まさかの0.06%!? エイチエス証券におけるAWSホールディングス、ジェイリースの当選倍率を紹介!!

当選倍率を紹介してくれる証券会社で有名なのがエイチエス証券と楽天証券です

少し前になりますが、6月にエイチエス証券が幹事入りしたAWSホールディングスとジェイリースの当選倍率が発表されていたので紹介していきたいと思います

AWSホールディングスは大人気銘柄だったこともあり、ここ最近ではもっとも激戦になっていました!!

エイチエス証券ではIPOポイントを使った抽選システムを採用しています。詳しいIPOルールを知らないという方は下記の記事を参考にしてください。エイチエス証券のIPOポイントの詳細記事

また、楽天証券の抽選倍率については直近の結果をまとめていますので最近IPO投資を始めたばかりの人には役に立つ情報だと思います(^ ^)

ウイルプラスホールディングス(3538)の抽選結果!! 楽天証券の倍率は??
3月IPOの抽選結果も後半戦に突入です 今回は6社同一上場後のウイルプラスホールディングス(3538)の抽選結果が判明...

楽天証券の場合は正式幹事でなく委託販売という形が多いために、どうしても抽選倍率は低くなりますがそのあたりはフィルターをかけて見てくださいね

スポンサーリンク

エイチエス証券におけるジェイリースとAWSホールディングスの当選倍率

エイチエス証券におけるジェイリースとAWSホールディングスの当選倍率は下記の通りです

エイチエス証券 当選確率 3

直近の当選倍率も記載されていますが、AWSホールディングスの当選倍率が群を抜いて高いのがわかりますね

なんと、全体抽選では1,456倍!!

当選確率に表すと0.06%です

なんか数字で見るとよくわからないかもしれませんが、宝くじのナンバーズ3に当選する確率は0.1%なのでこれよりも低い数字となります

でもナンバーズ3に当選すれば8万円くらいですが、AWSホールディングスに当選できたほうが大きな利益を得られましたからね

そう考えるとまぁ適切な確率といえなくもありません(^^;;

続いてジェイリースですがこちらも812倍と、AWSホールディングスほどではないにしろエボラブルアジアやベネフィットジャパンよりも当選が難しかったことがわかります

そこまで注目度が高かったわけではないので、当選確率がもっと高いかと思っていましたが意外でした

ただ、この辺は割当枚数の兼ね合いもあるかもしれません

また、IPOポイントを使った人が受けられる優待抽選でもAWSホールディングスは183倍と1%以下の当選確率です

1,000ポイントで1口申し込めますので、確実に当選を狙う場合は18万3,000ポイント必要になる計算ですね(抽選なのでこれでも落選する可能性はありますが…)

なかなかの無理ゲーと言わざる終えません

まとめ

今回の結果を見ると、やはり平幹事でA級IPOを当選させるにはかなりの運が必要になります

自分も過去にA級IPOが平幹事でいくつか当選していますが、こんな確率だったのかと思うと「よく当選できたな〜」と少し驚いてしまいます(^^;;

また、直近の方が去年の12月のIPOと比べても当選確率が低くなっていることがわかるので、しばらくは例年以上に厳しい戦いになるかもしれません

個人的には今まで以上に”多くの口座から申し込みをする”などの当選確率を少しでもアップさせる手段は必須になっていくのではないかと思いました

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

2018年もIPOが次々新規承認されています!!

 

そんな中、ここにきて岡三オンライン証券のIPO取扱数が急増!!

 

 

今年はすでに10社以上の委託幹事をしており、2017年から急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金3,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金3,000円まで貰えるという一石二鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(6月30日まで)

 

もしかしたら6月に上場予定のメルカリも取扱するかもしれませんよ。

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

スポンサーリンク