口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円+株主優待本

LIXILビバ(3564)のIPO直感的初値予想!!

今回はBB期間が3/28から始まるLIXILビバ(3564)のIPO直感的初値予想をしていきます(^ ^)

LIXILビバは4月で最も当選しやすいIPOであり、地合いもバブリーな様相を呈しているので、BBスタンスが変更した人も多いのではないでしょうか??

なんかちょっと行けそうな雰囲気になってきているようにも感じますね(^ ^)

スポンサーリンク

LIXILビバ(3564)のIPO仮条件

まずはLIXILビバ(3564)のIPO仮条件を紹介させていただきます(^ ^)

【仮条件】

1,950円 〜 2,200円

想定価格は2,120円でしたので、80円上ブレの強気設定となりました。

個人的には直近の地合いを考慮して上ブレさせてきたのではないかと思っています。

ただ、80円ほどならば許せる範囲といったところでしょうか??

油断はできませんが、余程申し込み期間終了までに地合いが悪化しなければ公募価格は上限の2,200円で決定しそうです(^ ^)

とりあえずウェーブロックホールディングスよりは人気化することは間違いなさそうですね

メカニック
大幅に上ブレさせてこなかっただけ”良し”と考えます

LIXILビバ(3564)のIPO直感的初値予想

続いて本題である、LIXILビバ(3564)IPO直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

2,000円 〜 2,600円

(公募比約0.9倍〜公募比約1.2倍)

LIXILビバ(3564)のIPOスペック考察

ではLIXILビバ(3564)のスペックを確認していきます!!

まず吸収金額ですが、仮条件が上ブレしたことによって最大482億円となり、想定価格ベースと比較すると17億円ほど大きくなりました。

吸収金額を考えるとそこまで増加してないような錯覚に陥ってしまいますが、17億円というと中型マザーズIPOくらい。

そう考えると結構増加したように感じますよね(^^;;

一応海外募集などもありますが、大型IPOに変わりはないので需給面で不利になることは間違いありません。。

ただ、仮条件の下限で決まったとしても時価総額が250億円以上になりますので、東証1部はほぼ確定です。

2部だったら公募割れの可能性が非常に高かったでしょうから、市場についてはとりあえず安心しました。

続いて業種ですが、こちらは”ホームセンターの運営、住宅リフォーム事業”となりますので、残念ながら人気化は難しいです

初値に対してプラスに働くことはないと思います。

また、売り出しが多いのも投資家にはいい印象を与えませんからここも少し引っかかるところ(^^;;

残念ながらマイナス要素は多くあるんですよね。

ただ、現在は地合いが最高に良好なので、これが全てのマイナス要素を凌駕するプラス要素になる可能性もあります。

大型IPOで不人気業種という面から見れば、公募価格前後での初値形成が濃厚ですが、今の地合いが続けばプラス側に触れることも十分にありそうです。

メカニック
通常ならば公募割れ濃厚のIPOだと思いますが、今の地合いならばプラスリターンになるかもしれません。株主優待があれば最高でしたが、上場後に新設する期待は持てます。

LIXILビバ(3564)のIPO業績

続いてLIXILビバ(3564)の業績をご紹介です(^ ^)

【売り上げ】

【純利益】

数字が大きいので見にくいかもしれませんが、単体で見ても、売り上げは緩やかな右肩上がり、売り上げも22期からは増加傾向です。

東証1部ということを加味すると、業績は意外と悪くありません(^ ^)

継続して黒字を出しているので、これは安心感がありますね

LIXILビバ(3564)のIPO各社割当枚数

続いてLIXILビバ(3564)のIPO各社割当枚数の紹介です

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
91,759枚
8,258枚
1
幹事SMBC日興証券
39,323枚
3,932枚
2
三菱UFJモルガンスタンレー証券
6,096枚
609枚
5
みずほ証券
6,096枚
609枚
5
大和証券
6,096枚
1,219枚
3
SBI証券
1,524枚
686枚
4
エース証券
1,524枚
0枚
-
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
カブドットコム証券
-枚
-枚
-

※目論見書に記載後に更新

もちろん、当選確率が最も高いのは主幹事野村證券で間違いありません!!

当選を目指すならばここを最優先に申し込みしましょう(^ ^)

さすがにこの規模ならば一般的に当選しにくいと言われている野村證券でも期待はできると思いますね♪

ちなみに自分はLIXILビバよりも規模が小さいオークネットが野村證券で当選しましたので、密かに今回も「行けるのでは??」と思っています 笑

当選したら喜んでいいの?? オークネットと日本再生可能エネルギーインフラ投資法人のIPO抽選結果はこうなりました
なんとも言えないオークネット。 そして、当選する気のない日本再生可能エネルギーインフラ投資法人。 なんと...

また、LIXILビバは当選枚数が多いので平幹事からも十分当選が狙えます

特にSMBC日興証券三菱UFJモルガンスタンレー証券の2社は当選できる可能性が高いです

ただ、この2証券はIPOに当選した後にキャンセルするとペナルティがありますので、参加するかどうかは慎重に考えてください。

キャンセルするかもしれない人はみずほ証券大和証券SBI証券の3社はペナルティがありませんので、こちらから参加するのがいいと思います。

エース証券以外からはネットから申込可能なので、強気で行けば複数当選も狙えそうな銘柄ですね(^ ^)

また、上記証券会社の口座を持っていない方は下記に開設できるまでの日数(最短の場合)をまとめてあります

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
楽天証券3営業日
東海東京証券5営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
岡三オンライン証券1週間
むさし証券約1週間
SMBCフレンド証券10日前後
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

今から口座開設しても申しこみに間に合わないかもしれませんが、この先もIPO投資をする上では必ず必要になってくる証券会社ですから、まだ口座を持っていない方は今後のためにも開設をしておくことをオススメしますよ

メカニック
全力で行けば1枚は当選できそうなIPOです。

LIXILビバ(3564)のIPO最終BBスタンス

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
申し込み忘れ
幹事SMBC日興証券
当選
三菱UFJモルガンスタンレー証券
次点
みずほ証券
落選
大和証券
選外
SBI証券
落選
エース証券
ネット申込不可
委託岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券
後期
安藤証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
カブドットコム証券
後期

LIXILビバは参加するかどうか非常に悩んでいますが、今回はとりあえず申し込み期間ギリギリまで待って、地合いの好調が続けば参加する方向にします!!

もし、地合いが悪化した場合はSBI証券のみの参加に切り替えるので、上記のスタンスは変更の可能性があるということはご承知おきください。

承認時からそんなに悪いIPOだと思っていないので参加するとは思いますけどね。

当選確率も高いと思いますのでみんながハッピーになれるIPOになることを期待しています(^ ^)

もちろん公募割れもありえますから、参加する方はそのリスクもしっかりと理解しておきましょう!!

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

LIXILビバ(3564)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ
LIXILビバ(3564)のIPOが新規承認されました 2017/4/12に上場予定で業種は「家庭日用品、インテリア用...

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

9月のIPOに参加する準備はできていますか??

 

9月も続々とIPOが規承認され始めました!!

 

でも中には「参加したいけど、資金が少なくて思うように参加できない」という人はいませんか??

 

そんな方へオススメしたい証券会社は…

 

岡三オンライン証券です。

 

 

岡三オンライン証券なら資金不要でIPOの抽選に参加できます。

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

過去には日本郵政グループ、JR九州など注目度の高いIPOを数多く取り扱いしました♪

 

今後のIPO投資でも欠かすことができない証券会社ですよ。

 

また、そんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円+株主優待本まで貰えるという一石二鳥、いや、一石三鳥のタイミングなので、このお得な期間を逃さないでくださいね♪(9月30日まで)

 

ちなみに岡三オンライン証券は6月に初値高騰したDMソリューションズも取り扱いましたので、今後も期待大ですよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク