IPO投資の始め方

IPOダブルスタンダードの抽選割合が判明!! 12月IPOの各社における抽選配分枚数の結果の第2弾

今回12月IPOの各社における抽選配分枚数の結果第二弾を紹介していきたいと思います

今回はランドコンピュータ(3924)ダブルスタンダード(3925)ツバキ・ナカシマ(6464)の抽選配分枚数の結果を紹介です(^ ^)

【補足】

IPOの各社割当枚数は新規承認時の目論見書に記載されていますが、機関投資家やその他証券会社に配分するために「目論見書に記載の割当枚数 = 個人へ配分する枚数」ではありません。

今回紹介するのは純粋に各証券会社が個人投資家にどれだけ配分したかというデータになります

“目論見書に記載の割当数” と “個人への配分数” でどのくらいの差があるかチェックしてみるのもいいかもしれません

スポンサーリンク
みんなのクレジット

IPOランドコンピュータ(3924)における各社の抽選配分枚数結果

ランドコンピューター ロゴ

【目論見書に記載の割当】

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
3,603枚
324枚
1
SMBC日興証券
127枚
13枚
4
SBI証券
127枚
58枚
2
みずほ証券
84枚
8枚
5
SMBCフレンド証券
84枚
4枚
6
岩井コスモ証券
42枚
4枚
6
いちよし証券
42枚
0枚
-
丸三証券
42枚
0枚
-
マネックス証券
42枚
42枚
3
エース証券
42枚
0枚
-
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-

【個人への配分】

 証券会社割当枚数抽選配分枚数結果当選人数抽選割合
主幹事野村證券
3,154枚
287枚
287人
9.0%
SMBC日興証券
116枚
12枚
12人
10.3%
SBI証券
115枚
52枚
52人
45.2%
みずほ証券
77枚
8枚
8人
10.3%
SMBCフレンド証券
73枚
8枚
8人
10.9%
岩井コスモ証券
39枚
4枚
4人
10.2%
いちよし証券
39枚
0枚
0人
0.0%
丸三証券
39枚
0枚
0人
0.0%
マネックス証券
39枚
39枚
39人
100.0%
エース証券
39枚
4枚
4人
10.2%

東証2部にも関わらず、初値高騰したIPOランドコンピュータからいきましょう

野村証券が主幹事でしたが、相変わらず一桁台と渋い配分になっています(^^;;

ただ、他の証券会社では通常通りの配分となっているので、東証2部では珍しく人気化したことがわかります

東証2部だとそれだけで参加しないという方もいらっしゃいますが、このランドコンピュータはどうやら違ったみたいですね(^ ^)

ちなみに、いちよし証券と丸三証券は50単元未満は抽選配分に回さないルールがありますので、今回は0%となりました

IPOダブルスタンダード(3925)における各社の抽選配分枚数結果

ダブルスタンダード ロゴ

【目論見書に記載の割当】

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SBI証券
5,736枚
2,581枚
1
SMBC日興証券
270枚
27枚
3
大和証券
270枚
41+14枚
2
エイチエス証券
135枚
14枚
4
岡三証券
135枚
14枚
4
藍澤證券
68枚
7枚
5
エース証券
68枚
7枚
5
東海東京証券
68枚
7枚
5
委託岡三オンライン証券
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-

【個人への配分】

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事SBI証券
4,546枚
2,131枚
1,836人
46.8%
SMBC日興証券
208枚
23枚
23人
11.0%
大和証券
185枚
30+10枚
40人
21.6%
エイチエス証券
110枚
12枚
12人
10.9%
岡三証券
113枚
12枚
12人
10.6%
藍澤證券
57枚
6枚
6人
10.5%
エース証券
57枚
6枚
6人
10.5%
東海東京証券
51枚
6枚
6人
11.7%
委託岡三オンライン証券
5枚
5枚
5人
100.0%

SBI証券主幹事だったダブルスタンダードです

毎度のことながらSBI証券では複数配分された方がいらっしゃいました

2,131枚 – 1,836人 = 295枚

この分が追加で配分されています

IPOチャレンジポイントを使って複数配分された方も多くいらっしゃいましたから、このぐらいは当然あるでしょう(^ ^)

そして、委託幹事入りした岡三オンライン証券は5枚といつも通りの配分だったようです

少ない枚数ではありますが、よく見ると抽選配分枚数では下位幹事と枚数はあまり変わりませんし”資金不要で申し込める“という点を考慮すれば文句は言えませんね(^^;;

IPOツバキ・ナカシマ(6464)における各社の抽選配分枚数結果

ツバキナカシマ ロゴ

【目論見書に記載の割当】

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
48,640枚
4,377枚
1
ゴールドマン・サックス証券
9,633枚
-枚
-
UBS証券
9,633枚
-枚
-
三菱UFJモルガンスタンレー証券
14,931枚
1,493枚
2
みずほ証券
6,261枚
626枚
-
大和証券
5,298枚
794+265枚
3
SBI証券
964枚
434枚
5
マネックス証券
964枚
964枚
4
委託カブドットコム証券
-枚
-枚
-
松井証券
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-

【個人への配分】

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事野村證券
47,379枚
4,134枚
4,134人
8.7%
ゴールドマン・サックス証券
?枚
?枚
?人
?%
UBS証券
4,574枚
0枚
0人
0.0%
三菱UFJモルガンスタンレー証券
13,979枚
1,136枚
1,136人
8.1%
みずほ証券
6,181枚
686枚
686人
11.0%
大和証券
5,288枚
824+275枚
1,099人
20.8%
SBI証券
1,046枚
225枚
197人
21.5%
マネックス証券
1,053枚
1,053枚
1,053人
100.0%
委託カブドットコム証券
384枚
384枚
384人
100.0%
松井証券
5枚
1枚
1人
20.0%

最後は予想に反して健闘したIPOツバキ・ナカシマです

こちらは抽選割合がSBI証券や三菱UFJモルガンスタンレー証券で少し低い数字となっているので、いまいち人気がなかったことがわかります

ただ、他の証券会社ではほぼ通常通りの配分ですので、そこそこブックビルディングは積み上がったようです

マネックス証券でも1,000枚以上しっかり配分されていますからね

個人的に気になったのは平幹事では目論見書に記載された数字よりも、実際には多く配分している証券会社があることです

SBI証券マネックス証券では100枚近く増えています(^^;;

なんでこんなことになったのかわかりませんが、もしかしたら機関投資家には評判が悪く、そちらにはほとんど回さなかったのかもしれませんね

まとめ

ダブルスタンダードは個人的にもポイントを使わずに100株当選できましたので、抽選配分結果が気になっていました

ダブルスタンダード(3925)のIPOが奇跡の当選!! 買い付け余力はどのくらいあったの??
IPOダブルスタンダード(3925)の前期分の抽選結果が発表されましたので抽選結果をご紹介したいと思います と...

感想としては「1,836人の中によく入れたな〜」という感じです

NISAに入れて28万円まるまる利益がでた銘柄でしたので、本当にダブルスタンダード様様でした

いい思い出しかないIPOです(^ ^)

その他ツバキ・ナカシマは証券会社によって抽選割合が変わっていたので中々面白い結果だったように思います

松井証券では何故か1枚しか抽選にまわしていないなど、若干疑問が残る部分が多いです

少々トリッキーでしたね(^^;;

さて、以上今回はランドコンピュータ(3924)、ダブルスタンダード(3925)、ツバキ・ナカシマ(6464)の抽選配分枚数の結果を紹介しました

次回は三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事だったIPOミズホメディーから紹介させていただきます♪

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

クラウドファンディング

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特にオススメしたいのは…

 

みんなのクレジットです

みんなのクレジット ロゴ

 

みんなのクレジットは高利回りの案件も多いですし、キャッシュバックキャンペーンも頻繁に行っているので、どんどん資産が増えていくんですよね♪

 

自分は今年の4月から投資を開始していますが、すでに10万円以上の利益を上げることができました

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

ちなみに今なら下記リンクからの口座開設で1,000円が貰えるというお得なキャンペーンを実施中!!

 

みんなのクレジット 口座開設 10

 

さらに、1/23日(〜16:00)までは新システム稼働キャンペーンも合わせて実施しています

 

みんなのクレジット 新システム稼働キャンペーン

 

ソーシャルレンディングを始めるにはこれ以上ない最高のタイミングだと思いますので、この機会を逃さないでくださいね♪

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

みんなのクレジットのキャンペーンはこちら

みんなのクレジットの評判は?? 投資してみて分かったメリット・デメリットを徹底紹介!!
ソーシャルレンディングサービスのみんなのクレジットですが今回"口座開設"、"投資"、"分配金の配分"と一通り全て経験できましたので実...

 

 

スポンサーリンク
みんなのクレジット
みんなのクレジット

フォローする