当選を期待していいの?? ライブスター証券がついにIPOを取り扱い開始!!

すでに様々な所で取り上げられていますので、ご存知の方も多いと思いますが…

ライブスター証券がIPOの取り扱いを発表しました!!

少し前からマイページにIPOの項目ができていたので、「お!! ライブスター証券もIPO取り扱いか!?」と期待されていましたが、ここにきてついに発表です(^ ^)

IPO投資家としては嬉しいアナウンスですね♪

ライブスター証券 IPO 1

後日改めてライブスター証券のIPOについてまとめたページを作成する予定ではありますが、今回は一足早くIPOルールの肝心な部分を簡単に紹介させていただきます(^ ^)

スポンサーリンク

資金不要で申し込める

まず、なんといっても嬉しいのが資金不要でIPOに参加できるということろでしょう

わざわざ入金する必要がありませんので、これはホントに助かります(^ ^)

今まで資金不要で申し込める証券会社は野村證券、岡三オンライン証券、いちよし証券の3社でしたが、ここにライブスター証券も仲間入りですね

抽選配分率は100%

また、配分も抽選組みには嬉しい100%抽選配分です

マネックス証券を筆頭にGMOクリック証券、カブドットコム証券などネット証券は100%抽選配分が多いので、この辺りは他社にあわせてきた感じでしょうか??

でも期待を裏切らない点は流石ですね♪

また、抽選方法は”乱数を付与し、機械的方法での完全ランダム抽選”になるとのことです

申込みはちょっと面倒

システム上にもIPOの項目ができたので、てっきりそちらから申込みすると思っていたんですが、どうやら違うようです

IPOは問い合わせから申込みする形になるとのこと。

応募銘柄を記入してメールするというなんともトリッキーな仕様になっています

こんな感じで申し込みするみたいですよ(^ ^)

ライブスター証券 IPO 申し込み

もちろん、自分は今までIPOの申込みを何回もしていますが、こんな申込み方法は初めてです

また、当選した場合もライブスター証券からメールが来るので、そちらに返信して購入意思を伝える形になります

この方法は始めのうちだけで、いずれはIPOの項目から申込みできるようになるとのことなので、少しの辛抱ですね(^^;;

でも当選を期待してはいけない

ライブスター証券のIPOルールは”資金不要で100%抽選配分”と、いいことばかりのように感じます

でも残念ながら

当選期待度は高くありません

というのも、恐らくライブスター証券はほぼ正規幹事に入ることはなく、委託販売という形で取り扱うはずだからです

もちろんライブスター証券は主幹事になれません

委託販売の場合は当選枚数が数枚しかありませんが、その数枚に何百人、何千人が申し込みをしますから、もの凄い争奪戦になります

委託販売が多い証券会社だと当選確率を発表してくれる楽天証券がいい例になると思いますが、楽天証券の当選確率は下記の通りで…

銘柄倍率当選確率
プラッツ527倍0,19%
日本スキー場開発165倍0,60%
平山1,239倍0,08%
パルマ340倍0,29%
GMOメディア1,450倍0,07%
かんぽ生命保険1,340倍0,07%
ゆうちょ銀行265倍0,38%
日本郵政329倍0,30%
ベルシステム24HD3倍33,33%
アートグリーン3,112倍0,03%
はてな844倍0,12%
ブラス547倍0.18%
串カツ田中331倍0.30%
JR九州113倍0.88%
B・J・L230倍0.43%
JMC1,172倍0.08%
ソレイジア・ファーマ57倍1.7%

当選確率0.1%なんてざらですからね

ちなみに0.1%だと1,000人に1人しか当選できないということです

ライブスター証券は資金不要で申し込めることから、たぶん楽天証券以上の低い当選確率になると思いますので、当選できる人ってほんの一握りだと思います(^^;;

残念ではありますが、もしA級IPOやS級IPOで取り扱いがあったとしても過度な期待はしないほうがいいかもしれません

まとめ

ライブスター証券のIPO取り扱いは非常に嬉しいです、でも心の底からワクワクしている感じはありません

委託販売している証券会社では一回も当選したことがないですからね( ;  ; )

IPOをずっとやってきている人は自分の気持ちがわかると思います

でも「じゃあ、申込みしないの??」と聞かれたら「絶対申し込みする!!」って答えます

やっぱり資金不要といわれたら、申し込みしないわけにはいきません

こんな好条件で申込みしないなんて、IPO投資家の名がすたりますし、目の前に落ちているチャンスを捨てることはできませんから。

期待はあまりできませんが、当選確率はゼロではないので積極的に挑戦するつもりです

後半は少々ディスってしまいましたが、ライブスター証券はIPOというよりも、手数料の安さや立会外分売など、IPO以外の方が魅力的なポイントが多いと思います

口座を持っていればIPO以外でも投資の幅が広がると思いますね♪

ちなみにライブスター証券は口座開設後約2ヶ月間株式手数料無料になるんですが、自分はこの期間中の制度信用の優待タダ取りは全てライブスター証券で行って、手数料をだいぶ節約できました

優待タダ取りをやっている人はこの特典だけでも、口座開設をする価値はあると思いますよ(^ ^)

ライブスター証券の公式サイト

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク
直近IPOをチェックしよう!!

最新BBスケジュール


下記の表は管理人の独断と偏見によるものです。投資はあくまで自己責任でお願いいたします

銘柄
上場日
BB期間
評価
4/18
【公開価格】1,370円
B〜A
4/25
【公開価格】2,000円
A