カブドットコム証券でメルカリのIPO取扱い確定!!

最短即日で口座開設が可能です。

IPOはやっぱりマザーズが一番!?2014年の市場別騰落率まとめ

IPOの初値予想する上で重要なファクターの一つとなるのが”市場”です

1年の内で
[imglist icon=”circle2″ color=”green”]

  • マザーズ
  • ジャスダック
  • 東証2部
  • 東証1部
  • REIT

[/imglist]

の5つが大半を占めますよね

やはり初値が期待できるのは断トツでマザーズだと思いますが実際の所、各市場でどのくらい騰落率が違うのかは詳しくわからないと思います

今回、データ整理の一環として2014年の市場別の平均騰落率をまとめましたのでご紹介させていただきます♪

a0002_001949

市場銘柄数平均騰落率
マザーズ44141.4%
ジャスダック1166.7%
東証1部10-1.8%
東証2部10-1.4%
REIT617.2%

2014年度は名証2部とセントレックスに上場した銘柄がありますがそれは省かせていただきましたのでご了承くださいm(_ _)m

上記データをみるとマザーズが頭2つ分くらい抜け出しておりデータからもマザーズが初値高騰しやすいというのがよくわかると思います

140%オーバーはちょっと凄すぎですねww

このデータの中で個人的にはジャスダックの騰落率が予想以上に高かったのに驚きました

平均騰落率50%以上は十分立派な数字です

もちろん銘柄に左右されると思いますがジャスダックも魅力のある市場だということがいえると思います(^ ^)

そして残念なのが”東証1部 と2部”ですね

平均騰落率がマイナスです

2部はそんな気がしていましたが1部までマイナスとは意外でした(^^;;

ただ、去年はジャパンディスプレイという最低の銘柄があったのでこれが足を引っ張ったのはいうまでもないでしょう

これを抜かせばプラスだったと思います

東証1部にはややかわいそうな年だったかもしれません(T . T)

REITに関しては日銀サプライズの影響や初のヘルスケアリートが上場などがありましたので10%以上の騰落率となり、かなり強い結果となりました

去年はREITは公募割れなしということで当たり年でしたね♪

今回のデータはあくまで”平均騰落率”になるため各市場の銘柄で強弱があるということはご注意ください

マザーズでも公募割れ銘柄はありますからね(^^;;

今年もマザーズが一番強いと思いますが個人的には枚数が多くて当選しやすい東証1部銘柄に頑張ってほしいと思います

是非とも今年は平均騰落率をプラスにして、去年のリベンジを果たしてもらいましょう!!

参考になりましたらクリックしてくださると幸いですにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

KeePer技研に参加する準備はできていますか??
下記の証券会社から申し込むことが可能ですのでまだ持っていない口座がありましたらこの先も必要になりますので早めに準備しておくことをお勧めしますよ(^ ^)

安藤証券の公式サイトはこちら安藤証券

SBI証券の公式サイトはこちらSBI証券

カブドットコム証券の公式サイトはこちらカブドットコム証券

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

6月もIPOが次々新規承認されています!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がZUU、ログリー、SIG、国際紙パルプ商事の取扱を発表!!

 

 

今年はすでに10社以上の委託幹事をしており、急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金3,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金3,000円、株主優待本まで貰えるという一石三鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(6月30日まで)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク