IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
金融機関・サービス

野村ホームトレードと野村ネット&コールのIPOルールについてやっと野村証券に電話で質問できました。

 

先日の記事で野村證券のIPOルールについて記載しましたが追記で電話するといいながらなかなか時間がありませんでした(^_^;A

 

昨日少し時間が空いたので現時点で何が正しいのかわからなかったのではっきりさせる意味もこめて電話で聞いてみました!!

 

 

 

野村証券に電話で質問

 

Q.「野村ホームトレード、野村ネット&コール両方に口座を開いていますがIPOルールをみると両方BBした際には抽選申し込みが早いほうが対象になるとのことですがホントですか??」

A.「おっしゃるとおりです。両方申し込んだ場合は抽選が早い方を対象とします」

 

 

Q.「ということは両方申し込んでも片方は無駄になってしまうということでしょうか??」

A「そういうことになってしまいます。」

 

 

Q「ホームトレードとネットコールでどちらが当選しやすいとかありますか??」

A「ありません。どちらも同じです」

 

 

Q「ホームトレード、ネットコールの両方の申込者をまとめ、その後その中から抽選しているのですか??」

A「はい、そうです。」

 

 

まとめ

 

今回聞いた方からは上記のような回答をいただきました

 

どちらにしても上記の回答がただしければこれからは野村ホームトレードと野村ネット&コール両方の申し込みは無駄となりどちらでBBしても当選確率に差はないということになります。

 

個人的に気になったのはホームトレードとネットコールの両方から申込んでも結局は一つにまとめその後抽選するというところです。

 

簡単に例えると「二つの投入口がある抽選箱」と言った感じでしょうか??

 

結局はどっちから申込んでも当選確率に変わりがありませんのでホームトレードの前受金不要をとるか、ネット&コールの手数料の安さを取るかという感じになりそうですね(^_^;A

 

【追記】

※ネット&コールも前受金不要になりました 

 

ただ、片方が無駄になるだけで両方から申込むことも可能のようですのでこの辺りは今まで通りにするか片方だけにするかは人それぞれだと思います!

 

いつからこのルールになっていたのかはわかりませんが少なくとも現時点ではこのようなIPOルールになっているのは間違いありません

 

9月の野村証券でのBBではいろいろ困惑しそうですがとりあえずは各々でどのようなBBにするか決めるしかないと思います!

 

ちなみに今回電話で聞いた人はIPOに詳しい雰囲気はあまりでていなかった(?)ので何か間違いがあるかもしれませんがとりあえずは貰った答えを信じるしかないと思っています。

 

この件について詳しい事を知っている方または上記の記事で間違っている解釈がありましたらコメントくださると幸いですm(_ _)m

 

 

1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

今すぐ無料で口座開設

運営するクラウドポートの社長にFundsに込めた想いを聞いてきたので、気になる方は是非一読してみてください。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

POSTED COMMENT

  1. 万年ビギナー より:

    ネット&コールも前受け金不要では?

    • IPOメカニック より:

      コメントありがとうございます。
      万年ビギナーさんのおっしゃる通りです。
      訂正が遅れもうしわけありませんでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。