IPO投資の始め方 〜その4〜

ここからは具体的なIPOの申し込み方法について説明していきます

抽選を受けるための大事なステップとなりますが、何回か実戦経験を踏めば体が自然に覚えてくるので大体の流れを確認してくださればオッケーです(^ ^)

IPOはいつ申し込めるの??

まず、大前提ですがIPOはいつでも申し込めるというわけではありません

各IPOでブックビルディング期間(申し込み期間)というものが定められており、その期間にしか申し込みができないんです

もし、この期間を過ぎてしまった場合は残念ながらIPOの抽選に参加することはできません

「じゃあブックビルディング期間はどうやって知ればいいの?」と思うかもしれませんが、それは各証券会社のIPOページに記載されていますので安心してください

ちなみに下記画像はSBI証券のIPO画像となりますが、ブックビルディング期間は左上にしっかりと記載されているのがわかると思います(^ ^)

SBI証券 モバイルファクトリー 当選

このIPOの場合は3/10〜3/16の間に申し込みができるということですね

こんな感じですぐに確認できますよ♪

申し込みをしたら入金をする

このブックビルディング期間内に申し込みをすれば無事抽選を受けることが可能です(^ ^)

また、申し込みの時にはそのIPOを購入するだけの資金を先に入金してかなければいけないのも頭にいれておきましょう

上記画像のIPOでは100株購入するのに1,410円×100株=14,1万円の資金が最低でも必要になります

この金額は銘柄毎に変わってきますので、毎回チェックして入金してください

もし、入金を忘れてしまうとIPOの抽選を受けれなくなってしまいます

こうなると申し込みが無駄になってしまいますので気をつけてくださいね♪

参考までに最近の傾向としては1株5,000円を超えるIPOはほぼありませんので、50万円ほど用意できれば1年間を通して、ほとんどのIPOに参加できます

抽選結果の確認

入金〜申し込みがしっかりできていると抽選日に抽選結果が発表されます

そして下記画像のように「当選」という文字が書かれていれば、そのIPOを購入できる権利を獲得です

SBI証券 モバイルファクトリー 当選

その後、購入期間内に購入申し込みを済ませれば、それで無事IPOをゲットできたことになります

ちなみに上記画像のIPOは自分が見事300株当選し、購入できたIPOですが自分はこの時は小躍りするほど喜んでしまいました♪

それでは続いては最後のステップである、売却について説明させていただきます

←IPO投資の始め方 〜その3〜 に戻る

IPO投資の始め方 〜その5〜 に進む→