IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

IPOはやっぱりマザーズが一番!?2014年の市場別騰落率まとめ

 

IPOの初値予想する上で重要なファクターの一つとなるのが”市場”です

 

1年の内で

  • マザーズ
  • ジャスダック
  • 東証2部
  • 東証1部
  • REIT

 

の5つが大半を占めますよね

 

やはり初値が期待できるのは断トツでマザーズだと思いますが実際の所、各市場でどのくらい騰落率が違うのかは詳しくわからないと思います

 

今回、データ整理の一環として2014年の市場別の平均騰落率をまとめましたのでご紹介させていただきます♪

 

a0002_001949

 

市場 銘柄数 平均騰落率
マザーズ 44 141.4%
ジャスダック 11 66.7%
東証1部 10 -1.8%
東証2部 10 -1.4%
REIT 6 17.2%

 

2014年度は名証2部とセントレックスに上場した銘柄がありますがそれは省かせていただきましたのでご了承くださいm(_ _)m

 

上記データをみるとマザーズが頭2つ分くらい抜け出しておりデータからもマザーズが初値高騰しやすいというのがよくわかると思います

 

140%オーバーはちょっと凄すぎですねww

 

このデータの中で個人的にはジャスダックの騰落率が予想以上に高かったのに驚きました

 

平均騰落率50%以上は十分立派な数字です

 

もちろん銘柄に左右されると思いますがジャスダックも魅力のある市場だということがいえると思います(^ ^)

 

そして残念なのが”東証1部 と2部”ですね

 

平均騰落率がマイナスです

 

2部はそんな気がしていましたが1部までマイナスとは意外でした(^^;;

 

ただ、去年はジャパンディスプレイという最低の銘柄があったのでこれが足を引っ張ったのはいうまでもないでしょう

 

これを抜かせばプラスだったと思います

 

東証1部にはややかわいそうな年だったかもしれません(T . T)

 

REITに関しては日銀サプライズの影響や初のヘルスケアリートが上場などがありましたので10%以上の騰落率となり、かなり強い結果となりました

 

去年はREITは公募割れなしということで当たり年でしたね♪

 

 

今回のデータはあくまで”平均騰落率”になるため各市場の銘柄で強弱があるということはご注意ください

 

マザーズでも公募割れ銘柄はありますからね(^^;;

 

今年もマザーズが一番強いと思いますが個人的には枚数が多くて当選しやすい東証1部銘柄に頑張ってほしいと思います

 

是非とも今年は平均騰落率をプラスにして、去年のリベンジを果たしてもらいましょう!!

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。