“WealthNavi”と”WealthNavi for SBI証券”の違いは?? 問い合わせして色々聞いてみました

最近やたらとWealthNaviやTHEOなどのロボアドバイザー投資が気になりだしたメカニックです!!

自分はサラリーマンということもあり、あまり投資に時間をかけられないことから、いかに労力をかけずにリターンを得られるかというところを大事にしています。

恐らく自分だけでなく、投資をしている人はそう考えている人が多いでしょう。

特にロボアドバイザー投資は、何もしなくてもプロの資産運用を勝手に実行してくれるので、投資にかける時間は非常に少なくて済むのが凄く魅力。

まさに自分にとっては理想的な投資なんですよね♪

現在自分はTHEOというロボアドバイザーサービスで10万円を投資していますが、順調に資産が増えていっているのも、ロボアドバイザー投資が気になりだしている理由の一つだとは思います。

THEOの収益がまさかのV字回復!? 投資開始後7ヶ月目の運用状況を紹介!!
IPO投資、ソーシャルレンディング投資が中心の自分ですが、少しだけ投資を"かじっている"ものもあります その一つがロボ...

そして、やはりTHEOをやり始めたら、もう一つ急激に人気になっているWealthNaviも試してみたくなるのが、投資家というものです 笑

ただ、WealthNaviはWealthNavi for SBI証券など色んなところで同様のサービスを実施していることもあり、「何が違うんだろ??」と少し疑問に感じていました。

今回はWealthNaviに問い合わせをして、各サービスの違いを聞いてみましたで、実際どんな違いがあるのかを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

WealthNaviが提供しているサービス

WealthNaviは現在下記で同様のサービスを提供しています。

この3つです。

実はWealthNaviはSBI証券と業務的提携したことから、SBI証券でもサービスを開始しました。

恐らくその流れから住信SBIネット銀行にも波及したと思われます。

ちなみに注意するポイントは各サービスがそれぞれで独立していることです。

例えばWealthNavi for SBI証券で投資をしたければSBI証券に口座開設する必要があります。

WealthNaviの口座を開設しても、WealthNavi for SBI証券で投資ができないので、そこは注意する必要があると思います

WealthNaviって本当に大丈夫??

WealthNaviは簡単に説明すると世界の富裕層・機関投資家レベルの運用を自動でやってくれるサービスです!!

投資リターンは見込めますが、もちろん投資なので100%利益がでるというものではありません

しかしながら、自分がWealthNaviで無料診断したところ、下記のようなパフォーマンスが見込めるという結果がでました!!

もし、300万円で投資した場合、30年後には70%の確率で678万円になるそうです!!

70%って結構な高確率ですよね♪

どんな投資でもリスクは絶対ありますので、全自動でやってくれるということを考えれば、投資先としては十分選択肢の一つになると思います(^ ^)

すでに、口座数は1万4,000件を突破していることから、数字で見ても多くの人から支持されていることがわかります

WealthNaviの提供しているサービスの違い

今回はホームページでも各サービスの違いを記載してありましたが、念のため問い合わせをして、どんな違いがあるのかをお聞きしました。

最低投資金額の違い

WealthNaviが提供している各サービスでは下記のような最低投資金額が設定されています。

実は、以前は本家WealthNaviの最低投資金額は100万円だったので、SBIグループとの間には70万円もの差があったんです!!

30万円から投資できたのはキャンペーン時のみ。

しかし、2017年に最低投資金額が引き下げられ、本家WealthNaviでも30万円から投資が可能になりました(^ ^)

とはいえ、ライバルのTHEOは1万円から投資が可能なので、個人的にはもう一段引き下げてほしいな〜というのが正直な思いです。

とはいえ、WealthNaviにはTHEOには搭載されていないDeTAX機能やリバランス機能付き自動積立があるので、この辺の兼ね合いもあるのかもしれません。

WealthNaviへの入金方法の違い

投資金を入金する方法も少し違います。

各サービスの入金方法は上記のようになっていて、一番選択肢が少ないのは”WealthNavi for 住信SBIネット銀行”です。

“WealthNavi for 住信SBIネット銀行”の場合はクイック入金だけになるので、ちょっと使いづらい点はあるかもしれません。

“WealthNavi”と”WealthNavi for SBI証券” の2つについては問題ないかなと思いますね♪

WealthNaviへのログイン方法の違い

WealthNaviへのログイン方法も多少違ってきます

どこも、ログインに関しては問題ないとは思いますが、一番わかりやすいのは本家WealthNaviだと思います。

ここからログインすればオッケー!!

WealthNavi for SBI証券のログインですが、自分はSBI証券の口座を持っているので確認してみたところ、サイドバーに”ロボアドバイザー”という項目があったので、ここからログインするみたいです。

住信SBIネット銀行も確認してみたら、専用サイトへいくバナーがありました!!

ログイン方法については、そこまで違いはありませんが、実際各ページまで行ってみた自分から言わせてもらえば、一番わかりやすいのやっぱり本家WealthNaviですかね♪

WealthNaviの運用方針の違い

一番気になるのが、各社で運用方針が違うのかというところだと思いますが、WealthNaviに質問したところ下記のような答えが返ってきました。

メカニック
WealthNaviは現在…

“WealthNavi”、”WealthNavi for SBI証券”、”WealthNavi for 住信SBIネット銀行”

の3つでサービスを提供していますが、それぞれで運用の違いはあるのでしょうか??

担当者
大変お世話になっております。

お問い合わせいただきましてありがとうございます。

運用開始後につきましては、現在、どちらをご利用いただいても、サービスそのものは違いがなくご利用いただけます

と、いうことで、各社の運用は全く変わらないようです。

自分は”WealthNavi for SBI証券”、”WealthNavi for 住信SBIネット銀行”は少しSBIグループ用に多少カスタマイズしているのかなと思いましたが、そんなことはなかったみたいです♪

お釣りで資産運用をしたい方は??

WealthNaviはお釣りで資産運用ができるマメタスという面白いサービスをリリースしました(^ ^)

このサービスは現在本家WealthNaviとWealthNavi for 住信SBIネット銀行の2サービスでのみ提供をしています。

マメタスを体験してみたいという方は上記2社どちらかで口座開設をしてくださいませ♪

WealthNaviの各サービスの違いまとめ

今回はWealthNaviの各サービスにおける違いをまとめましたが正直なところ、大きな違いはありません。

SBI証券と住信SBIネット銀行の口座をすでにお持ちの方はこちらでWealthNaviを体験するのが手っ取り早いと思います。

もし口座を持っていない場合は口座開設も一番簡単で、ログインもしやすいので本家WealthNaviの一択といっていいかもしれません(^ ^)

ちなみに自分はSBI証券、住信SBIネット銀行の口座を持っていましたが、個別で管理したかったこともあり、あえて本家WealthNaviに先日口座開設の申し込みをしましたよ!!

WealthNaviは入金さえしてしまえば資産運用を自動でしてくれるので、「投資したいけど、自分じゃできないな〜」という初心者の方から、「効率よく投資をしたい」という経験者の方、どちらの方にも適しています。

無料で自分に適した投資を診断してくれるので、気になった方は試しに診断してみてくださいね♪

きっと今まで以上に効率的な投資ができるようになると思います!!

WealthNaviで無料診断する

WealthNaviと当ブログ限定タイアップキャンペーン実施中!! 【PR】

 

SBIグループとも業務提携し、ここ最近は急激に信用度と人気を獲得しているのが…

 

WealthNaviです。

 

預かり資産と運用者数は業界NO.1!!

 

 

ロボアドバイザー界では不動の地位を確立しています。

 

そんなWealthNaviと今回タイアップキャンペーンを実施させていただくことになりました。

 

下記リンクからの口座開設限定で現金1,000円がプレゼントされます。(4月30日まで)

 

 

気になった方は試しに無料診断をしてみてくださいね。

 

タイアップキャンペーンを利用して無料診断する

 

自分が投資した時の記事は下記にありますので、よろしければこちらも一読してみてください。

 

[毎日更新] WealthNavi(ウェルスナビ)の評判や口コミは?? 30万円投資した運用実績を紹介します!!
日本でもロボアドバイザー投資という言葉がいろいろなところで聞こえるようになりました。 ネット記事はもちろん、最近はメデ...

 

最新の運用実績も公開していますよ。

 

スポンサーリンク