テンポイノベーションで主幹事が確定!!

ディーエムソリューションズ(6549)のIPO直感的初値予想!!

今回はBB期間が2017/6/1から始まるディーエムソリューションズ(6549)のIPO直感的初値予想をしていきます(^ ^)

6月IPOの第2弾です!!

6月はIPOが例年に比べて少ないので、今回紹介するディーエムソリューションズもそうですが、全部のIPOで注目度がいつもより高くなるかと思います。

一つでも当選できれば大きな利益が出せそうなので、気合だけはしっかりと入れて臨んでいきましょう♪

スポンサーリンク

ディーエムソリューションズ(6549)のIPO仮条件

まずはディーエムソリューションズ(6549)のIPO仮条件を紹介させていただきます(^ ^)

【仮条件】

2,300円 〜 2,500円

予想はしていましたので、やっぱりこうきたかという感じです。

想定価格は2,170円でしたので、超強気の仮条件となりました!!

ビーブレイクシステムズほどではありませんが、それでも余裕で1割以上アップしています。

人気化するIPOですので、しょうがない部分はありますが、最近はこのくらいの上ブレは当たり前になってきているような気がしますね(^^;;

とりあえず、機関投資家からの評価は悪くなかったということでしょうから、前向きに捉えていいとは思います。

メカニック
個人的にはもう少し、控えめな仮条件にしてほしかったというのが正直なところです。

ディーエムソリューションズ(6549)のIPO直感的初値予想

続いて本題である、ディーエムソリューションズ(6549)IPO直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

5,000円 〜 7,500円

(公募比約2.0倍〜公募比約2.5倍)

ディーエムソリューションズ(6549)のIPOスペック考察

では、ディーエムソリューションズ(6549)のスペックを考察していきましょう。

先ほど紹介下通り、仮条件が上ブレしましたので、吸収金額が最大5,65億円となりました。

想定価格ベースと比較すると0.7億円ほど大きくなってしまいましたが、それでもまだまだ規模としては小型になります。

普通に考えれば、需給面で有利になるサイズですね(^ ^)

そして上場予定市場はジャスダックということで、IPOで一番人気のマザーズでないのが残念ですが、個人的にはそれほど影響はないと思います。

ジャスダックの小型IPOということで、この時点で公募割れの可能性は極めて低いでしょう。

IPOでは業種も大事になってきますが、ディーエムソリューションズはダイレクトメール事業やSEOコンサルなどを手がけているネット系企業になります。

革新性があるような業種ではありませんが、地味とまではいきませんので、こちらも投資家から一定の評価を得られるはずです。

さらにスケジュールも単独上場の上にビーブレイクシステムズから5日ほどの空白期間がありますから、こちらも問題ありません。

個人的にはめちゃくちゃ高スペックなIPOではありませんが、大きなマイナス要素が見当たらないので、現状の地合いも考慮して2倍以上の強気の初値予想にさせていただきました(^ ^)

メカニック
ジャスダックはマザーズと比較すると当たりはずれがありますが、これは当たりのIPOだと思います

ディーエムソリューションズ(6549)のIPO業績

続いてディーエムソリューションズ(6549)の業績をご紹介です(^ ^)

【売り上げ】

【純利益】

売上は綺麗な右肩上がり、純利益は波が少しありますが一応増加傾向ではあります。

今期が大幅に利益がでているので、業績はとりあえず問題はないでしょう。

成長性も感じるので及第点は与えてもよさそうですね♪

ディーエムソリューションズ(6549)のIPO各社割当枚数

続いてディーエムソリューションズ(6549)のIPO各社割当枚数の紹介です

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SBI証券
1.672枚
753枚
1
幹事野村證券
79枚
8枚
2
みずほ証券
59枚
6枚
3
岩井コスモ証券
20枚
2枚
4
エイチエス証券
20枚
2枚
4
エース証券
20枚
0枚
-
岡三証券
20枚
2枚
4
髙木証券
20枚
0枚
-
水戸証券
20枚
0枚
-
藍澤證券
10枚
0枚
-
SMBCフレンド証券
10枚
0枚
-
極東証券
10枚
0枚
-
東洋証券
10枚
0枚
-
委託岡三オンライン証券
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
目論見書に記載後に更新

やはり、最優先で申し込みをするのは主幹事のSBI証券で間違いありません!!

「どこに申し込んでいいかわからな〜い」というIPO初心者の方は、SBI証券を必ずおさえてください(^ ^)

SBI証券の場合は申し込み枚数を多くすればするだけ当選確率がアップしますので、出来るだけ多くの枚数を申し込みしましょう。(申し込み枚数分の資金も必要)

そして、ビーブレイクシステムズ同様にディーエムソリューションズでも、IPOチャレンジポイントが重要になってくると思います。

SBI証券のIPOチャレンジポイントを本当に理解してる?? 知っている限りで徹底的にまとめました!!
SBI証券で最も重要になってくるのはやはりIPOチャレンジポイントだと思います そして、IPOの新規承認が多くなってき...

ただ、おそらくディーエムソリューションズは当選枚数が少ないプラチナチケットなので、250P以上は必要になってきそうです。

しかもポイントを使って当選しても割当枚数が100株になる可能性もあり、そうなってしまうとポイントパフォーマンスが低下してしまいます。

せっかく長い時間かけて貯めたポイントですから、この辺りはよく考えながら使うかどうか考えてくださいね(^ ^)

ちなみに、過去のボーダーラインは下記記事にまとめていますので、気になる方はそちらを参考にしてくだい。

SBI証券主幹事IPOにおけるIPOチャレンジポイントの予想ボーダーラインまとめ!!
SBI証券が主幹事をつとめるIPOがでてくると、一番に気になるのがIPOチャレンジポイントを使うかどうかだと思います ...

その他、野村證券みずほ証券エイチエス証券、さらには後期型の岩井コスモ証券からもネット申し込みが可能です。

いつも書いているので繰り返しにはなってしまいますが、資金が少ない方は岩井コスモ証券を上手に使ってくださいね♪

あとはエイチエス証券にもポイントシステムがありますが、ディーエムソリューションズでは絶対に使わないようにしましょう!!

最近は10万ポイント以上投入しないと勝負になりませんので(^^;;

エイチエス証券のIPOポイントはもはや意味がない!? ポイントパフォーマンスが急低下しているようです!!
「こ、これは一体どういうことだ??」 エイチエス証券は、正式幹事入りしている証券会社で唯一当選倍率を教えてくれる証券会...

また、上記証券会社の口座を持っていない方は下記に開設できるまでの日数(最短の場合)をまとめてあります

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
楽天証券3営業日
東海東京証券5営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
岡三オンライン証券1週間
むさし証券約1週間
SMBCフレンド証券10日前後
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

今から口座開設しても申しこみに間に合わないかもしれませんが、この先もIPO投資をする上では必ず必要になってくる証券会社ですから、まだ口座を持っていない方は今後のためにも開設をしておくことをオススメしますよ

メカニック
SBI証券に資金を集中させて臨みましょう

ディーエムソリューションズ(6549)のIPO最終BBスタンス

 
証券会社
抽選結果
主幹事SBI証券
落選
幹事野村證券
落選
みずほ証券
落選
岩井コスモ証券
後期
エイチエス証券
落選
エース証券
ネット申込不可
岡三証券
落選
髙木証券
ネット申込不可
水戸証券
ネット申込不可
藍澤證券
ネット申込不可
SMBCフレンド証券
ネット申込不可
極東証券
ネット申込不可
東洋証券
ネット申込不可
委託岡三オンライン証券
落選
楽天証券(?)
取扱いなし
松井証券(?)
取扱いなし
安藤証券(?)
取扱いなし
ライブスター証券(?)
取扱いなし

ディーエムソリューションズの最終BBスタンスは悩む必要はありません!!

当然、ネットから申し込める全ての証券会社から挑戦です♪

俗に言う”全力参加”というやつですね(^ ^)

ちなみにディーエムソリューションズもSBI証券が主幹事になりますので、ビーブレイクシステムズと同様に”資金の大量投入“、”ポイント使用“、この2点が非常に大事になってくるかと思います。

意外とこういう当選枚数の少ないIPOの方が、少量の申し込みで当選する人がポロっとでてきたりするので、資金が少ない人も諦めずに参加していきましょう!!

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

ディーエムソリューションズ(6549)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ
ディーエムソリューションズ(6549)のIPOが新規承認されました 2017/6/20に上場予定で業種は「ダイレクト...

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

9月、10月とIPOが次々新規承認され始めました!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がSUS、PKSHA Technology、壽屋、ロードスターキャピタルと一気に4社の取扱を発表!!

 

 

ここにきて急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円+株主優待本まで貰えるという一石二鳥、いや、一石三鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(9月20日まで)

 

ここから年末にかけてさらに多くの取り扱いを期待できますよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク