SBIソーシャルレンディングがお得なキャンペーンを実施中!!

"新規口座開設"+"メルマガ登録"だけで最大10,500円相当のSBIポイントをゲット!!

さらに今なら50万円以上の投資実行で…

最大20,500円相当のポイントが貰えます!!

先着10,000名限定ですのでお早めにっ!!

LINE(3938)のIPO直感的初値予想!!

ついに、今年一番の注目IPOであるLINE(3938)の仮条件も決定しました

仮条件の決定が遅れるなどちょっとばたばたした展開になっていますが、無事仮条件も決定し6/29からブックビルディングが開始します(^ ^)

未だに申込みを迷っている人も多いと思いますが、現時点でのLINEのIPOにおける自分の初値予想とBBスタンスを紹介していきますので参考にしてくださいますと幸いです

LINE ロゴ 1

スポンサーリンク

IPO LINE(3938)の仮条件

まずはLINE(3938)の仮条件の紹介させていただきます(^ ^)

【仮条件】

2,700円 〜 3,200円

なんと、大幅な上ブレ!!

超強気の仮条件できました

想定価格は2,800円ですから上限で決まれば400円アップという事になります

仮条件の決定が遅れていたので、個人的には「下ブレさせてくるか、ノーマル設定でくるか」で検討していると思ったのですがまさか上ブレさせるかで悩んでいたとは…

恐らく注目度が高く人気化するIPOだと思いますので、上限で決定するとは思いますがここまで強気だと上値余地はほとんどないかもしれませんね

10%アップはちょっとひどすぎます( ;  ; )

LINE(3938)のIPO直感的初値予想

続いて本題である、IPO LINE(3938)直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります

IPO LINE ロゴ

3,000円 〜 3,600円

(公募比約0,9倍〜公募比約1,1倍)

LINE(3938)のIPOスペック考察

仮条件がかなり上ブレしましたので吸収金額は最大1,288億円となり、想定価格と比べると160億円ほど大きくなりました

160億円て、大型IPOが同一上場するのと同じですね(^^;;

ただでさえ需給面でのアドバンテージはほとんどありませんでしたが、さらに厳しくなったように感じます

これは大きなマイナス要素です

しかし、知名度という大きなプラス要素もあります(^ ^)

LINEはすでに生活になくなてはならないツールとなっていますし、日本では知らない人のほうが少ないでしょうからね

業種的にはIPOで大人気になる分野ですし、今後の成長性を考えればマイナス要素を打ち消すくらいのプラス要素があるといっても過言ではありません

個人的には細々した要素ではなく”大きなマイナス要素”と”大きなプラス要素”があって、それらがぶつかりあっているという感じがしています

ただ、どうしてもこの規模での初値高騰は考えにくいです

いつも通りの大型IPOっぽいつまらない初値予想となってしまいましたが、公募価格近辺になる可能性は高いと思います

LINE(3938)のIPO業績

続いてIPO LINE(3938)の業績をご紹介です(^ ^)

【売上高】

LINE 売り上げ

【純利益】

LINE 純利益

売り上げの伸びはとんでもないことになっていますが、純利益が全くついてきていません

黒字になっている年もありますが、それ以上に赤字になっている年もあり、まだまだ安定的に利益を出せる体制ではないような気がします

高い成長性は評価できますが、まだまだ問題は山積みといった感じでしょうかね(^^;;

LINE(3938)のIPO各社割当枚数

続いてLINE(3938)の各社割当枚数の紹介です

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
79,940枚
7,194枚
1
三菱UFJモルガンスタンレー証券
20,770枚
2,077枚
3
ゴールドマン・サックス証券
3,510枚
0枚
-
JPモルガン証券
3,510枚
0枚
-
幹事みずほ証券
7,860枚
786枚
6
大和証券
3,920枚
588+196枚
5
SMBC日興証券
3,920枚
392枚
7
SBI証券
2,190枚
986枚
4
東海東京証券
2,190枚
219枚
8
マネックス証券
2,190枚
2,190枚
2
委託カブドットコム証券
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-

当選枚数に重点をおいているので野村證券を期待度で1位にしましたが、個人的には野村證券よりも三菱UFJモルガンスタンレー証券の方が期待できると思っています

コメダホールディングスのように流石に全プレではないと思いますが、ネットから当選を目指す方は三菱UFJモルガンスタンレー証券を絶対申し込んで欲しいです

そして落選してもIPOチャレジポイントが貰えるSBI証券、IPOを100%平等抽選してくれるマネックス証券、この2社もマストでしょう(^ ^)

また、今回はカブドットコム証券でも当選期待度は高いです

自分はコメダホールディングスがカブドットコム証券で当選していますのでこのLINEでも連続当選を目指したいと思います!!

カブドットコム証券で当選できたの!? IPOコメダホールディングス(3543)の抽選結果!!
ついに6月IPOの中で注目度が最も高いコメダホールディングス(3543)の抽選結果も判明しましたのご紹介させていただきます ...

なんだか割当枚数が判明する前は1枚は余裕で当選できると思っていましたが、いざ割当枚数が発表されてから確認してみると意外と当選は難しくなりそうです(^^;;

LINEのIPOが欲しいという方は、上記証券会社に片っ端から申し込みしていきましょう♪

ちなみにLINEのIPOに申し込める証券会社の口座開設にかかる日数は下記の通りです

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
東海東京証券4営業日
SMBC日興証券5営業日
みずほ証券7営業日
三菱UFJMS証券10日未満

“最近LINEのIPOを知ったという方”、”当選確率UPのために申し込む証券会社を多くしたい方”は参考にしてくださいませ

BB期間終了日(7/8)から逆算するようにしてくださいね(^ ^)

LINE(3938)のIPO最終BBスタンス

仮条件が自分の予想よりかなり斜め上だったので少し戸惑いましたが、BBスタンスは承認時から変更なく全力で取得しにいきたいと思います

一方、この仮条件を見て申し込みを辞めた人もいるでしょう

なんだか、BB仮条件発表後のこの雰囲気は日本郵政グループの時と似ている気がしますww

LINEはどっちに転ぶかわかりませんが、個人的にはなんだかんだ公募割れはしないと思っていますので自分を信じて申し込むつもりです(^ ^)

と、いってもややグノシーの時の雰囲気にも似ていますので楽観はできないですけどね(^^;;

そのソラストの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

12月のIPOが次々新規承認され始めました!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がアトリエはるか、カチタス、ヴィスコテクノロジーズ、ハナツアージャパンと一気に4社の取扱を発表!!

 

 

ここにきて急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円まで貰えるという一石二鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(12月31日まで)

 

特に岡三証券が主幹事の"アトリエはるか"はいつも以上に期待できると思いますよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク