IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

【新規上場観測】sansan、freee、schoo、個人的にIPOを期待しているスタートアップを紹介

ここ数年はずっとIPOの新規承認が増加傾向でIPO投資家としては嬉しいですよね(^ ^)

今回は今後上場が期待できそうなスタートアップを紹介しようと思います。

あくまで予想ですので上場しなくても許してください 笑

sansan

sansanは去年も「IPOするのでは?」と予想されていた企業です

クラウド名刺管理サービスを提供している会社で、このサービスを使っている読者の方もいるかもしれませんね(^ ^)

sansan IPO

テレビや雑誌でも取り上げられているのをよく見るので知名度は抜群だと思います♪

またTVCMもやっているようで孤独のグルメで人気の松重豊さんを起用しておりとてもユニークなCMに仕上がっていて笑ってしまいましたww

少々IPOに時間がかかっている感じは否めませんがさすがに今年は期待できそうです

IPOの規模としてはスタートアップではありますが比較的大きめの規模になるかもしれませんね!!

 

freee

freeeクラウド会計サービスを提供している会社でここのところかなり勢いがある会社です

クラウド会計サービスを提供している会社はいくつかありますがfreeeはその中でも一番人気があるのではないかと思います

freee ロゴ IPO

自分は使ったことがないのでよくわかりませんが、確定申告なども簡単に行えるそうなので株など投資やっている人にも使えそうな印象です

リアル店舗で現金で支払ったものなどは手動で入力する必要があるので全自動というと少しいいすぎかもしれませんが楽に会計できるのは間違いありませんので興味がある方は使ってみてもいいかもしれませんね♪

 

schoo

schooは個人的にもかなりお世話になっているサービスで無料動画のオンライン学習サイトを運営しています。

IPO SCHOO ロゴ

学習といっても、プログラミングやスタートアップ、英語学習など社会人が学べる内容が多く大人のオンラインスクールといった感じです♪

そういえばクラウドワークスのCEOも授業をやっていたのを思い出しました!!

エニグモの元CEOも出ていたましたね

また代表の森さんは同年代ということもあり、親近感がわいています(^ ^)

2012年の何かのインタビュー記事で設立して5年以内で上場させるといっていたのでそろそろIPOしてもおかしくないかなと思っています!!

 

まとめ

今回紹介していただいたスタートアップはそれなりに知名度も多くご存知の方も多いのではないでしょうか??

どれもIT系ということで新規上場承認されたら人気化は間違いないと思います(^ ^)

個人的には最後に紹介したschooはよく活用させていただいていますのでIPOするならば是非当選したい銘柄ですね♪

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して様々な投資をしています。

その中でもこれから特に期待しているのが、だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスである…

Funds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

PCだけでなくスマホでも簡単に利用できるので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

今すぐ無料で口座開設

運営するクラウドポートの社長にFundsに込めた想いを聞いてきたので、気になる方は是非一読してみてください。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。