IPOマリモ地方創生リート投資法人(3470)の初値は大丈夫なのか?? 初値予想アンケートの途中結果をチェック!!

マリモ地方創生リート投資法人(3470)の抽選結果がでましたね!!

今回はREITということで、SMBC日興証券でしか申込みできませんでしたが主幹事であるため当選は十分可能だった銘柄です

自分はいつぞやの記事にも書きましたがマリモ地方創生リート投資法人(3470)はスルーさせていただきましたので結果発表はありません(^^;;

しかし、少々公開価格が予想の斜め上をいっていたので今回は公開価格と合わせて初値予想アンケートの途中結果も紹介したいと思います

マリモ地方創生リート投資法人 ロゴ 3

スポンサーリンク

マリモ地方創生リート投資法人(3470)の公開価格

マリモ地方創生リート投資法人(3470)の公開価格は下記の通り決まりました

[公開価格]

9.2万円

なんと、仮条件の下限で決定です!!

「人気はそこまでないだろうな~」と思ってはいましたが、それでも仮条件の上限で決まるのは確定だと思っていたのでこの公募価格には正直驚かされました!(◎_◎;)

中間値を通り越して”下限”ですから、流石にこれは評価が悪かったと考えるしかないと思います

しかもSMBC日興証券でのブックビルディングもあまり伸びなかったためかわかりませんが、ネット上でも当選ラッシュが起こっているのでこれは黄信号が点灯している状況かもしれません

ちょっと怪しい雰囲気が漂っています(^^;;

初値予想アンケートの途中結果

それではつづいてマリモ地方創生リート投資法人(3470)の初値予想アンケートの途中結果の紹介です

現時点でのアンケート結果はこのようになっています

マリモ地方創生リート投資法人 途中結果 アンケート

第一位は公募価格の1.0倍~1.2倍!!

「少しプラスになるかな??」と思っている人が1番多いようです(^ ^)

ただし、僅差で”公募割れ”が続いている状況で、3位は公募価格同値になっています

現時点で32票が公募価格以下の予想でこれが全体の半分以上を占めていますから、比較的弱気の初値予想が多いといっていいかと思います(^^;;

1位は微プラス、全体で見ると公募価格以下と、なかなか拮抗している感じをうけました

まとめ

公募価格の下限で決まったということで、人気がなかったのは間違いないと思います

これは確実にネガティブな要素です

ただ、一方で利回りは増したという考え方もできますので悪いことばかりではありません(^ ^)

REITは長期で保有する人が多いと思いますので利回りがよければ欲しい人は出てくるはずです

個人的には “下限で決まった=公募割れ” とまではいかないと思います

もちろん、蓋を開けてみないとわからない部分はありますし、マリモ地方創生リート投資法人の後にはみなさんが期待している三井不動産ロジスティックスパーク投資法人が控えていますので公募割れはなんとか避けて欲しいところでしょう

とはいっても、個人的には現代会で6割が公募割れ、4割が微プラスというやや公募割れリスクの方が優勢かなというのが正直なところです(^^;;

G.W後のIPOに参加する準備はできていますか??

 

ついにG.W後のIPOが続々と新規承認されてきましたが、申し込みするための準備はできていますか??

 

個人的にオススメしたい証券会社は東海東京証券です

 

 

毎年コンスタントに幹事入りしていますし、2016年は初値高騰した"バリューゴルフ"、"グレイステクロのジー"など多くのIPOで主幹事をつとめました(^ ^)

 

2017年もすでに安江工務店で主幹事をつとめていて、6月30日に上場するSYSホールディングスでも主幹事をつとめます

 

ちなみに自分は東海東京証券でA級IPOの"海帆"、大注目された"日本郵政"、"ゆうちょ銀行"、"グレイステクノロジー"などが過去に当選していて、すでに55万円以上の利益が出ているんです

 

グレイステクノロジー 東海東京証券 当選

 

グレイステクノロジーに関しては一撃40万オーバーの利益!(◎_◎;)

 

この時は本当に嬉しかったです

 

今から口座開設すればSYSホールディングスの申し込みに十分間に合いますので、是非早めに準備してくださいね♪

 

IPOは口座数の多さが当選確率アップに直結しますので、なかなか当選できない方は"口座開設が最大の特効薬"になると思いますよ(^ ^)

 

東海東京証券の公式サイトはこちら

 

詳しいIPOルールや知りたいという方は下記の記事に自分の当選履歴を含めてを全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

主幹事実績急増中!! 東海東京証券のIPOルールを徹底紹介!!
2015年にネットからIPOの申し込みができるようになって注目を浴びているのが… 東海東京証券です ...

 

スポンサーリンク