あのIPOは今!? 〜第4回〜

今まで紹介したIPO銘柄は上場から上昇していない”ぱっとしていない”会社ばかりの紹介となってしまいました

そこで第4回上場から絶好調で勢いのある会社を紹介したいと思います

第4回で紹介する企業は……

株式会社リブセンス

社長は25歳と1ヶ月で史上最年少上場を果たした村上太一さん、ヤフーのトップニュースにもなったほどですのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

それではさっそくリブセンスの新規上場時の詳細を見ていきましょう

スクリーンショット 2014-01-26 8.19.37

銘柄:株式会社 リブセンス
コード:6054
市場:マザーズ
公開枚数:753200株(公募枚数450,000株 売り出し303,200株)
上場日:2011/12/7
BB期間:11/18〜11/25
公募:990円
主幹事:大和
業種:ネット系

初値 1800円

リブセンスはアルバイトの求人情報サイトの「ジョブセンス」が柱、その他にも「ジョブセンスLink」、「DOOR賃貸」などを運営しています

リブセンスの大きな特徴はなんといっても成功報酬型という点です

企業は無料で求人情報を掲載でき、成果が出た場合のみ料金を支払うというシステム

さらに、ジョブセンスを通じて採用が決まった利用者はリブセンスから「祝い金」が貰えるというのも大きな特徴

「成果報酬型」、「祝い金」というこの2点がリブセンスの大きな武器と言えるでしょう

続いて現在の状況はどうでしょうか?

現在

スクリーンショット 2014-01-26 8.39.39
ヤフーファイナンスより

株価:2348円
時価総額:651億5400万円
発行済株式枚数:27,748,800株

順調な右肩上がりのチャートで好調がうかがえますね

すでに東証一部への鞍替えも果たしております

決算時には上方修正を何度もしており毎年増収増益

すでに1:2の株式分割を3度実施しており、当初の株式枚数に戻しますと現在の株価は

なんと……

18784円

公募で当選して今まで持っていた場合は

990円 → 18784円

約19倍となっており、ガンホーまではいかないにしてもすでにテンバガーは余裕で達成しています

恐ろしいですね(^_^;A

これからのリブセンスの課題としてはジョブセンスに続く、柱となるサービスを作っていくことにつきると思います。

企業への単価アップを何度も来り返しており、これ以上の単価アップも難しい状況

時代を変えるような当たり前のサービスの発明を期待したいですね

個人的にも同年代ということもありとても応援しています

スポンサーリンク