IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

LINE(3938)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

 

このページではLINE(3938)のIPO初値予想やBBスタンス・幹事団について記載していきます

ついに上場が噂されていたLINEが新規承認された

業種は「モバイルメッセンジャー・アプリケーション”LINE”によるコミュニケーション、コンテンツ、広告等のサービスを提供するLINEビジネス・ポータル事業」

配当は創業以来実施しておらず、株主優待も設けられていない

市場は未定で想定価格は2,800円、吸収金額は約1127.0億円時価総額は約5,880億円

この規模なら東証1部に決定する可能性が高いが、東証1部でもかなりの大型規模になるため需給面でのアドバンテージは感じられない

ただ、噂されていたほどの規模ではないためこの点は高評価が得られそうだ

注目度に関しては日本郵政グループとほぼ同等で盛り上がるIPOになるだろう

また、業績をみると売り上げについては成長性が感じられるため問題はなさそうだが、純利益は波が荒く赤字の年もあるためやや物足りない印象

先行投資をしている部分が多いため、この成長性を維持し回収できるかが課題といえる

トータル的にみて”プラス要素マイナス要素が入り混じったIPO”という印象だ

幹事団は主幹事を野村證券三菱UFJモルガンスタンレー証券ゴールドマンサックス証券JPモルガン証券の4社がつとめる

平幹事は大手証券である”みずほ証券”、”大和証券”、”SMBC日興証券“が名を連ね、ネット証券からもSBI証券マネックス証券が入っている

当選を目指すならばやはり主幹事の野村證券、三菱UFJモルガンスタンレー証券、そして上位幹事の大和証券、SMBC日興証券、抽選配分が多い”SBI証券“、”マネックス証券“だろう

特に落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券は確実に抑えておきたい

また、今回は三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事のためカブドットコム証券でも当選の期待度は高くなるはずだ

上記全ての証券会社から申し込めば当選できる可能性は非常に高いため、LINEをIPOでゲットしたい方は積極的に申し込もう

管理人はプラスリターンを予想しているため、積極的に申し込むつもりだ

仮条件が大幅に引き上げられたことにより、上値余地がなくなったと判断し、スタンスをやや強気→中立に変更しました

 

LINE ロゴ 1

 

LINE(3938)のIPO詳細

 

IPO LINE ロゴ
銘柄 LINE株式会社
市場 東証1部
上場日 7/15
コード 3938
公募 35,000,000株
売り出し 0株
OA 5,250,000株
吸収金額 1127.0億(想定価格ベース)
時価総額 約5,879.7億(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 6/28~7/8
価格決定日 7/11
想定価格 2,800円
主幹事 野村證券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
ゴールドマン・サックス証券
JPモルガン証券
幹事証券 みずほ証券
大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
東海東京証券
マネックス証券
委託幹事 カブドットコム証券(?)
松井証券(?)
安藤証券(?)
岡三オンライン証券(?)
楽天証券(?)

紹介記事はこちら

 

 

 

LINE(3938)のIPO仮条件

 

2,900円 〜 3,300円

※仮条件決定後のブックビルディング中に100円引き上げられました。

(そんなんありなの!?)

 

 

 

LINE(3938)のIPO公開価格

 

3,300円

※公開価格決定後に更新

 

 

 

 

LINE(3938)のIPO割当枚数

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 野村證券
79,940枚
7,194枚
1
三菱UFJモルガンスタンレー証券
20,770枚
2,077枚
3
ゴールドマン・サックス証券
3,510枚
0枚
JPモルガン証券
3,510枚
0枚
幹事 みずほ証券
7,860枚
786枚
6
大和証券
3,920枚
588+196枚
5
SMBC日興証券
3,920枚
392枚
7
SBI証券
2,190枚
986枚
4
東海東京証券
2,190枚
219枚
8
マネックス証券
2,190枚
2,190枚
2
委託 カブドットコム証券
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

 

 

 

 

 

LINE(3938)のIPOのBBスタンスと抽選結果

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事 野村證券
当選
三菱UFJモルガンスタンレー証券
不参加
ゴールドマン・サックス証券
口座なし
JPモルガン証券
口座なし
幹事 みずほ証券
補欠→落選
大和証券
選外
SMBC日興証券
不参加
SBI証券
落選
東海東京証券
落選
マネックス証券
落選
委託 カブドットコム証券(?)
落選
安藤証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし

 

 

 

 

LINE(3938)のIPO初値予想

 

【仮条件決定後の直感的初値予想】

3,000円 〜 3,600円

直感的初値予想の記事はこちら

 

 

 

【上場直前の独断と偏見初値予想】

4,000円

独断と偏見初値予想の記事はこちら

 

投票のお力添えをお願いいたします


 

 

 

 

LINE(3938)のIPO個人的評価

 

LINE IPO レーダー

【総合評価】

21/30

 

【スタンス】

やや強気

中立

 

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

 

その他”LINE”の初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...