口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円+株主優待本

COMSAのICOが5分でわかるようにホワイトペーパーの重要なポイントをまとめてみた。実はネガティブポイントも結構ありますよ。

日本初のICOプラットフォームであるCOMSA。

記念すべき第一号案件はCOMCA自身ですでにホワイトペーパーも提出されています(^ ^)

ちなみにホワイトペーパーはIPOを例にだすと”目論見書”みたいなものです。

こちらにICOについての様々な情報が書いてあります。

トークンセール期間や集めた資金の使い方、はたまた総発行量などなど。

ただ、非常に長くて読むのは大変ですし、初めてICOに参加する人は「どこをチェックしたらいいんだろ??」ってなってしまうと思います。

なので今回は海外のICO経験者である自分が、COMSAのICOにおけるホワイトペーパーで重要なポイントをまとめてみました!!

5分ほどで読めると思いますので、重要なポイントだけサクッとと知りたい方は是非一読してくださいませ(^ ^)

ちなみに今回は第一弾であるCOMSAのICOについてです。

第二弾以降はまた違いますので勘違いしないようにしてください。

もし、ICOについて知らない方がいましたらまずは下記記事をどうぞ。

ICOは仮想通貨のIPO!? 仮想通貨の新規上場を徹底解説します!!
仮想通貨にどっぷりとハマっているメカニックです。 最近は仮想通貨だけでもビットコイン、イーサリアムを中心に総額100万...

スポンサーリンク

COMSAのトークンセール期間

まずCOMSAのトークンセール期間、つまりトークンを購入できるのは…

2017年10月2日14時 ~ 2017年11月6日14時のおよそ1ヶ月です。

これだけあれば余裕をもって参加できると思います。

IPOでいうとブックビルディング期間になるわけですが、こちらと比較するとやや長く感じるかもしれません。

ただICOではこのくらいの期間は普通にありますので、特別長いというわけではないですよ。

COMSAのプレセール

10万ドル相当以上を投資する人はトークンセール前のプレセールに参加可能です。

しかもこのプレセールの場合は個別に20%ボーナスが付与されます。

プレセールはホワイトペーパーに書かれた連絡先に連絡する必要がある記載されていました。

ちなみに10万ドルは1USドル=110円と仮定すると…

1,100万円です。

ここまでぶっこめる人は少ないかなと思います。

COMSAのICOに参加するために必要な通貨

こちらはまだ、ホワイトペーパーにはかかれていませんでした。(単純に見つけられていないだけでしたらすいません。)

ただCOMSAのトップページには”USドルや日本円、Bitcoinとペッグしたトークンの発行と変換をサポートする”と書かれているので、この3通貨になるのかと思っています。

ただ、スケジュール欄には…

  • NEM
  • Ethereum

上記の2通貨が載っていますので、こちらの通貨も使えると思います。

ちなみにプレセールではBitcoin、NEM、Ethereumの3通貨で参加可能です。

COMSAトークンのレート

COMSAは1USD相当の購入に対して、1COMSAのトークンを取得できます。

単位(シンボル)はCMSです。

なのでもしBitcoinで購入できると仮定し、1BTC(1BTC= 300,000円)購入したとします。

現在1USドル = 110円なので…

約2,727CMS取得できることになります。

0.1BTCなら約272CMSですね。

こんなレートになっています。

COMSAトークンの発行数量

COMSAトークンの発行数量に上限はありません!!

よって、参加すれば誰でも取得できるということです。

IPOの場合は当選しなければ取得できませんが、COMSAのICOは誰でも好きなだけCMSを取得できますよ♪

また、COMSAトークンは第二弾以降のICO案件に利用すると5%のプレミアムが貰えるとのことなので、その後のプレミアムウォーターホールディングスCAMPFIRE(予定)に参加するつもりの人は多めに手に入れておくといいかもしれません。

で、ここからが重要になるんですが、COMSAはトークンセール終了後、トークンセール参加者に発行されるトークン数と同数のトークンが追加発行されます!!

要は発行数量が2倍になるということです!!

この増えた分のトークンは…

  • トークンセールの紹介者 10%
  • テックビューロの関係者 40%
  • テックビューロ 50%

上記の割合で配布されます。

最終的な割合はこんな感じ。

勘の良い方なら2倍になるという時点で「え!? それって…」とすぐにネガティブポイントがわかると思いますが、これは下記で詳しく説明しますね(^^;;

COMSAのICOにおける注意点

上場リスクについて

ホワイトペーパーには上場のことが記されていませんので、その後CMSトークンを売買できるかは不明です。

もしかしたら、その後に続くICOで利用できるだけのトークンになる可能性もあります。

ただ、今回のCMSトークンはテックビューロの経営陣やステークホルダー、従業員などにも配布されるので、無価値では意味がありません。

普通に考えれば“価値をつける”しかないでしょう。

Zaifで売買できるようになるというのは自然な流れかなと思います。

もちろん、全て自分の想像というか妄想ですけどね。。。

上場後の需要が薄い可能性があり!?

また、発行数量に上限がないといのは欲しい人がみんな購入できるのでいいことではありますが、逆をいえば上場後の希少性はありません

と、いうことはたとえ上場したとしても、新規に購入する人が少ないので、大した値上がりは期待できないと思います(^^;;

普通に考えれば、買い需要をトークンセール時に全部喰っちゃてますからね。

ちなみに上場後に初値高騰するのは、上限発行数量が決まっているICOが多いです。

MobileGo、EOSのように上限を儲けなくても成功した例はありますが、基本的には微妙な結果で終わることが多かったです。。。

今回のCOMSAはIPOのように買えない人がたくさんいるわけではありませんので、IPOと同じ考え方は危ないと思います。

価値がいきなり半分!?

個人的には発行数量が倍になるというのも、気になります。

トークンセール時は今のレートだと110円で1CMS購入しますが、トークンセール後は発行数量が2倍になりますので、その時点で1CMSの価値は低下するように思います。

IPOでは考えられませんが、ICOはこの辺の規制がありませんので、しっかりと理解しておきましょう!!

追記

実際のところは発行数量が2倍になったとしても、価値は低下しません。

上場されるまで、それはそのまま110円です。

しかし、発行数量が2倍になったとしたら、単純に人というのは”価値が半分になった”と思うはずです。

なので、潜在的な価値は個人的に低下したと考えておいた方がいいように感じます。

また、発行数量を2倍にしても価値は変わらないと思う方もいるかもしれませんが、ではもし発行数量を10倍にしたらどうでしょうか??

そうなったとしたら上場直後にわざわざ公募と同じ価格で購入しようと考える人っていないと思います。

なので、自分は発行数量を増やすという行為は単純に価値を低下させていると考えます。

もちろん、価値は基本的に需要と供給で決まりますので、実際はどうなるかわかりませんけどね。

あくまで自分の考えです。

まとめ

今回はCOMSAのICOの重要なポイントについてまとめました!!

個人的には話題性もあり、さらには将来性もあるテックビューロがからんでいるICOなので、軽く数億円集めると思っています。

ただ、ちょっと注意点もあるので、参加を検討している人はそこは頭に入れておいてください。

IPOのようなローリスク投資ではなく、自分はそこそこハイリスクだと思っています。

最終的には発行数量と同数量をテックビューロ関係者が貰えるということで、COMSAのICOはテックビューロ関係者が無条件で儲かる仕組みです(^^;;

まぁこの辺はIPOも一緒ですし、ICOは資金調達する方法の一つになっていますから、全く否定するつもりはありません。

もちろん、長期的にテックビューロの企業価値がどんどん大きくなっていけば、公募よりもトークンの価格が上がっていく可能性が十分にあります。

投資家も美味しい思いができるかもしれません。

自分はこの辺りのリスクも踏まえて、お試しでICOには参加するつもりです(^ ^)

また、どうやらホワイトペーパーには”CMSトークンの保有者は今後のICO案件において特別なクローズドのプレセールへ招待される特権が付与される予定”みたいですからこちらも期待しています♪

登録は無料なので、興味があるという方は登録だけはしておいてくださいませ。

ちなみに登録すると紹介リンクが発行され、そのリンク経由でCOMSAの登録をしてもらえればプレミアムがゲットできますよ♪

「メカニック経由で登録をしてもいいよ〜」という方は下記リンクからの登録をお願いいたしますm(_ _)m

COMSAの公式サイトはこちら

もし、すでにホワイトペーパーに記載されている点などありましたらコメントくださると幸いです。

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

実際、6月〜8月のIPOで一個も当選できなかったという人も多かったと思います。

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に注目を浴びているのが…

 

オーナーズブックです

 

 

オーナーズブックでは1万円から不動産投資ができ、その利回りはなんと4.5%〜14.5%!!

 

自分は過去に利回り5.0%のファンドに投資をしていましたが、早期償還が行われ、最終的には…

 

9%の利回りになったこともあります!!

 

しかもオーナーズブックには価格.comを運営しているカカクコムが出資をしているので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

カカクコムが信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

ちなみにオーナーズブックは最近テレビなどでも頻繁に紹介されるようになってきて、口座開設者が殺到しています。

 

興味がある方は早目に口座開設することをオススメしますよ。

 

オーナーズブックの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

オーナーズブックの評判は?? 実際に投資してみてわかった特徴やメリットのまとめ
現在、自分は"maneo"、"クラウドバンク"、"LCレンディング"、"ラッキーバンク"など20社以上でソーシャルレンディングをして...

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. たっちん より:

    おはようございます。メカニックさん。
    仮想通貨コムサを買うにはビットコイン、イーサリアム、ネムがないと買えないのでしょうか?直接に日本円でコムサを買えないのでしょう?
    コインチェック、ビットフライヤーで購入し、コムサのトークンに参加するのでしょうか?

    • IPOメカニック より:

      たっちんさんコメントありがとうございます。
      今の所、詳細な情報が入ってきていませんので、わかりません。
      ただ、ビットコイン、イーサリアム、ネムでは参加できると思います。
      その場合はコインチェックやビットフライヤー、Zaifで仮想通貨を購入して参加する形になりますね、

  2. たっちん より:

    返答ありがとうございました。もうしばらく様子を見ます。
    今日電話で問い合わせました、みんなのクレジットの件ですが、7月の償還は遅くても17日にすると言うことでしたが、まだ弁護士通しの話し合い中みたいで、まだ分からないと言うことでした。

    • IPOメカニック より:

      たっちんさんコメントありがとうございます。
      みんクレからもその旨がメールが来てました。
      なんだかまだまだ遅くなりそうな気がするので、しばらくは静観することにしようと思います。
      なんだか二転三転してきているので、状況についていくのがやっとです(^^;;