IPOの当選確率がアップする!? 2016年は未成年口座を含めて2口座でチャレンジです

自分は今まで家族口座なしで自分ひとりだけの口座でIPOに挑戦してきました

IPO投資を始めたのが2012年の後半からなので”3年ちょっと”は自分だけの口座で頑張ってきたことになります(^^;;

しかし、2016年からはついに家族口座からも挑戦です!!

というのも、先日のジュニアNISAの記事を見てくださった方はわかると思いますが新しい家族が増えたからなんですよね♪

これでついに、自分のみの1口座での戦いが終わります

2016年は未成年口座からでもIPOに参加できる下記の4証券では2口座でのチャレンジです(^ ^)

未成年口座でもIPOが申し込める証券会社はどこ?? 未成年口座について徹底解説
最近はジュニアNISAの影響もあってか各社が未成年口座の開設に力をいれています 未成年の顧客を取り込もうとお得なキャン...

この中でも特に嬉しいのはやっぱりSBI証券ですね

これからはIPOチャレンジポイントの貯まる量が今までと比べて2倍になります!!

未成年口座に関してはゼロからのスタートになりますが、自分のIPOチャレンジポイントも昨年大幅に消費してしまったので、もしかしたら子供口座のポイントが貯まる時には自分のポイントも丁度貯まるくらいかもしれませんww

もちろん未成年口座でIPOチャレンジポイントが貯まっていき、めでたく当選できたとしても自分の資産ではなく、子供の資産になるわけですが成長した時に多くの資産があるに越したことはありませんからね♪

ジュニアNISAもSBI証券で開設しますので準備万端です(^ ^)

ジュニアNISAはどこで開設するのがいいの?? 悩んだ末にSBI証券に決めた3つの理由!!
2016年からジュニアNISAが始まるため、お子さんがいる家庭はどこで開設しようか迷っているのではないでしょうか?? ...

そして、マネックス証券もIPOの取り扱い数が多く100%抽選配分のため、こちらでも当選の期待が持てる気がしています

IPO投資を始めたころはマネックス証券で当選できる気が全くしていませんでしたが、一度当選してからは毎年当選できているので、どんどん相性がよくなっている印象です

この勢いのまま、未成年口座でも当選を目指したいと思います(^ ^)

また、2016年以降の抽選結果発表も基本的には今まで通り自分のみの発表としますが、もし未成年口座で当選できた場合は紹介だけするつもりです

当選履歴に関しても未成年口座分は含めず”補足的な記載“とさせていただきます♪

一応、2016年は口座数が増えたので家族単位で考えれば当選確率は多少アップするとは思いますが資金量も少なく当選は困難でしょう

しかし、申し込みをしなければ当選することはありませんので諦めず頑張っていきたいと思います

何よりもまずは、コツコツとSBI証券IPOチャレンジポイントを貯めるところからがスタートですかね(^ ^)

補足

一応、下記のコメントでいただきましたので補足させていただきます。

未成年口座は借名取引ではありませんので、借名口座ではありません。

SBI証券のQ&Aにも説明されていました。

SBI証券 未成年口座 34

スポンサーリンク

コメント

  1. ラン より:

    借名口座ですよね?
    とりあえず、通報しときました。

    • IPOメカニック より:

      ランさんコメントありがとうございます。

      ちなみに未成年口座は親が取引の主体にできますので、借名口座ではありませんよ(^ ^)

      むしろ何もしらない未成年に取引させる方がよっぽど危険だと思います(^^;;

  2. macky より:

    お子さんができたのですね。おめでとうございます(*^_^*)これからは3人分の結果発表がブログでも見れますね。楽しみにしています。私も2016年、たくさんのIPOを狙っていきますのでまだ、アドバイスお願いします。

    • IPOメカニック より:

      mackyさんコメントありがとうございます。
      まさか自分が父親になるとは思いませんでしたww
      また、妻は株取引は一切やりませんのでうちの家庭は自分と子供の2口座分での挑戦となります。

      2016年もお互い頑張っていきましょう(^ ^)