アカツキ(3932)のIPO新規承認!! BBスタンスが悩ましい…

ついに、ずっと上場が噂されていたアカツキ(3932)のIPOが新規承認されました♪

去年から「IPOするのでは??」と情報が飛び交っていましたので、ほぼ予定通りの上場といった感じでしょう(^ ^)

早速、アカツキのスペックや幹事団を紹介させていただきますね

アカツキ ロゴ 3

スポンサーリンク

IPO アカツキ(3932)のスペック詳細

アカツキ ロゴ 1

銘柄 株式会社アカツキ
市場マザーズ
上場日3/17
コード3932
公募2,200,000株
売り出し1,100,000株
OA495,000株
吸収金額
73.2億(想定価格ベース)
時価総額
約260.2億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間3/1~3/7
価格決定日3/8
想定価格1,930円
主幹事野村證券
幹事証券大和証券
みずほ証券
いちよし証券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券
委託幹事カブドットコム証券
安藤証券(?)
岡三オンライン証券(?)

業種は「スマートフォン向けソーシャルゲームの企画・販売・運営」となります

スマホゲームが好きな方はアカツキがリリースしているタイトルで遊んだことがある人もいるかもしれません

有名なタイトルでは”サウザンドメモリーズ(せんめも)”、”テイルズ オブ リンク”、”ドラゴンボールドッカンバトル”があります

特に、ドラゴンボールドッカンバトルはこの記事を書いている時点でAppStoreのトップセールスランキング9位にランクインしていますので結構人気があるみたいです

なんと、あのLINEよりも上に位置づけています!!

自分はドラゴンボール世代なのでこのコンテンツを見ると興味が注がれるので、もしかしたら自分同様にドラゴンボールに惹かれている人が多いのかもしれませんね(^ ^)

ドラゴンボール人気恐るべしww

そして、肝心のIPOスペックですが、マザーズに上場予定で吸収金額が約73億円と大型規模です

しかも、最近はスマホゲーム関連も以前のような人気がありませんから、スペック的にはちょっと弱いと思います(^^;;

ただ、業績はものすごい勢いで伸びており、しっかりと黒字化しているのは評価できる点です

すでに6億円ほどの純利益をだしているので、今までの赤字スマホゲーム会社とはちょっと違う味方をしてもいいのかもしれませんね♪

IPO アカツキ(3932)の幹事団とBBスタンス

続いてIPOアカツキ(3932)の幹事団とBBスタンスの紹介です

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
補欠当選
幹事大和証券
チャンス当選
みずほ証券
落選
三菱UFJモルガンスタンレー証券
不参加
いちよし証券
不参加
SMBC日興証券
不参加
岩井コスモ証券
申し込み忘れ
SBI証券
落選
マネックス証券
落選
委託カブドットコム証券(?)
参加取りやめ
安藤証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし

現時点でのBBスタンスは…

めちゃくちゃ悩んでいます!!

まだ具体的なスタンスは決まっておりませんが、どちらかというと参加よりの未定なので、前向きに検討しているところです(^ ^)

最終的は判断はいつも通り、直感的初値予想の時にさせていただきます

続いて、幹事団の紹介ですが主幹事はまたもや野村證券でした(^^;;

今年もなんだかんだ主幹事数のトップ争いに食い込むような感じですね

個人的にはあまり嬉しくないのですが…

その他幹事は大手証券を中心に、先日ラサールロジポート投資法人が当選して相性のいいSMBC日興証券や抽選組みに易しいSBI証券マネックス証券が幹事入りしています

また、三菱UFJモルガンスタンレー証券が幹事入りしているので、カブドットコム証券でも取り扱いがあるかもしれません

BBスタンスを決めていない方が多いと思いますが、一応いつでも申し込めるように証券会社の準備は万端にしておきましょう(^ ^)

IPO アカツキ(3932)の感想

アカツキ(3932)は業績がいいソーシャルゲーム関連ということで、少し前ならば大人気になるIPOだったでしょう

ただ、現在はネット系の大型マザーズ案件はやや警戒感を持って考える人が多くなったので、以前ほどの人気はないと思います(^^;;

しかも、地合いもこんな感じの上、スケジュールも過密ですし、上場時期はイマイチと言わざる負えません

人によって評価が分かれるIPOだと思いますので、自分はどうするのかをじっくり考えてからBBスタンスを決めるようにしたいですね(^ ^)