IPO投資

ソウルドアウト(6553)のIPO直感的初値予想!!

 

今回はBB期間が2017/6/23から始まるソウルドアウト(6553)のIPO直感的初値予想をしていきます(^ ^)

 

ついこの前ゴールデンウィークが終わったと思ったらこのソウルドアウトから7月に突入。

 

7月も今のところ4つのIPOが新規承認されていますので、そこそこ楽しめそうな感じはあります。

 

まずは初っ端のソウルドアウトでなんとか当選したいところですよね♪

 

 

 

ソウルドアウト(6553)のIPO仮条件

 

まずはソウルドアウト(6553)のIPO仮条件を紹介させていただきます(^ ^)

 

【仮条件】

1,080円 〜 1,200円

 

想定価格は1,080円でしたので、120円上ブレさせた強気設定となりました。

 

割合にしたら10%以上なので”かなり強気”といってもいいかもしれませんが、直近で20%近く上ブレさせたIPOがありましたので、そちらと比較すると不思議と良心的に感じてしまうのは気のせいでしょうかね 笑

 

ホント最近は麻痺しているのかもしれません。

 

上ブレしたということで、機関投資家からの評価は上々ということは間違いありませんから、ネガティブに捉える必要はないでしょう。

 

メカニック

人気化は間違いないIPOなので、公募価格は上限の1,200円で決定するはずです

 

 

ソウルドアウト(6553)のIPO直感的初値予想

 

続いて本題である、ソウルドアウト(6553)IPO直感的初値予想です

 

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

 

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

 

1,300円 〜 1,800円

(公募比約1.1倍〜公募比約1.5倍)

 

 

ソウルドアウト(6553)のIPOスペック考察

 

ではソウルドアウト(6553)のスペックを見ていきましょう。

 

仮条件が上ブレしたことにより、吸収金額は想定価格よりも約3.1億円ほど大きくなり、約32億円となりました。

 

30億オーバーということでマザーズでは中大型サイズと行ったところでしょうか??

 

IPOでは吸収金額が小さい方が初値高騰しやすい傾向がありますが、この規模ではやや不利となります。

 

残念ながら吸収金額はプラス要素になりそうもありませんね(^^;;

 

 

次に業種ですが、こちらはネットビジネス支援事業ということで、投資家には人気化しやすい分野になります。

 

業種も吸収金額同様に初値に大きな影響を与えますから、こちらはプラス要素と考えていいでしょう(^ ^)

 

ネット系マザーズIPOということで一定の安心感はありますね。

 

ただ、売り出しが多く、オプトホールディングと親子上場というマイナス要素もありますので、ちょこちょことしたマイナス要素も…

 

初値に大きな影響は与えないと思いますが、投資家にいい印象を与えることはありませんので、個人的にはこの辺りも気になっています。

 

とはいえ、7月第一弾のIPOですし、ソウルドアウトの前後には他にIPOもありません。

 

地合いも良好ですし、トータル的には微プラスになると考え、1.5倍を上限とした初値予想とさせていただきました。

 

 

メカニック

親会社にヤフーがいるので、この辺も意識されるかもしれません

 

 

ソウルドアウト(6553)のIPO業績

 

続いてソウルドアウト(6553)の業績をご紹介です(^ ^)

 

【売り上げ】

 

【純利益】

 

売り上げは右肩上がり、純利益もしっかりとついてきています。

 

マザーズらしい成長性が感じられる、いい業績ですね。

 

GameWithのようなインパクトは感じないのでプラス要素になるかは微妙なところですが、ひとまずマイナス要素になることはないでしょう。

 

 

ソウルドアウト(6553)のIPO各社割当枚数

 

続いてソウルドアウト(6553)のIPO各社割当枚数の紹介です

 

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事三菱UFJモルガンスタンレー証券
20,104枚
2,010枚
1
幹事いちよし証券
1,627枚
162枚
4
SMBC日興証券
813枚
81枚
6
SBI証券
232枚
104枚
5
松井証券
232枚
186枚
3
マネックス証券
232枚
232枚
2
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
カブドットコム証券
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

 

一番割当枚数が多いのは、主幹事である三菱UFJモルガンスタンレー証券で間違いありません。

 

 

正直、頻繁に幹事入りする証券会社ではないので、いつも気にしている人は少ないと思いますが、今回は最も重要な証券会社になりますので、申込はしっかりとしましょう(^ ^)

 

また、グループ会社であるカブドットコム証券でも委託販売がすでに決まっていますので、こちらも穴場になりそうな感じがプンプンしています。

 

後期型で2回申込をしないといけないので、そこだけは忘れないようにしてくださいね♪

 

その他、上位幹事のいちよし証券も資金不要で申込ができますので、こちらも見逃せません。

 

電話申込と少々面倒くさいですが、時間がある時に挑戦しましょう。

 

電話がつながらないときもありますけどね…(^^;;

 

その他、抽選割合が高いSBI証券松井証券マネックス証券の3社も忘れてはいけません。

 

ソウルドアウトは想定価格が比較的低価格なので、申込しやすいと思いますから、できるだけ多くの証券会社から申込をして、少しでも当選確率をアップさせてください!!

 

また、上記証券会社の口座を持っていない方は下記に開設できるまでの日数(最短の場合)をまとめてあります。

 

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
岡三オンライン証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
楽天証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
東海東京証券5営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
むさし証券約1週間
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

 

今から口座開設しても申しこみに間に合わないかもしれませんが、この先もIPO投資をする上では必ず必要になってくる証券会社ですから、まだ口座を持っていない方は今後のためにも開設をしておくことをオススメしますよ。

 

メカニック

自分は意外と三菱UFJモルガンスタンレー証券、カブドットコム証券の2社とは相性がいいので、いつにもまして当選を期待しています

 

 

ソウルドアウト(6553)のIPO最終BBスタンス

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事三菱UFJモルガンスタンレー証券
当選せず
幹事いちよし証券
落選
SMBC日興証券
落選
SBI証券
落選
松井証券
落選
マネックス証券
落選
委託岡三オンライン証券(?)
取扱なし
楽天証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
カブドットコム証券
落選

 

 

吸収金額が30億円越えとなったので、ちょっと「大丈夫かな〜」と心配になりましたが、6月IPOはいずれも予想以上の高パフォーマンスを見せてくれているので、この様子ならば大丈夫ではないかなと思います。

 

よって、BBスタンスは強気で行くことに決めました!!

 

当選できれば数万円の利益は出せそうです(^ ^)

 

最近はIPOの競争率が激しいのでなかなか当選ができませんが、この規模なら現実味がありますので、7月では注目度は高いIPOになると思いますね♪

 

三菱UFJモルガンスタンレー証券ではこのところ当選できていませんので、この辺で相性の良さを再確認したいところです 笑

 

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

ソウルドアウト(6553)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ ソウルドアウト(6553)のIPOが新規承認されました。 2017/7/12に上場予定で業種は「地方及び中堅・中...

 

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。