日宣(6543)のIPO直感的初値予想!!

仮条件が決定しましたので今回はBB期間が2/1から始まる日宣(6543)のIPO直感的初値予想をしていきたいと思います(^ ^)

2017年第一弾IPOのシャノンが予想以上に健闘してくれましたので、この雰囲気ならば日宣もそこそこ期待できそうです

今年初となる大和証券主幹事IPOなので、抽選組みもいつも以上に力が入るIPOになりそうですね♪

日宣 ロゴ 1

スポンサーリンク

IPO日宣(6543)の仮条件

まずはIPO日宣(6543)の仮条件を紹介させていただきます(^ ^)

【仮条件】

1,540円 〜 1,600円

想定価格が1,540円でしたので、60円上ブレ!!

やや強気の設定となりました(^ ^)

この設定をみる限りは機関投資家からもそれなりにいい評価が得られたということだと思いますね

個人的にはこのくらいの上ブレが一番好きなので、非常にいい印象を持ちました

それにしても2017年に入って、いまのところ株式IPOは3連続で上ブレしているので、絶好調です♪

日宣(6543)のIPO直感的初値予想

続いて本題である、日宣(6543)IPO直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

日宣 ロゴ 3

1,900円 〜 2,700円

(公募比約1,2倍〜公募比約1,7倍)

日宣(6543)のIPOスペック考察

まずは初値パフォーマンスに大きな影響を与える吸収金額から見ていきましょう(^ ^)

上記でも言ったとおり、仮条件はやや上ブレしましたので最大4.6億円となり、想定価格に比べるとほんのちょっと大きくなりました

上場市場はマザーズではなくジャスダックになりますが、それでも需給面でのアドバンテージはまだまだあると思います

5億円以下のIPOで公募割れすることは過去の例からいってもかなり少ないで、この時点で安心できますね

また、業種は”広告などのコミュニケーションサービスの提供”と人気化しないまでも、不人気というわけではありませんので、投資家に悪い印象は与えないと思います

初値を押し上げるほどではありませんが、マイナス要素にはならないはずです

全体的なIPOのスペックは悪くないと思います(^ ^)

会社設立が1953年と古いのが気にはなりますが、上場スケジュールも悪くありませんし、プラスリターンの可能性は高いです

地合いがさらによくなれば2倍も狙えるかもしれません!!

日宣(6543)のIPO業績

続いてIPO日宣(6543)の業績をご紹介です(^ ^)

【売り上げ】

ニッセン 売り上げ

【純利益】

ニッセン 純利益

途中から連結になっているのでわかりにくいですが、売り上げは増加傾向、純利益も安定して黒字をだしています

業種的にもこの先の急激な成長は見込めませんが、この業績ならば十分及第点を上げていいでしょう

むしろ老舗企業という点を考えると頑張ってるのでは!?

日宣(6543)のIPO各社割当枚数

続いて日宣(6543)のIPO各社割当枚数の紹介です

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事大和証券
2,250枚
450枚
1
幹事SMBC日興証券
100枚
10枚
4
いちよし証券
50枚
5枚
5
岩井コスモ証券
50枚
5枚
5
SBI証券
25枚
13枚
3
マネックス証券
25枚
25枚
2
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-

※目論見書に記載後に更新

一番当選を期待できるのはやはり主幹事に君臨している大和証券で決まりです

当選枚数が最も多い証券会社になりますので、最優先で申込みをしてくださいね(^ ^)

個人的に2016年は大和証券でいいIPOが全く当選しなかったので、今年はリベンジしたいと思います

まずは、挨拶代わりに日宣をゲットしたいです(笑)

しかも、今回は上位幹事であるSMBC日興証券いちよし証券岩井コスモ証券、さらにはネット証券のSBI証券マネックス証券、今回は全ての幹事からネット申込みが可能!!

当選を目指す方はできるだけ多くの証券会社から申込みをしてください

申込み数を多くすれば、それだけ抽選日はドキドキできますよ♪

ちなみに「資金が少なくて申込みができない!!」という方は、資金を効率よく使えるいちよし証券岩井コスモ証券を上手に使っていきましょう

岩井コスモ証券の口座開設について、IPOルールや抽選方法、IPOの取り扱い実績から自分の今までの当選実績、さらにはちょっとした小技まで詳しく解説しています

また、上記証券会社の口座を持っていない方は下記に開設できるまでの日数(最短の場合)をまとめてあります

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
楽天証券3営業日
東海東京証券4営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
岡三オンライン証券1週間
むさし証券約1週間
SMBCフレンド証券10日前後
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

今から口座開設しても申しこみに間に合わないかもしれませんが、この先もIPO投資をする上では必ず必要になってくる証券会社ですから、まだ口座を持っていない方は今後のためにも開設をしておくことをオススメしますよ

日宣(6543)のIPO最終BBスタンス

 
証券会社
抽選結果
主幹事大和証券
選外
幹事SMBC日興証券
補欠
いちよし証券
不参加
岩井コスモ証券
後期
SBI証券
落選
マネックス証券
落選
委託岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
安藤証券(?)
取り扱いなし

個人的には承認時からそこそこ評価しているIPOなので、BBスタンスは変更なく全力参加!!

当選できれば堅く数万円の利益は見込めると思っています

その前に安江工務店が上場しますが、変な”へま”をしなければ、日宣もいい結果を残してくるはずです♪

2017年もできるだけ早く初当選したいので、大和証券からいい報告が届くことを期待したいと思います

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます
http://ipomechanic.com/?p=26164

その他日宣の初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク
直近IPOをチェックしよう!!

最新BBスケジュール


下記の表は管理人の独断と偏見によるものです。投資はあくまで自己責任でお願いいたします

銘柄
上場日
BB期間
評価
4/18
【公開価格】1,370円
B〜A
4/25
【公開価格】2,000円
A