"新規口座開設"+"メルマガ登録"だけでも1,500円キャッシュバック!!

さらに今なら投資実行で…

最大5,000円貰えます!!

【決断】テイクオーバーホールディングスのお見舞い調整金に申込しないと決めた3つの理由

テイクオーバーホールディングス社のお見舞い調整金の申し込み期日までもう少しありますが、自分は最終決断をしました。

今回は申し込みしません。

このことについては申し込みフォームが開始された時点である程度決めていたんですが、心を決めました。

今回はなぜ申し込みをしないことにしたのかの理由を紹介したいと思います。

テイクオーバーホールディングス社が申請フォームと同意確認書の内容については下記記事でまとめていますのでこちらを確認してください。

【テイクオーバーホールディングス社】みんクレ投資家への調整見舞金申請が開始!! 色々と読み込んで見た感想。
予定していた通り、2018年3月26日にテイクオーバーホールディングス社から調整お見舞金に対する専用フォームが開設。(以下T社) ...

スポンサーリンク

不可解な点が多すぎる

これは同意確認書をしっかりと読んでもらえればわかると思いますが、不可解な点が多すぎます。

返済期日は書いてありませんし、支払い方法は仮想通貨もありえる。

これはどう見ても怪しいです。

しかも、返済できるお金がないからこういうことになったのに、今更お見舞調整金を支払うなんて普通に考えればできっこありません。

何か裏があると考えるのが普通でしょう。

やはり一番の狙いは訴訟を取り下げて欲しいんじゃないのかと思いますね。

不利な内容が多すぎる

また、こちらに不利な内容も多すぎます。

担保表明には…

T社に対して訴えなどを今後起こさない。またこれらの手続きの権利を法的根拠の如何を問わず、放棄する

ということが書かれており、申請してしまった時点で今後テイクオーバーホールディングス社に対して一切文句を言えなくなってしまいます。

もし、調整見舞金が支払われなかったとしても、もちろん何も文句はいえません。

要は今後の主導権はテイクオーバーホールディングス社が握るということになるんです。

同意した時点で借りた方が強くなるという逆転現象が起こるんですよね。

自由な身動きがとれなくなり、全ては相手方のおもうがまま。

逆の立場からしたら今後訴えを起こさないことが確定しているんですから、返済はとりあえずの理由をつけてずっと伸ばし続けるでしょう。

ブログやSNSでの口外は一切禁止

自分が一番ひっかかったのが口外禁止の部分。

返済するつもりがあるならば、こんなことを書く必要はありません。

むしろ返済されたということがブログやSNSで広まればT社にとってはプラス。

それを禁止しているということは”返済するつもりがない”、そして返済されないことが広がるのを恐れているんだと思います。

個人的にT社はブログやSNSでの口コミを一番恐れているのではないでしょうか。

また、自分としては今後もT社についてはどんどん情報を出していきたいと思っていますし、今回の件をあきらめるつもりはありません。

これからもどんどんプレッシャーをかけていきたいです。

自分としてはこれが”申し込まない”と決めた大きな理由ですね。

まとめ

申請までの期日はまだもう少しありますが、自分はそのままスルーです。

スルーすればT社に対して訴訟を起こすこともできますし、ブログやSNSで引き続き発信していくことができます。

ちなみに自分としてはこんな同意書を提示してきていることは、かなり追い詰められているんではないかと思っています。

上記でも言いましたが、訴訟を取り下げて欲しいというのが一番の狙いなのではないでしょうかね。

じゃなきゃ突然こちらに蜜を与えてくる理由がありません。

また、自分は今回このような決断をしましたが、今回書いたことは自分の想像でしかありません。

本当に支払いされる可能性もゼロではありませんから、この辺りはしっかりと考えて自分が納得する答えを見つけてください。

初心者におススメのソーシャルレンディング会社は??【PR】

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、初心者におすすめなのは…

 

オーナーズブックです

 

 

オーナーズブックでは1万円から不動産投資ができ、その利回りはなんと4.5%〜14.5%!!

 

自分は過去に利回り5.0%のファンドに投資をしていましたが、早期償還が行われ、最終的には…

 

9%の利回りになったこともあります!!

 

しかもオーナーズブックの運営元であるロードスターキャピタルは9月にマザーズに上場しましたので、すでに東証からのお墨付きも貰っています!!

 

信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

「どこで始めたらいいのかな~」と悩んでいる方には最適の事業者ですよ。

 

ちなみにオーナーズブックは最近テレビなどでも頻繁に紹介されるようになってきて、口座開設者が殺到しています。

 

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

 

オーナーズブックの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

オーナーズブックの評判は?? 2年投資してみてわかった特徴やメリットのまとめ
現在、自分は"maneo"、"クラウドバンク"、"LCレンディング"、"ラッキーバンク"など20社以上でソーシャルレンディングをして...

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. チェチェ より:

    メカニックさん、いつも拝見させて頂きありがとうございます。
    話は全く違うのですが、みんなのクレジットが債権譲渡したサービサーって、何処だかお分かりですか?
    又、みんなのクレジットからの償還額の3%の返金額って戻って来ましたか?
    知っている方は教えてください。

    • IPOメカニック より:

      チェチェさんコメントありがとうございます。
      サービサーは何処かわからないですね。
      みんクレ側も公表していません。
      3%分は償還されました。
      直接登録した銀行に振り込まれましたね。

  2. チェチェ より:

    メカニックさん、お返事ありがとうございます。
    私も同じ意見です。良く考えればテイクの調整見舞金を拒否しても、本来の債務は残っているのですから、法律的にはテイクに催促は出来る訳です。
    テイクから後々『じゃ、何故調整見舞金に登録しなかったんだ?』と突っ込まれても『見舞金の誓約の内容に納得出来なかったから』と主張できますからね。
    あと、テイクの失敗であり、突っ込みどころは調整見舞金の件や、親族の株に投資金が流れていることなどから債務可能なのですから、今は決して入力フォームに登録して、わざわざ白石の網の目にかかりに行く必要はないとおもわれますね。

    • IPOメカニック より:

      チェチェさんコメントありがとうございます。
      債務についてですが、こちらに関してはT社は投資家ではなく、サービサーに移行しています。
      よって、自分たちは債権を持っていないので、もうT社に対しては請求できないんです。
      これがあるのでT社は調整見舞金という言葉を使っています。
      残念です。。

  3. 匿名 より:

    いよいよ本日4/10が期限。結局、変更や補足は出て来ませんでした。正確には、昨日「問い合わせの電話はやめい、という告知がありました。昨日は東洋経済オンラインにも、調整見舞金について記事が載りました。

    https://toyokeizai.net/articles/amp/215664?display=b&amp_event=read-body

    締め切りが近づいて、問い合わせが多くなっている(または申し込みが多いという自己アピール)ということだと思います。勝手に予想させてもらうと、何か理由を付けて期限延長の可能性があると見ています。

    明日のテイクオーバーのサイトで何か告知があるか要注目ですね。

    • IPOメカニック より:

      匿名さんコメントありがとうございます。
      本日最終日ですね。
      自分も先ほどチェックして「電話は無視します」というアナウンスを見た所です。
      東洋経済は白石氏のことを追い詰めようとしている感じがひしひしと伝わってきます。
      こういうのも間違いなく効果はあると思うので、こちらとしてはありがたいですよね。
      今後どのようなアクションを起こしてくるのか気になります。

  4. 匿名 より:

    http://to-h.jp/2018/04/11/info_06_01/

    朝から、普通に申込受付終了告知が出ていました。5月末からの支払いということで、それまでどう動くのか?このままでは、申込件数や金額、支払われたかどうか、全てがTOHの言うがままになりますね。申込者は口外無用とされてますから。

    • IPOメカニック より:

      匿名さんコメントありがとうございます。
      確かに支払いされたかどうかわからないのが難点ですね。
      情報を得るにはかなり深いところまで潜って情報を探すしかないかもしれません。
      口外無用という約束ではありますが、誰かはネット上に書き込むと思います。

  5. 匿名 より:

    禁止しようがしまいがネットに書き込む人は出て来るでしょう。口外禁止は、それを見越して釘を刺したものと考えられます。

    つまりは、自社に都合が悪い書き込みに、

    1.ネット拡散禁止を守っていないということは、成りすましの嘘である。
    2.約束を守らず偽りを広めた申込者なので、特定して違約金を払わせるつもりだ。

    と、嘘つき認定するためと見ます。

    どちらにしても、しばらくは様子見になりますね。

    • IPOメカニック より:

      匿名さんコメントありがとうございます。
      おっしゃる通りだと思います。
      この辺を考慮しての作戦だったでしょうからね。
      本当に支払いをするかどうかわかりませんがなにか情報が入りましたらブログやTwitterで報告させていただきます!!

  6. 匿名 より:

    TOHのサイトで同意して申し込んで、同意した内容をすべて破っても法律上何の問題も生じません。TOHに一方的に有利な契約なので法律上無効な契約だからです。同意した内容を破ったことでTOHが訴えると言ってくれば状況によってはTOHを逆に脅迫罪で告訴することも可能でしょう。

    • IPOメカニック より:

      匿名さんコメントありがとうございます。
      なるほど。
      不利な契約 = 無効
      ということですね。
      ご教授いただきありがとうございます。
      とはいえやはりあれだけのことを同意書に書かれると多少身構えてしまいますよね。
      何かいわれたらどうしようとか考えてしまいますし。。

  7. たくたく より:

    結局白石はお金返すつもりは無いと思いますよ
    投資家としては訴訟という切り札は常に所持しておくべきだと考えいます

    • IPOメカニック より:

      たくたくさんコメントありがとうございます。
      今までのことを考えたそうですよね。。
      自分も全く同じ考えです!!