IPO投資の始め方

各社IPOルール

 

IPO投資に必須の証券会社を下記にまとめています。

 

多くの証券会社から申し込むことがIPO当選への一番の近道ですので、まだ口座を持っていない証券会社がありましたらどんどん開設していきましょう!!

証券会社
抽選配分率
10%
70%
10%
100%
10%
100%
10%
10%
70%
10% + ステージ制
100% or ステージ制
100%

JMC(5704)のIPO直感的初値予想!!

仮条件が決定しましたので今回はBB期間が11/10から始まるIPO JMC(5704)の直感的初値予想をしていきたいと思います(^ ^)

エルテス、スタジオアタオとの3社同一上場になりますので、この中の一角ですね♪

それではいつも通り、仮条件の後に初値予想をさせていただきます

それにしても今年の12月はいつも以上にIPOがなくちょっと寂しいですね( ;  ; )

JMC ロゴ 2

スポンサーリンク
みんなのクレジット

IPO JMC(5704)の仮条件

まずはIPO JMC(5704)の仮条件の紹介させていただきます(^ ^)

【仮条件】

920円 〜 960円

これはほぼ予想どおりといった感じでしょうか??

想定価格は920円でしたので上ブレです

強気できましたね〜♪

しかし、自分的には上ブレしすぎてなく”ちょうどいい設定“だと思いますので好印象です

40円と非常に狭いレンジとなりましたので、これならば問題なく上限の960円で決まるでしょう(^ ^)

JMC(5704)のIPO直感的初値予想

続いて本題である、IPO JMC(5704)直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格に1.2倍と1.7倍をそれぞれ乗じてた初値予想だと思ってください

jmc ロゴ 1

1,200円 〜 1,700円

(公募比約1,2倍〜公募比約1,7倍)

JMC(5704)のIPOスペック考察

ではIPOスペックをチェックしていきましょう(^ ^)

まずは吸収金額ですが、仮条件が上ブレしたことにより最大11,0億円となりました

想定価格ベースに比べると約0.4億円増加です

マザーズということを考えると小型とはいえない規模ですが、このくらいならまだまだ需給面では有利になると思います

荷もたれ感はそれほどありません(^ ^)

また、業種も3Dプリンター関連ということで、昔ほどの勢いはないにしてもまだまだ人気の分野です

初値を押し上げてくれるプラス要素として考えていいと思いますね

ただ、3Dプリンターだけでなく、鋳造や加工もしているようなのでこちらをメインで考えると一気に地味系業種になります

どちらを中心に考えるかで大分印象は変わってきそうです(^^;;

スケジュール面など不利な外部要因はありますが、個人的にはそれなりに魅力を感じているIPOなのでそれなりに強気の初値予想とさせていただきました(^ ^)

JMC(5704)のIPO業績

続いてIPO JMC(5704)の業績をご紹介です(^ ^)

【売上高】

JMC 売上げ

【純利益】

JMC 純利益

売り上げ、純利益共に24期から急激に増加しています

安定的に黒字をだしているのは好印象ですね

ただ、成長性はやや物足りない感じがします

業績は可もなく不可もなくといった感じでしょう(^^;;

JMC(5704)のIPO各社割当枚数

続いてIPO JMC(5704)の各社割当枚数の紹介です

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
9,000枚
810枚
1
幹事SBI証券
500枚
225枚
2
SMBC日興証券
400枚
40枚
3
静銀ティーエム証券
100枚
-枚
-
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-

※目論見書に記載後に更新

主幹事は野村証券なので、やはり一番割当が多いのはここですね

でも、この枚数ではまず当選はできないでしょうから期待しないほうがいいと思います(^^;;

資金不要で申し込めますので、一応申し込みはしておきましょう

その他幹事ではSBI証券SMBC日興証券でもそれなりの割当がありますので、これならば申し込みする価値は十分にあると思います

あくまで個人的な意見になりますが、この2社の方が野村証券より当選の期待ができそうです

また、SBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントがもらえますので絶対申し込みしてくださいね♪

SBI証券のIPOチャレンジポイントを本当に理解してる?? 知っている限りで徹底的にまとめました!!
SBI証券で最も重要になってくるのはやはりIPOチャレンジポイントだと思います そして、IPOの新規承認が多くなってき...

ちなみに上記証券会社の口座を持っていない方は下記に開設できるまでの日数(最短の場合)をまとめてあります

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
楽天証券3営業日
東海東京証券4営業日
SMBC日興証券4営業日(アプリ使用時)
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
岡三オンライン証券1週間
むさし証券約1週間
SMBCフレンド証券10日前後
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

今から口座開設してもJMCの申しこみに間に合わないかもしれませんが、野村證券SBI証券SMBC日興証券はこの先もIPO投資をする上では必ず必要になってくる証券会社ですから、まだ口座を持っていない方は今後のためにも開設をしておくようにしてくださいね♪

JMC(5704)のIPO最終BBスタンス

JMCは「絶対に大丈夫!!」という銘柄ではありませんが、公募割れする可能性は低いと思っていますので全力で申し込みする予定です

3社同一上場ですし、地合いも悪化すれば利益は少なくなるかもしれませんが、まぁそれはしょうがないですからね

どっちにしても主幹事が野村證券なのでどうせ当選はできないでしょうからいらぬ心配になりそうですww

一応、アメリカの大統領選挙でこの先市場もどんな動きをするか読めませんから心配な方は申し込み期間ギリギリまでBBスタンスを考えたほうがいいかもしれません

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

JMC(5704)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ
このページではJMC(5704)のIPO初値予想やBBスタンス・幹事団について記載していきます 業種は「3Dプリンターおよび砂...

その他JMCの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

クラウドファンディング

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特にオススメしたいのは…

 

みんなのクレジットです

みんなのクレジット ロゴ

 

みんなのクレジットは高利回りの案件も多いですし、キャッシュバックキャンペーンも頻繁に行っているので、どんどん資産が増えていくんですよね♪

 

自分は今年の4月から投資を開始していますが、すでに7万円以上の利益を上げることができました

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

ちなみに今なら下記リンクからの口座開設で2,000円が貰えるというお得なキャンペーンを実施中です

 

みんなのクレジット 口座開設 10

 

しかも12/6までなら30万円以上投資した方に15,000円が上乗せされるクリスマススペシャルボーナスも合せて実施しています!!

 

みんなのクレジット クリスマススペシャルボーナス

 

ソーシャルレンディングを始めるには最高のタイミングだと思いますので、ぜひこの機会を逃さないでくださいね♪

 

みんなのクレジットのキャンペーンはこちら

みんなのクレジットの評判は?? 投資してみて分かったメリット・デメリットを徹底紹介!!
ソーシャルレンディングサービスのみんなのクレジットですが今回"口座開設"、"投資"、"分配金の配分"と一通り全て経験できましたので実...

 

 

スポンサーリンク
みんなのクレジット
みんなのクレジット

フォローする