ネットマーケティング(6175)のIPO直感的初値予想!!

今回はBB期間が3/13から始まるネットマーケティング(6175)のIPO直感的初値予想をしていきます(^ ^)

ネットマーケティングはSBI証券主幹事に加えて、3月のオーラスIPOということで注目度は相当高いでしょう。

自分は承認された時に、あまりいい印象を持たなかったんですが、最近の地合いを見て、そこそこ魅力的に感じるようになりました

人気化必須のIPOになりそうです!!

スポンサーリンク

IPOネットマーケティング(6175)の仮条件

まずはIPOネットマーケティング(6175)の仮条件を紹介させていただきます(^ ^)

【仮条件】

1,040円 〜 1,140円

おっと、これは3月IPOの中でも一際上ブレさせてきました

想定価格は1,010円でしたので、超強気設定です!!

下限が想定価格以上の価格ですから、なかなかやりますね

流石にここまでとは思いもよりませんでした。。。

でも、恐らく今の地合いならば何も問題なく普通に上限で決定するでしょう!!

下ブレするよりは上ブレするほうがいいにはいいですが、個人的には上ブレしすぎも「ちょっとな~」という感じがします

メカニック
普通に100円くらいの上ブレに抑えて欲しかったです

ネットマーケティング(6175)のIPO直感的初値予想

続いて本題である、ネットマーケティング(6175)IPO直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

1,500円 〜 2,000円

(公募比約1.3倍〜公募比約1.8倍)

ネットマーケティング(6175)のIPOスペック考察

ではまずはネットマーケティング(6175)のスペックから再確認していきましょう

まず、IPOで大事な要素の一つである吸収金額ですが、強気の仮条件になったことで、吸収金額は最大12.6億円となり、想定価格ベースと比較して約1.7億円増加しました!!

市場がジャスダックとなりますので、需給面的にはぼちぼちといった所でしょうか

10億円未満なら小型といえますが、この規模だと小型〜中型サイズになりますかね

需給面で大きなアドバンテージはないにしても、荷もたれ感は感じませんので、問題はないと思います

多少の有利性はありそうです(^ ^)

また、業種も”「Omiai」というアプリの運営”や”メディアの運営”ということで、ネット系に分類されますから不人気な分野ではありません。

人気化は難しいと思いますが、ひとまず投資家に悪い印象はあたえないでしょう。

また、3月のオーラスIPOですし、単独上場となりますのでスケジュールも多少恵まれています。

あとは地合い次第でかなり左右されるといった感じですかね(^^;;

もし、前日に上場するスシローが大ゴケして、悪い雰囲気になればこのネットマーケティングも被害を被りそうなので、この辺は注意したいところです。

メカニック
スペック的には悪くはありませんが、物足りない印象もあるので、過度な期待はしない方がいいかもしれません

ネットマーケティング(6175)のIPO業績

続いてIPOネットマーケティング(6175)の業績をご紹介です(^ ^)

【売り上げ】

【純利益】

売り上げ右肩上がり、純利益は増加傾向ですが、直近はやや垂れています。。

成長性は感じますが、ちょっと心配な面があるのも否定できません。

投資家に悪い印象はあたえないと思いますが、プラス要素にはならなそうですね(^^;;

ネットマーケティング(6175)のIPO各社割当枚数

続いてネットマーケティング(6175)のIPO各社割当枚数の紹介です

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SBI証券
8,256枚
3,716枚
1
幹事SMBC日興証券
480枚
48枚
2
東洋証券
192枚
0枚
-
エース証券
192枚
0枚
-
藍澤證券
96枚
0枚
-
水戸証券
96枚
0枚
-
岩井コスモ証券
96枚
10枚
3
SMBCフレンド証券
96枚
0枚
-
極東証券
96枚
0枚
-
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
カブドットコム証券(?)
-枚
-枚
-

※目論見書に記載後に更新

一番当選が期待できるのは、やっぱり主幹事のSBI証券で決まり!!

    SBI証券は自分が一番初めに口座開設した証券会社です   そして、数ある証券会社の中でもIPO投資という項目に焦点を当てると、他にはない"かなり面白いシステム"を数多く持っています(^ ^)     インターネットからIPO投資をしようと考えている人には一番始めに口座開設したほうがいい証券会社の一つといってい...

平幹事と比較しても、かなりの差があると思います

自分はピーバンドットコムでなんとか当選できたので、この勢いのままネットマーケティングもガンガンに攻めるつもりです(^ ^)

ピーバンドットコム(3559)のIPOがSBI証券で当選したので資金額を紹介します!!
SBI証券が主幹事を務めるIPOピーバンドットコムの抽選結果がついにでました!! 抽選組にとっては3月IPOで当選でき...

そして、ピーバンドットコムが高パフォーマンスを見せてくれたことから、ネットマーケティングでIPOチャレンジポイントを使おうと考えている人もいると多いと思いますが、ここは申し込み期間ギリギリまで考えた方がいいと思います

やはり、ピーバンドットコムの時は地合いが後押ししてくれた面もありますから、ネットマーケティングが上場する時に地合いが悪化していた場合は、こう上手くはいきません。

最後の最後まで慎重に判断してくださいませm(_ _)m

IPOチャレンジポイントのボーダーラインは今の感じだと150ポイント以上は余裕で必要になってくるでしょうね(^^;;

そして、SBI証券以外ですとSMBC日興証券岩井コスモ証券藍澤證券の3社からしか申し込みができません

抽選組は申し込みできない証券会社が多いので気をつけましょう!!

また、上記証券会社の口座を持っていない方は下記に開設できるまでの日数(最短の場合)をまとめてあります

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
楽天証券3営業日
東海東京証券4営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
岡三オンライン証券1週間
むさし証券約1週間
SMBCフレンド証券10日前後
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

今から口座開設しても申しこみに間に合わないかもしれませんが、この先もIPO投資をする上では必ず必要になってくる証券会社ですから、まだ口座を持っていない方は今後のためにも開設をしておくことをオススメしますよ

メカニック
もちろん、当選しても利益が出るとは限りませんので、そこはお忘れなくっ!!

ネットマーケティング(6175)のIPO最終BBスタンス

 証券会社抽選結果
主幹事SBI証券
落選
幹事SMBC日興証券
補欠
東洋証券
ネット申込不可
エース証券
ネット申込不可
藍澤證券
口座開設が間に合えば参加
水戸証券
ネット申込不可
岩井コスモ証券
後期
SMBCフレンド証券
ネット申込不可
極東証券
ネット申込不可
委託幹事岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
カブドットコム証券(?)
取り扱いなし

ネットマーケティングのBBスタンスですが、強気で申し込みします!!

スペック的にはやや不安な面もありますが、今の地合いが続けば普通に初値高騰してもおかしくありません(^ ^)

当選できればプラスになる可能性性が非常に高いと思います

SBI証券が主幹事ということで、資金をできるだけ集中させるつもりです!!

でも優待のつなぎ売りで資金が拘束されているので、ピーバンドットコムの時よりも集められそうもないですよね〜( ;  ; )

気持ちは先ほどもいったようにガンガンですが、資金は寂しい結果になりそうです

とはいえ、奇跡の連続当選を目指しますよ♪

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

ネットマーケティング(6175)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ
ネットマーケティング(6175)のIPOが新規承認されました 2017/3/31に上場予定で業種は「広告主企業に対し、...

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク
直近IPOをチェックしよう!!

最新BBスケジュール


下記の表は管理人の独断と偏見によるものです。投資はあくまで自己責任でお願いいたします

銘柄
上場日
BB期間
評価
4/18
【公開価格】1,370円
B〜A
4/25
【公開価格】2,000円
A