IPO エコノス (3136) の初値予想と詳細

エコノス (3136) 詳細

このページではエコノス (3136)IPO初値予想と詳細について記載していきます

久しぶりの札幌アンビシャスに上場するIPOが新規承認された。

北の達人コーポレーション以来となる

吸収金額は約1,0億円と超小型の案件となる。

業種は「エコ関連」ではあるがブックオフなどのリユース事業が柱となっており小売業の印象が強い。

主幹事は今年2回目の岡三証券がつとめ、幹事団では5社からなる

今回もエムケイシステムの時と同様に岡三オンライン証券での取り扱いが期待できそうだ

委託幹事入りした場合は平幹事以上に配分枚数が多くなる可能性が大きいのでしっかりと押さえておきたい

市場がアンビシャスということもありやや不安ではあるが需給面の小ささからそれなりのリターンは見込めるように思う

詳細記事はこちら

IPO エコノス ロゴ

銘柄 株式会社エコノス
事業内容古物商、電気器具・住宅設備機器・各種ソフト・楽器及びこれ等に関連
する物品の販売、書籍及びこれ等に関連する物品の販売、インターネット
を利用した物品の販売、カーボン
オフセット・プロバイダー事業、環境コンサルタント事業 
市場アンビシャス
上場日6/24
コード3136
公募100,000株
売出
OA
60,000株
24,000株
吸収金額
約1.0億(想定価格ベース)
時価総額
約4.2億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間6/5~6/11
価格決定日6/12
想定価格550円
主幹事岡三証券
幹事証券SBI証券
上光証券
SMBCフレンド証券
日本アジア証券
エース証券
委託幹事岡三オンライン証券(?)
安藤証券(?)

エコノス (3136) の仮条件

【仮条件】

550円 〜 600円

エコノス (3136) 公開価格

【公開価格】

600円

エコノス (3136) 割当枚数

 
証券会社
割当枚数
予想抽選配分枚数
個人的期待度
岡三証券
1,360枚
136枚
1
SBI証券
80枚
36枚
2
上光証券
80枚
8枚
3
SMBCフレンド証券
80枚
8枚
3
日本アジア証券
80枚
8枚
3
エース証券
80枚
8枚
3
委託岡三オンライン証券
取り扱いなし
取り扱いなし
-
安藤証券(?)
取り扱いなし
取り扱いなし
-

エコノス (3136) 抽選結果

 証券会社抽選結果
主幹事岡三証券
落選
SBI証券
落選
上光証券
口座なし
SMBCフレンド証券
ネットBB不可
日本アジア証券
口座なし
エース証券
口座なし
委託幹事岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
安藤証券(?)
取り扱いなし

エコノスの抽選結果の記事はこちら

エコノス (3136) 初値予想

【仮条件決定後の直感的初値予想】

600円 〜 800円

直感的初値予想の記事はこちら

【上場直前の独断と偏見初値予想】

950円

独断と偏見初値予想の記事はこちら

エコノス (3136) 個人的評価

IPO エコノス レーダー

【総合評価】

15/25

【スタンス】

やや強気

【市場】
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

【吸収金額】
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

【業種】
5点=ネット系+特殊 4点=ネット系 3点=特殊 2点=旬な業種 1点=その他

【公募売出比】
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

【業績】
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

その他エコノスの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

↓SBI証券の口座開設はこちら↓

↓岡三オンライン証券の口座開設はこちら↓