ベガコーポレーション(3542)のIPO直感的初値予想!!

今回はブックビルディング期間が6/10から始まるベガコーポレーション(6198)のIPO直感的初値予想をしていきたいと思います

ベガコーポレーションが運営している店舗を利用したことがあるという人も多いと思いますので、知名度もそこそこあり人気化しそうなIPOですよね

これもBBスタンスで悩まないIPOの一つかもしれません

それではいつも通り、仮条件の後に初値予想をさせていただきます

ベガコーポレーション ロゴ 2

スポンサーリンク

IPO ベガコーポレーション(3542)の仮条件

まずはIPO ベガコーポレーション(3542)の仮条件の紹介させていただきます(^ ^)

【仮条件】

1,440円 〜 1,600円

想定価格は1,440円でしたので、160円上ブレですね♪

ちなみに評価は下記の通りだそうです

・家具のECマーケットは成長可能性が高い

・WBサイトのデザインがよく、高品質の商品を低価格で販売している

・今後、競争が激化する可能性がある

競争が激化するというマイナスの評価もありますが、プラスの評価が多かったのが仮条件を上ブレさせた理由だと思います

IPO ベガコーポレーション(3542)の直感的初値予想

続いて本題である、IPO キャリア(6198)直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります

ベガコーポレーション ロゴ 1

2,100円 〜 2,900円

(公募比約1,3倍〜公募比約1,8倍)

IPO ベガコーポレーション(3542)のスペック考察

吸収金額は仮条件が上ブレしたことにより、最大15.5億円となりました

ただでさえ中~小型規模だったにもかかわらず、想定価格ベースと比較すると約1.6億円ほど増加してしまいましたので、需給面でのアドバンテージはより薄くなったように思います

このサイズだとちょっと初値は伸びずらいイメージですね(^^;;

また、ネット系企業ということで強気の初値予想をしたいところですが家具のECサイト運営ということで、ネット系の中ではそこまで人気化する分野ではありません

自分は家具が大好きなこともあり、おシャレな感じで魅力的に移りますが、この先市場も急激に広がることはないですし成長もちょっと不安な面を感じます

トータル的にみて”もう一声!!“というもう少し魅力が欲しいIPOだと思いますね

IPO ベガコーポレーション(3542)の業績

続いてIPOベガコーポレーション(3542)の業績をご紹介です(^ ^)

【売上高】

ベガコーポレーション 売り上げ

【純利益】

ベガコーポレーション 純利益

売り上げは綺麗な右肩上がり、純利益は第9期に大幅な赤字を出していますがそれ意外は順調に黒字をだしています

インパクトがあるような業種ではありませんが、マイナスな印象を与えることもなさそうです

業績はギリギリ及第点といったところでしょう

IPO ベガコーポレーション(3542)の各社割当枚数

続いてベガコーポレーション(3542)の各社割当枚数の紹介です

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
6,920枚
623枚
1
幹事大和証券
672枚
100+34枚
2
SBI証券
252枚
114枚
3
みずほ証券
252枚
25枚
4
いちよし証券
168枚
17枚
5
三菱UFJモルガンスタンレー証券
168枚
17枚
5
東洋証券
84枚
8枚
6
丸三証券
84枚
8枚
6
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
カブドットコム証券
-枚
-枚
-

※目論見書の訂正後に記載

一番の当選枚数があるのは間違いなく主幹事の野村證券です

しかし、資金不要で申し込めることもあり競争率が高くなってしまうので当選はかなり困難だと思います

自分はIPO投資を始めてから野村證券でA級IPOをストレートで当選したことがありませんからね

この規模ではほぼ絶望的でしょう

どちらかといえば副幹事の大和証券、さらには上位幹事であるSBI証券の方が期待できるかもしれません(^ ^)

この辺は証券会社との相性もあることなのでなんともいえませんが、自分は主幹事よりも平幹事の方が当選するイメージがわきます

また、今回は丸三証券でも取り扱いが確定しましたので資金が余っている方は申込みをしましょう

そして、すでにカブドットコム証券でも委託販売が確定しています

後期型の利点をうまく使えば資金を有効活用できますので、資金が少ない方は旨く使うようにしてくださいね♪

資金が少ない人必見!! IPO資金を節約できる後期型の証券会社3選!!
IPOを申し込める証券会社の中には抽選結果の判明が遅い"後期型"の証券会社があります 後期型の中には需要申告の...

IPO ベガコーポレーション(3542)の最終BBスタンス

ベガコーポレーションは仮条件が上ブレしてしまったので、さらに上値余地が限定されてしまったように感じますが公募割れするようなIPOではないと思います

スペックもそれほど悪くはないので、BBスタンスは承認時から変更なく全ての証券会社から申込みをするつもりです

野村證券が主幹事ということで、当選はあまり期待していませんけどね(^^;;

なんだかんだでSBI証券のIPOチャレンジポイントをゲットして終わってしまいそうな気がしますww

ストリートファイターⅡのベガなら余裕で倒せますが、このベガにはボロ負けしそうです( ;  ; )

その他ベガコーポレーションの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク