テンポイノベーションで主幹事が確定!!

IPOインベスターズクラウド(1435)の複数枚当選者多数!! 12月IPOの各社における抽選配分枚数の結果

今回から何回かに分けて12月IPOの各社における抽選配分枚数の結果を紹介していきたいと思います

12月はかなりのIPOが新規承認されたのでかなり長くなってしまいそうです(^^;;

では、まず初めに残り3銘柄、インベスターズクラウド(1435)鎌倉新書(6184)ラクス(3923)の抽選配分枚数の結果を紹介したいと思います

中でも、IPOインベスターズクラウドはSBI証券主幹事でしたが、複数枚当選した人がかなりいたことがわかりましたよ(^ ^)

【補足】

IPOの各社割当枚数は新規承認時の目論見書に記載されていますが、機関投資家やその他証券会社に配分するために「目論見書に記載の割当枚数 = 個人へ配分する枚数」ではありません。

今回紹介するのは純粋に各証券会社が個人投資家にどれだけ配分したかというデータになります

“目論見書に記載の割当数” と “個人への配分数” でどのくらいの差があるかチェックしてみるのもいいかもしれません

スポンサーリンク

IPOインベスターズクラウド(1435)における各社の抽選配分枚数結果

インベスターズクラウド ロゴ

【目論見書に記載の割当】

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SBI証券
9,265枚
4,170枚
1
みずほ証券
872枚
87枚
2
大和証券
218枚
33+11枚
3
岩井コスモ証券
109枚
11枚
4
SMBCフレンド証券
109枚
11枚
4
エース証券
109枚
11枚
4
藍澤證券
109枚
11枚
4
水戸証券
109枚
11枚
4
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-

【個人への配分】

 証券会社割当枚数抽選配分枚数結果当選人数抽選割合
主幹事SBI証券
8,058枚
3,801枚
3,055人
47.1%
みずほ証券
773枚
81枚
81人
10.4%
大和証券
172枚
30+10枚
30+10人
23.2%
岩井コスモ証券
100枚
10枚
10人
10.0%
SMBCフレンド証券
94枚
10枚
10人
10.6%
エース証券
100枚
9枚
9人
9.0%
藍澤證券
68枚
7枚
7人
10.2%
水戸証券
98枚
12枚
12人
12.2%

まずは”初値高騰” → “セカンダリー成功” と優秀なIPOだったインベスターズクラウドからみていきましょう

ちなみに、現在は初値からグングン上がっていき、すでに時価総額は1,000億円を超える企業となってしまいました

2015年の大化け銘柄の一つですね(^ ^)

話を戻しましょう

全体的な配分は各社いつも通りの配分となっていることから人気化したことがわかります

副幹事だったみずほ証券でも81人の方が当選できているので、ここで運良くゲットできた人もいるでしょう

そして、主幹事のSBI証券ではもちろん、複数枚当選した方がいらっしゃいます

3,801枚 – 3,055人 = 746枚

この数があふれていますので、200株 or 300株配分された方がいるということになりますね♪

IPOチャレンジポイントを使った人では300株配分された人もいましたし、一般抽選でも200株配分された人がいましたのであふれているのはその分でしょう

IPOチャレンジポイントのボーダーラインは140ptほどだったIPOでしたので、利益を出せた方が多く、中々優秀なIPOだったと思います(^ ^)

IPO鎌倉新書(6184)における各社の抽選配分枚数結果

鎌倉新書 ロゴ

【目論見書に記載の割当】

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SMBC日興証券
4,400枚
440枚
1
大和証券
250枚
38+13枚
2
岩井コスモ証券
50枚
5枚
4
極東証券
50枚
5枚
4
SMBCフレンド証券
50枚
5枚
4
丸三証券
50枚
5枚
4
東海東京証券
50枚
5枚
4
岡三証券
50枚
5枚
4
SBI証券
50枚
23枚
3
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-

【個人への配分】

 証券会社割当枚数抽選配分枚数結果当選人数抽選割合
主幹事SMBC日興証券
3,737枚
401枚
401人
10.7%
大和証券
202枚
32+11枚
32+11人
21.2%
岩井コスモ証券
46枚
5枚
5人
10.8%
極東証券
46枚
0枚
0人
0.0%
SMBCフレンド証券
43枚
5枚
5人
11.6%
丸三証券
46枚
5枚
5人
10.8%
東海東京証券
41枚
5枚
5人
12.1%
岡三証券
46枚
5枚
5人
10.8%
SBI証券
44枚
23枚
23人
52.2%

続いてIPO鎌倉新書を見ていきましょう

こちらはSMBC日興証券が主幹事でしたが、どこも10%以上を抽選に回しているので人気が高かったことがわかります

SBI証券が通常45%のところを50%以上に数値になっているのが気になりますが多い分には問題ないですね♪

SBI証券、ありがとう!!」という感じですww

複数配分しているところもありませんし、こちらは特に変わったところはないように思います(^ ^)

ちなみに、極東証券とSMBCフレンド証券はネットから申し込みはできませんので、ご注意ください。

IPOラクス(3923)における各社の抽選配分枚数結果

ラクス ロゴ

【目論見書に記載の割当】

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事みずほ証券
3,600枚
360枚
1
野村證券
200枚
20枚
3
SBI証券
200枚
90枚
2
委託マネックス証券
-枚
-枚
-
松井証券
-枚
-枚
-

【個人への配分】

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事みずほ証券
2,813枚
299枚
299人
10.6%
野村證券
164枚
16枚
16人
9.7%
SBI証券
161枚
74枚
74人
45.9%
委託マネックス証券
20枚
20枚
20人
100.0%
松井証券
5枚
5枚
5人
100.0%

最後はやや不発気味だったIPOラクスにいきましょう(^ ^)

みずほ証券が主幹事でしたが当選人数は299人とかなりのプラチナチケットだったことがわかります。

また、平幹事ながらSBI証券では74人の当選者がいますので、運が良ければここで拾えた可能性もありますね♪

そして、個人的に注目したいのは委託幹事であるマネックス証券です。

今回は正式幹事ではありませんでしたが、20枚も割当がありました

松井証券も委託幹事入りしていますが、こちらは僅か5枚。

マネックス証券松井証券では4倍もの差があります

自分は系列グループでない限り”委託幹事 = 割当枚数5枚” と勝手に思っていましたが、どうやらそればっかりではないようです(^^;;

いい勉強になりました

まとめ

やはり、インベスターズクラウドのようなSBI証券主幹事でそれなりに枚数があるIPOは当選社も多いですし、複数配分される可能性が高くなります

この規模だとIPOチャレンジポイントのボーダーラインは低めになりますが、その分初値も少し抑えられてしまうこともあるので、使いどきがなかなか難しいです(^^;;

かといって、枚数が少なければ利益は乗りやすいですがボーダーラインは高くなりますから、IPOチャレンジポイントを使う時は常にジレンマが存在しているような形です

また、委託幹事の枚数についても新たな発見がありました!!

今回のデータを参考にするならば、マネックス証券が委託幹事入りした場合は軽視しないほうが良さそうです

20枚も割当があったら平幹事並みの期待度はありますからね(^ ^)

さて、今回はとりあえずはこんな形です

次はIPOランドコンピューターから引き続き紹介していきたいと思います♪

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

9月、10月とIPOが次々新規承認され始めました!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がSUS、PKSHA Technology、壽屋、ロードスターキャピタルと一気に4社の取扱を発表!!

 

 

ここにきて急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円+株主優待本まで貰えるという一石二鳥、いや、一石三鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(9月20日まで)

 

ここから年末にかけてさらに多くの取り扱いを期待できますよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク