IPO投資の始め方 〜その2〜

ではここからは実際に”IPOとは??“という所を説明していこうと思います

といっても、あまり専門用語を使わずに砕いて説明していきますので、あまり肩に力をいれずに聞いてくださいね(^ ^)

“IPO”とは??

IPOは日本語にすると新規公開株となり、簡単にいえば…

新たに市場に株を公開して誰でも購入できるようにすること」です

株価 1

ちなみに、市場というのはよく聞く”東証1部”、”マザーズ”などのことをいいます

IPOをすると会社側はみんなに株を買ってもらえるようになり、みんなはその会社の株をいつでも証券会社を通して購入することができるようになるんです

簡単にいえば、IPOとは”誰でもその会社の株を売買できる環境にする”ということですね♪

IPO投資とは??

IPOは市場に出回る前に購入できるということもあり、その値段(公募価格といいます)は企業の価値よりも割と安く設定されています

なので上場日に売却すれば高確率で公募価格よりも高い値段で得ることが可能なんです(^ ^)

例えば下記のようになった場合を考えてみましょう

公募価格 1,000円 → 初値 2,000円

いきなりこう書かれてもよくわからないかもしれません



ちなみに、初値とは上場日についた値段になります

上記は1株の株価になりますが、だいたい100株を1セットとして配分されるので上記のようになった場合は10万円の利益がでたことになるんです♪

IPO投資とはこういう仕組みです

簡単に言えば「上場日前に手に入れて、上場日に売る」という投資方法となります

とってもシンプルなんです(^ ^)

しかし「ホントに値上がりするの??」

と疑う人もいると思いますが、本当に値上がりするんです!!

詳しいデータをいえば2015年IPOは約9割が公募価格を上回っている結果になりました

もし、全てのIPOに当選して初値で売却すれば軽く1,000万円以上の利益をあげることができたんです

もちろん、そんなことは不可能ですけどねww

また「1割は公募割れしてるじゃん」と思ってしまうかもしれませんが、この辺はある程度回避する方法もありますし、当ブログでも会社別の評価をしていますので、参考にしていただければ高確率で回避は可能ですよ

安心してください♪

また、自分はすでに3年以上このIPO投資を実践してきてすでに…

450万円ほどの利益

を得ています

信頼してもらって大丈夫です(^ ^)

自分の今までの成績は下記に記載されていますので気になった方はいていただければ幸いです

■2015年IPO成績
■2014年IPO成績
■2013年IPO成績
■2012年IPO成績

では次からは本題であるIPO投資の方法について紹介したいと思います

←IPO投資の始め方 〜その1〜に戻る

IPO投資の始め方 〜その3〜に進む→