IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

イワキポンプ(6237)のIPO直感的初値予想!!

 

今回はBB期間が3月3日から始まるイワキポンプ(6237)直感的初値予想をしていこうと思います♪

 

長い3月IPO合戦ですが折り返し地点に来ていますので、気を抜かずに行きましょう(^ ^)

 

イワキポンプ ロゴ 2

 

 

 

IPOイワキポンプ(6237)の仮条件

 

IPOイワキポンプ(6237)の仮条件は下記となります

 

【仮条件】

1,900円 〜 2,000円

 

想定価格は1,970円でしたので30円アップのちょっぴり強気の仮条件となりました

 

「2,000円に合わせて来そうだな~」と思っていたので、個人的にはこれは予想通りといった感じです(^ ^)

 

ただ、3月IPOは弱気の仮条件が多い中でこのイワキポンプが強気とはちょっと腑に落ちない人もいるかもしれませんね

 

そして、BBスタンスですがこちらは地味な業種で利益がでたとしてもしれていますから、SBI証券のIPOチャレンジポイントゲットに徹するつもりです(^^;;

 

 

 

IPOイワキポンプ(6237)の直感的初値予想

 

続いて本題である、イワキポンプ(6237)の直感的初値予想です

 

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります

 

イワキポンプ ロゴ 1

1,800円 〜 2,400円

(公募比約0,9倍〜公募比約1,2倍)

 

IPOイワキポンプ(6237)のスペック考察

 

 

市場は初値高騰しにくい東証2部ですが、吸収金額は約13.8億円と規模的には大きくありません

 

むしろ東証2部という市場を考えればやや小型の部類のためプラス要素になると思います

 

ただし、ポンプという目新しさがない業種ですし、6社同一上場の生贄の1社です(^^;;

 

6社も上場してしまえば資金分散の可能性が高く、注目度も極端に下がりますからね

 

ほぼ需給面頼りのIPOになると思いますので、当日の地合によっては最悪公募割れの可能性もあると思います

 

残念ではありますが弱気の初値予想としました

 

 

 

IPOイワキポンプ(6237)の業績

 

続いてイワキポンプの業績をご紹介です(^ ^)

 

【売上高】

イワキ 売り上げ

 

【純利益】

イワキ 純利益

 

売り上げは横ばい、純利益は増加傾向です

 

安定して黒字を出しているので悪くはありませんが、成長性があまり感じられない、いかにも東証2部らしい業績となっています(^^;;

 

 

 

 

IPOイワキポンプ(6237)の各社割当枚数

 

イワキポンプ(6237)の各社割当枚数も決定しています

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 大和証券
5,280枚
792+α枚
1
幹事 SMBC日興証券
300枚
30枚
2
三菱UFJMS証券
180枚
18枚
4
いちよし証券
60枚
6枚
5
エース証券
60枚
5枚
6
丸三証券
60枚
6枚
5
SBI証券
60枚
27枚
3
委託 カブドットコム証券
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚

 

 

当選を目指す方はほぼ大和証券頼みとなりそうです

 

平幹事への割り当て枚数はかなり少ないので、大和証券で落選するとかなり厳しい展開になりますね

 

とりあえず自分はSBI証券のみの参加に止めるつもりです(^ ^)

 

また、カブドットコム証券での委託販売も決まっていますので参加する方はそちらもお忘れなく。

 

 

 

IPOイワキポンプ(6237)の総評

 

東証2部のIPOということで人気化は難しいIPOだと思います

 

しかし、規模的には魅力的な部分もありますので、ついつい参加したくなってしまうIPOな感じです(^^;;

 

ただ、自分としては6社同一上場のIPOにそこまで手をだしたくないので、ここは我慢をしたいと思います

 

初値的にはどっちに転がってもおかしくないIPOといったところでしょうね

 

その他イワキポンプの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して様々な投資をしています。

その中でもこれから特に期待しているのが、だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスである…

Funds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

PCだけでなくスマホでも簡単に利用できるので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

今すぐ無料で口座開設

運営するクラウドポートの社長にFundsに込めた想いを聞いてきたので、気になる方は是非一読してみてください。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。