富士ソフトサービスビューロ(6188)のIPO新規承認!! 2016年初のジャスダックIPO!!

富士ソフトサービスビューロ(6188)のIPOが新規承認されました(^ ^)

これで3月は7社目になりますので、本当にいいペースです

しかしながら、ついにバッティングが発生!!

富士ソフトサービスビューロ(6188)とユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)が3月15日に同日上場です

今回はその片割れであるIPO富士ソフトサービスビューロをご紹介させていただきます♪

スポンサーリンク

IPO 富士ソフトサービスビューロ(6188)のスペック詳細

富士ソフトサービスビューロ ロゴ 1

銘柄 富士ソフトサービスビューロ株式会社
市場ジャスダック
上場日3/15
コード6188
公募352,000株
売り出し352,000株
OA105,600株
吸収金額
7.2億(想定価格ベース)
時価総額
約20.0億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2/26~3/3
価格決定日3/4
想定価格890円
主幹事野村證券
幹事証券みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
委託幹事安藤証券(?)
岡三オンライン証券(?)

IPO富士ソフトサービスビューロ(6188)の業種は「コールセンター及び事務センター等のBPO事業」となります

ちなみにBPOは”ビジネスプロセスアウトソーシング”の略語で、簡単にいえば自社の業務の一部を外部に委託することです

外部に委託することで自社業務の効率化を図ることができるということで、最近ではBPOを使っている企業は多いですね♪

ただ、はお世辞にも魅力的な業種とはいえませんので、初値的にはプラス要素にはならないとは思いますが…

ただ、この富士ソフトサービスビューロは2016年初のジャスダック銘柄で吸収金額が約7.4億円と荷もたれ感はありません

スペック的には物足りないかもしれませんが、需給面は優れているので多少の利益は見込めそうな感じですかね(^ ^)

IPO 富士ソフトサービスビューロ(6188)の幹事団とBBスタンス

続いてIPO富士ソフトサービスビューロの幹事団とBBスタンスの紹介です

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
落選
幹事みずほ証券
落選
SMBC日興証券
補欠
大和証券
選外
SBI証券
落選
委託安藤証券(?)
申し込み忘れ
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし

主幹事はLITALICOに続いてまたまた、野村證券でした(^^;;

今年は勢いが感じられないと思い気やここに来て存在感をだしてきましたね

さすが野村証券というところでしょうか??

ということで、抽選組にとってどうやらこの富士ソフトサービスビューロも厳しい戦いになりそうです( ;  ; )

ただ、その他幹事は大手証券とSBI証券とたった4社しかいませんが、一応全てからネット申し込みが可能なので当選の希望はあります

個人的にはSMBC日興証券SBI証券に期待するしかないという感じですかね

BBスタンスは今のところ全力で申し込みする予定です♪

主幹事多数!! IPO投資には絶対必要なSMBC日興証券のIPOルールや抽選方法を徹底解説!!
SMBC日興証券は自分が初めて口座開設をした大手証券会社で、IPO人生で2回目に当選したタマホームを頂いた思入れ深い証券会社...

また、それほど関係ないのですが富士ソフトサービスビューロとエース証券はグループ会社になります。

にもかかわらず何故か幹事入りしていないんですよね

エース証券はIPOの取り扱いが多いのになんか不思議に思ってしまいました(^^;;

IPO 富士ソフトサービスビューロ(6188)の感想

富士ソフトサービスビューロは吸収金額ぐらいしか大きなプラス要素がないので初値高騰は難しいかもしれませんが、当選できれば数万円の利益は見込めると思います(^ ^)

ただ、富士ソフトサービスビューロが当選するならば、他のIPOで当選したい感じは否めません^^;;

贅沢は言えませんが、もし3月IPOでどれか貰えるとしたら富士ソフトサービスビューロは選びませんからね

また、冒頭でもいったように吸収金額が大きいユー・エム・シー・エレクトロニクスとの同日上場の上に、インパクトがあまりないIPOなので少々不安な面もあります

一応、油断せずに構えていた方がいいかもしれません