IPOゆうちょ銀行(7182)の各社抽選配分結果のまとめ!! 一番当選しやすかった証券会社はどこだった??

2015年に大賑わいとなった、日本郵政グループの上場!!

今回、各社における抽選配分枚数の結果がわかりましたので、ご紹介したいと思います(^ ^)

全ての証券会社を紹介するとかなり長くなってしまうため、今回はみなさんが申し込んだであろう主要な証券会社のみをまとめました

また、3社一気に紹介しても数字ばかりの記事になってしまいますので、それぞれを個別でご紹介したいと思います。

まずはIPOゆうちょ銀行(7182)からです

ちなみに、自分の日本郵政グループの抽選結果は下記記事にまとめています

日本郵政グループ3社のIPO最終抽選結果まとめ!! 3社合計で何株ゲットできた??
IPO日本郵政(6178)の抽選結果も全て出揃い、これで日本郵政グループ3社の抽選結果が全て出揃いました♪ ということ...

スポンサーリンク

IPOゆうちょ銀行の各社抽選配分枚数の結果

ゆうちょ銀行の抽選配分はこんな感じでした!!

ゆうちょ銀行 ロゴ

 証券会社割当枚数抽選配分枚数結果当選人数抽選割合
主幹事野村證券
792,448枚
58,463枚
58,463人
7.3%
三菱UFJMS証券
744,881枚
21,824枚
21,824人
2.9%
大和証券
281,560枚
31,339枚
31,339人
11.1%
みずほ証券
291,505枚
10,990枚
10,990人
3.7%
SMBC日興証券
305,037枚
24,735枚
24,735人
8.1%
岡三証券
44,079枚
4,409枚
4,409人
10.0%
東海東京証券
35,817枚
3,582枚
3,582人
10.0%
幹事いちよし証券
26,201枚
2,621枚
590人
10.0%
SMBCフレンド証券
24,936枚
5,569枚
5,569人
22.3%
藍澤証券
12,214枚
0枚
0人
0.0%
岩井コスモ証券
13,564枚
1,357枚
1,357人
10.0%
東洋証券
12,493枚
1,244枚
1,244人
9.9%
丸三証券
13,564枚
9,239枚
9,239人
68.1%
マネックス証券
11,993枚
11,993枚
11,993人
100.0%
SBI証券
11,369枚
5,205枚
3,940人
45.7%
松井証券
5,806枚
4,079枚
4,079人
70.2%
エイチ・エス証券
3,581枚
986枚
986人
27.5%
エース証券
3,700枚
390枚
390人
10.5%
高木証券
3,700枚
370枚
370人
10.0%
立花証券
3,679枚
3,679枚
3,679人
10.0%
むさし証券
3,641枚
369枚
369人
10.1%
安藤証券
155枚
155枚
155人
100.0%
委託幹事カブドットコム証券
17,283枚
17,283枚
17,283人
100.0%
岡三オンライン証券
49枚
5枚
5人
10.2%
楽天証券
-枚
-枚
-
-%

これだけ証券会社が並んでいると、頭に入ってこないかもしれませんね(^^;;

主幹事、平幹事、委託幹事とそれぞれがかなりの数になりますので、今回は幹事ごとに見ていきたいと思います

主幹事

まずは、主幹事から見ていきましょう(^ ^)

とりあえず、数字でいうと一番抽選にまわしていたのは野村証券でした!!

まぁ主幹事でしたし、当然の結果でしょう

ただ、意外だったのが三菱UFJモルガンスタンレー証券の抽選割合の低さです

全プレだったにもかかわらず、抽選には3%ほどしかまわしていません

ということは、三菱UFJモルガンスタンレーに申し込みをした人は全体でいえばかなり少なかったということだと思います

でも、三菱UFJモルガンスタンレー証券のブックビルディングした時の申し込み番号はもっと多かったと思うので、この辺のつながりがちょっとよくわかりません(^^;;

どちらにしても、抽選割合の割に野村証券より当選しやすかったのは間違いありませんね

あとは主幹事でいえばみずほ証券も渋い抽選割合でした

確かにみずほ証券で当選した人は他の主幹事証券と比べると少なかったように記憶しています

平幹事

大盤振る舞いしてくれた証券会社が多いです。

SMBCフレンド証券は今回、ネットからの申し込みが可能でしたが抽選割合は20%越えとかなり高い数字となりました

これならば十分当選できる数字でしょう

また、丸三証券もアナウンス通り70%近くを抽選に回してくれていました!!

毎年IPOを取り扱い!? 丸三証券のIPOルールや幹事実績を徹底解説!!
ネットからIPOに参加できる証券会社の一つに丸三証券があります 証券会社では中堅会社という感じなので中には知らない人も...

9,239人の方が当選していますが、この数字は平幹事の中ではマネックス証券に次ぐ2番目の数字となります

ゆうちょ銀行においては穴場証券の一つだったと思いますね

あとは、立花証券も久しぶりの取り扱いでしたが、こちらは100%抽選配分してくれていました

店頭とネット両方をあわせてだと思いますが、平等に配ってくれているのは好感がもてます

次回幹事入りするのはいつになるかわかりませんが、口座を持っておくとこういう時にはかなりの威力を発揮してくれるかもしれません(^ ^)

あと、エイチエス証券も27.5%といつもの倍以上を抽選にまわしていたようです

自分は当選できましたが「当選枚数が少ないのにな〜」と不思議に思っていたので、これを見て納得しましたww

委託幹事

委託幹事は岡三オンライン証券カブドットコム証券でかなり差がひらきました

岡三オンライン証券は期待されていましたが、予想以上に割当が少なかったようです

岡三証券が主幹事入りしていたので、この数字はちょっと物足りないですよね(^^;;

最低でも1,000枚ほどは欲しかったと思います

ちょっと残念でした

一方、カブドットコム証券予想以上の割当だったことがわかります!!

17,000枚という数字は平幹事以上ですから、ゆうちょ銀行においては間違いなく一番の穴場証券だった思いますね(^ ^)

自分も当選できましたし、当選報告が多かったので「今回は頑張ったな〜」と思っていましたが、この結果をみて納得しました

ゆうちょ銀行におけるMVPといっていいと思います

やはり、三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事の時は見逃せない証券会社ですね♪

※楽天証券はまだ発表がされていませんでした。

まとめ

今回は政府からの要請だったのかわかりませんが、いつも以上に個人への配分が多かったと思います

自分もかなりの枚数をゲットできましたし、きっと全力で申し込めば確実に複数枚ゲットできたIPOだったでしょう

初値結果も予想以上でしたし、稀に見る大成功を収めたIPOでしたよね♪

これだけ当選しやすく、かつ利益が出せたIPOって自分の記憶ではありません

こんなボーナスIPOが今後でてくるかわかりませんが、とりあえず「口座数を多くもっておいてよかった〜」と一番思えたIPOでした(^ ^)

また、日本郵政とかんぽ生命保険の方も後日アップしたいと思います

G.W後のIPOに参加する準備はできていますか??

 

ついにG.W後のIPOが続々と新規承認されてきましたが、申し込みするための準備はできていますか??

 

今、個人的に押さえておいて欲しい証券会社は…

 

岡三オンライン証券です。

 

 

初値高騰ができるディーエムソリューションズに申し込みできることが公式でアナウンスされました(^ ^)

 

しかも岡三オンライン証券なら資金不要でIPOの抽選に参加できるので低資金でIPOに参加している人でも申し込みが可能です。

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

口座開設には1週間〜10日ほどかかるそうなので、まだお持ちでない方は早めに準備しておきましょう

 

また、そんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

今なら資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円まで貰えるという一石二鳥のタイミングです。

 

ちなみにディーエムソリューションズに申し込みしたい方は、ここ2.3日以内で開設しないと間に合わない可能性が高いので気をつけてくださいね♪

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク