IPOビジョン(9416)の各社割当枚数

すでにIPOビジョン(9416)の各社割当枚数も決定しています

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事みずほ証券
18,362枚
1,836枚
1
SBI証券
3,901枚
1,755枚
2
SMBC日興証券
459枚
45枚
4
岡三証券
57枚
5枚
5
東海東京証券
57枚
5枚
5
マネックス証券
57枚
57枚
3
極東証券
57枚
5枚
5
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-

吸収金額が大きいこともあり、これならば主幹事のみずほ証券でも当選できそうですね♪

機関投資家にまわる分を抜いたとしても1,500枚ほどは抽選にまわると思います(^ ^)

また、副幹事のSBI証券でもかなりの割当がありました!!

抽選割合が高いこともあり、ほぼ “主幹事並みに当選しやすい“といっていいでしょう

しかも、マネックス証券、SMBC日興証券でもそれなりの枚数がありますので、ビジョンの抽選結果発表日には多くの当選報告が飛び交いそうですね♪

IPOビジョン(9416)の総評

IPOビジョンはオープンドア以上にBBスタンスが分かれるIPOだと思います

自分もBBスタンスを一応決めましたが未だに悩んでいますからね(^^;;

個人的には7月に上場した同じ規模のイトクロでも公募割れしなかったのでビジョンも「公募割れはないのでは??」と考えています

でも、最近は上場タイミングを計ったかのようにテレビCMを多く流すようになったのでなんだか「公募割れフラグ」が立っているようで若干怖い感じもしているんですけどねww

とりあえず、いろいろ考えててもネガティブな事ばかり浮かんでしまうので、自分は「数万円の利益がでる!」と信じて特攻します!!

その他ビジョンの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

さて、12月もクリスマスまでしっかりとIPOがでてきました

当選確率をアップさせる一番の近道は多くの証券会社から申し込むことですのでネットからIPOに参加する方は今のうちにしっかりと準備しておいてくださいね♪

各証券会社での2015年12月IPOの取り扱い数は下記に記事にまとめてありますので、「どの証券会社に口座開設するのが一番いいの??」と悩んでいる方は参考にしてくださいませ(^ ^)

口座開設にかかる日数も記載していますからBB期間から逆算すれば、申し込みに間に合うかどうかもわかりますよ

2015年12月のIPOはどこが狙い目!! 証券会社別に取り扱い数をまとめてみました
12月も続々とIPOがでてきました!! この記事を記載している12月23日現在で19社と少し物足りない感じは否めません...

早い所は最短即日ですが、平均して1週間ほど時間がかかる証券会社が多いので、BB期間終了まで1週間ほどある銘柄なら申し込み間に合う可能性が高いと思いますね

G.W後のIPOに参加する準備はできていますか??

 

ついにG.W後のIPOが続々と新規承認されてきましたが、申し込みするための準備はできていますか??

 

今、個人的に押さえておいて欲しい証券会社は…

 

岡三オンライン証券です。

 

 

初値高騰ができるディーエムソリューションズに申し込みできることが公式でアナウンスされました(^ ^)

 

しかも岡三オンライン証券なら資金不要でIPOの抽選に参加できるので低資金でIPOに参加している人でも申し込みが可能です。

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

口座開設には1週間〜10日ほどかかるそうなので、まだお持ちでない方は早めに準備しておきましょう

 

また、そんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

今なら資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円まで貰えるという一石二鳥のタイミングです。

 

ちなみにディーエムソリューションズに申し込みしたい方は、ここ2.3日以内で開設しないと間に合わない可能性が高いので気をつけてくださいね♪

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク