ジャパンミート(3539)のスペックが大幅変更!! これはスルーが懸命か!?

評価がイマイチであるジャパンミート(3539)ですが、動きがありました!!

なんと、ここにきてスペックが大幅に変更です!!

変更箇所は下記の通り

ジャパンミート IPO ロゴ1

銘柄 株式会社ジャパンミート
市場未定 → 東証2部
上場日4/21
コード3539
公募8,124,800株 → 3,750,000株
売出し1,875,200株 → 450,000株
OA1,500,000株 → 630,000株
吸収金額
116.1億(想定価格ベース) → 48.8億円
時価総額
約307.3億(想定価格ベース) → 263.1億円
株主優待なし
BB期間4/4~4/8 → 4/5 〜 4/8
価格決定日4/11
想定価格1,010円
主幹事みずほ証券
幹事証券水戸証券
常陽証券
委託幹事岡三オンライン証券(?)
安藤証券(?)
楽天証券(?)
松井証券(?)

ブックビルディング期間が1日短くなり、市場が未定でしたが、東証2部に決定です

さらに公募枚数、売出し枚数も大幅に削減され、吸収金額が48.8億円

元は117億円ですから、一気に半分以下の規模に(^^;;

ただ、規模は小さくなったといっても東証2部ではそこそこの規模となりますので、個人的にはこの変更でさらに申し込みの意欲がなくなりました

むしろ、そのままいって東証1部に決まった方がよかったような気がするんですけど気のせいでしょうかね

どちらにしても、この時点でこうのような変更が起こるのは嫌な予感しかしません

直近ではみずほ証券が主幹事の微妙IPOはアイドママーケティングコミュニケーションにしろ、ユーエムシーエレクトロニクスにしろ、ひどい結果になっていますので、このジャパンミートもかなり怪しいです

引受価格以下での初値も十分に考えられると思います

触らぬ神に祟りなしともいいますし、公募割れを引くたくないという方は無難にスルーでいいような気がしますね

スポンサーリンク

まとめ

承認時から若干「規模大きすぎじゃない??」と思っていましたが、案の定このような結果になってしまいました

今年は意外と東証2部は健闘していますが、ジャパンミートはちょっとこの流れに乗りそうな感じがしません(^^;;

初値は公募価格付近が濃厚でしょう

また、こういうことがあると、IPOの雰囲気を悪くしますからあまり起こってほしくないですね