岡三オンライン証券でカチタス、ヴィスコテクノロジーズ、ハナツアージャパン、森六ホールディングス、プレミアグループ、カチタス、みらいワークス、ミダック、オプトランの委託販売が確定!!

資金不要でIPO抽選に参加可能できます。

しかも今なら口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円 + 株主優待本をプレゼント!!

12月31日までなのでお見逃しなくっ!!

LINE(3938)のIPOがついに参上!! 吸収金額が予想していたよりは少なめ??

ついに、ついにあのLINE(3938)のIPOが新規承認されました!!

今まで何度もあった噂で肩透かしをくらっていましたが今回はどうやら本決定です

何度目の正直でしょうかねww

それでは期待のIPOであるLINEのスペックや現時点でのBBスタンスなどご紹介していきたいと思います

いや〜コメダに続いてLINEもくるとはこれは日本郵政グループの時と同じくらいの盛り上がりになりそうです(^ ^)

LINE ロゴ 1

スポンサーリンク

LINE(3938)のIPOスペック詳細

IPO LINE ロゴ

銘柄 LINE株式会社
市場東証1部
上場日7/15
コード3938
公募35,000,000株
売り出し0株
OA5,250,000株
吸収金額
1127.0億(想定価格ベース)
時価総額
約5,879.7億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間6/28~7/8
価格決定日7/11
想定価格2,800円
主幹事野村證券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
ゴールドマン・サックス証券
JPモルガン証券
幹事証券みずほ証券
大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
東海東京証券
マネックス証券
委託幹事カブドットコム証券(?)
松井証券(?)
安藤証券(?)
岡三オンライン証券(?)
楽天証券(?)

業種は最早説明がいらないかもしれませんが「モバイルメッセンジャー・アプリケーション”LINE”によるコミュニケーション、コンテンツ、広告等のサービスを提供するLINEビジネス・ポータル事業」です

多分、読者の方もほぼ毎日使っているアプリではないでしょうか??

自分ももちろん毎日使っていますが、このLINEを使ってから友達へメールすることがなくなってしまいました(^^;;

もう普段の生活に無くてはならないツールといっても過言ではありませんね♪

経営もスタンプの販売に始まり、ゲーム、ECサイト、音楽、最近では還元率が2%になるLINE PAYカードを発行したりと様々な分野に進出しています

多分これはほんの序章でこれからさらに広げていくはずです(^ ^)

肝心のIPOのスペックですが、吸収金額は1127億円で時価総額は5,880億円大型のIPOになります

ただ、噂では時価総額が1兆円とも言われていましたから自分は「あれ!?意外と小型じゃん!!」と前向きに捉えてしまいました

セキュリティ関連の問題がよく取り沙汰されるようになってきたので、この辺の影響もあるかもしれませんね

一応、投資家には好まれやすい全株公募のみとなりますし、人気業種なのは間違いありませんので人気化すると思います

もちろん、注目度は今年一番になるはずです!!

LINE(3938)のIPO幹事団とBBスタンス

続いて、LINE(3938)のIPOをゲットする上で大事になる事団と現時点での自分のBBスタンスを紹介していきます(^ ^)

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
当選
三菱UFJモルガンスタンレー証券
不参加
ゴールドマン・サックス証券
口座なし
JPモルガン証券
口座なし
幹事みずほ証券
補欠→落選
大和証券
選外
SMBC日興証券
不参加
SBI証券
落選
東海東京証券
落選
マネックス証券
落選
委託カブドットコム証券(?)
落選
安藤証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし

主幹事は4社です

ネットから申し込めるのは野村証券三菱UFJモルガンスタンレー証券なので、抽選組はこの2社が大事になりますね♪

また、三菱UFJモルガンスタンレーが主幹事ということで同じグループ会社であるカブドットコム証券もかなり当選期待度が高いと思います

委託販売の実績はトップクラス!! カブドットコム証券のIPOルールや注意点を徹底解説!!
カブドットコム証券といえば色々なメディアで紹介されており、知名度が高いネット証券の一つだと思います(^ ^) ...

ほぼ確実に取り扱いするはずです(^ ^)

日本郵政グループほどの当選ラッシュはないかもしれませんが、今回も期待は十分にできるでしょう♪

そして、平幹事では上位幹事に大和証券、SMBC日興証券もいますし、ネット証券ではSBI証券マネックス証券の名前も見つけられます

SBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントが貰えますので、ここだけは参加しないという方も確実に抑えておきましょう

SBI証券主幹事IPOにおけるIPOチャレンジポイントの予想ボーダーラインまとめ!!
SBI証券が主幹事をつとめるIPOがでてくると、一番に気になるのがIPOチャレンジポイントを使うかどうかだと思います ...

肝心の配分枚数が現時点でまだ判明していませんが、いま紹介した証券会社は特に当選の期待ができそうです(^ ^)

野村証券が主幹事なのはちょっと残念でしたが、それ以外はなかなか抽選組にありがたい幹事構成といえるのではないでしょうかね??

LINE(3938)のIPO感想

LINEのIPOは配分枚数が多いので、多くの証券会社から申し込めば当選期待度は高いと思います

初値予想が難しいと思いますが、自分は”少しのプラスリターン“だと考えているので複数枚取得も視野に当選を目指す予定です(^ ^)

リスクもあると思いますが、知名度の高いLINE株を欲しい投資家も多くいると思いますので買いもそこそこ入ると予想しています♪

なんだか、日本郵政グループの時のようにみんなが幸せになれるようなIPOになると思っているのですが自分だけでしょうかね??

また、今回は通常スケジュールとなり日本郵政グループの時のように上場まで時間が長いというわけではありません

当選を目指している人でまだ準備できていない証券会社がありましたら早めに口座開設しておきましょう!!

何事も準備が一番大事ですよ(^ ^)

SBI証券の公式サイト

野村証券の公式サイト

三菱UFJモルガンスタンレーの公式サイト

マネックス証券の公式サイト

カブドットコム証券の公式サイト

SMBC日興証券の公式サイト

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが一番のデメリットはなかなか当選できないことです 

 

当選できなければ利益は0円。資産は一向に増えていきません。

 

そんなリスクを避けるために自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれています!!

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!!

 

  非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)  

 

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

 

    

 

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。  

 

今のところ貸し倒れは0件で、投資した人は全員利益を出すことができています。

 

しかも現在は新規口座開設キャンペーンを実施中で…   最大20,500円相当のSBIポイントをゲット可能!!   

 

 

新規口座開設 + メルマガ登録で500円相当。  

 

さらにその中から1/10の確率で10,000ポイントが当たります。  

 

その上、さらに50万円以上投資した人の中からも1/10で10,000ポイントが当たるんです。

 

 もし、全部当選した場合は20,500ポイントゲットできますよ♪  

 

IPOよりも当選しやすいと思いますので、IPOに当選できずに利益を出せていない人は是非このキャンペーンを利用してソーシャルレンディングを始めてみてはいかがでしょうか??  

 

先着10,000名限定のキャンペーンなので、なるべく早く参加してくださいね。  

 

本日を入れて残り3日しかありませんのでお見逃しなくっ!!(12月20日まで)

 

SBIソーシャルレンディングのキャンペーンを確認する

スポンサーリンク