風向きが変わってきた!? IPOに当選後2年以上保有している”あの銘柄”が絶賛復活中!!

このブログでは何回か紹介している自分の保有株ですが、その中でも一番の古株はIPO当選後ずっと保有している…

じげんです

じげん ロゴ

こちらは2013年に上場したIPOで公開価格600円と低価格IPOながら初値は2.9倍の1,750円をつけたなかなかのツワモノIPOでした(^ ^)

この時はまさにIPOバブル真っ只中、しかも上場前にポジティブIRがでるという神風も吹いたために吸収金額50億円なんかなんのそので上がって行ったんですよね

上場して2年半以上たったのかと思うとほんとに月日が流れるのは早いものです(^^;;

そんなじげんですが、上場後は期待感から少しの間は公募価格以上で推移していましたがそれからはずっと下落貴重が続き、一時は公開価格の600円付近まで値を崩しました

自分は長期保有を決め込んだこともあり、その間もずっと保有しつづけていたんですが、ついに最近テイクオフし上昇体制に入ったんです

今回はそんなじげんの復調具合を少々紹介したいと思います

スポンサーリンク

じげんのこれまでの株価推移

上場後から今までのじげんにおける株価推移は下記となります

Yahoo! じげん データ

※Yahoo!ファイナンスより

一時は2,000円を超えていた株価は2016年の1月には500円を割り込んでいます

先ほどは公開価格付近といったんですが、今年の2月には465円という最安値まであったようです

長期保有というか塩漬けていたために全くきづいていませんでした(^^;;

ここまできたら流石にこの値段でも売らなかったと思いますが、精神的な苦痛を考えると知らなくてよかったのかもしれませんww

知らなくていいこともあるもんですね…

しかし、そこからは徐々に上昇に転じ、1,000円を突破!!

7/11には最高値1,375円をつけました

現在は1,154円と少し落ち込んでしまいましたが、それでも高値圏を未だに維持している状況です

公開価格の1,750円まではまだまだではありますが、少し希望は見えてきたように感じます

2年半以上も長期保有しているとこんな展開になることもあるんですね

まとめ

IPOは初値売りした後にどんどん上昇していくと売ったことを後悔してしまうこともあるかと思います

しかし、多くのIPOは上場後下落傾向になっていき、公開価格以上で推移する銘柄は少ないですので個人的にはやはり”IPOは初値売りが一番安全“だと考えています

上級者の方ならば、経験からある程度初値後の動きは読めるのかもしれませんが初心者の方にはまず読めないと思いますので長期保有はおすすめできません

今回紹介したじげんのようになると自分のように何年も塩漬けになる可能性もありますからね(^^;;

そのまま熟成してくれればいいですが、腐る可能性(上場廃止)もあるということは覚えておいてくださいませ

じげんに関しては熟成してくれることを祈るのみですww