投資家は節税も大事!? 知ってる人だけが得をする秘密にしておきたい4つの方法

投資家にとっては利益を出すことが一番大事になってくると思います。

いわゆるオフェンスの部分。

しかし同じくらい大事になってくるのがディフェンスの部分である…

節税!!

オフェンスとディフェンス、両方を極められばまさに最強。

効率をMAXまで高めることができますよね。

そこで今回は投資家にオススメしたい節税に利用できる3つの方法を紹介したいと思います。

意外と知られていない方法もありますよ♪

しっかりと調べてから記載しておりますが紹介する方法が確実に節税対策になるとは保証できません。最終的にはプロの方に相談することをオススメします。

スポンサーリンク

ふるさと納税を使えば生活費が無料になるかも!?

一番利用しやすく知られている方法はふるさと納税だと思います。

所得に応じて2,000円を支払うだけで様々な返礼品が貰える制度ですね。

こちらは知らない人はほとんどいないので説明するまでもないと思いますがもし知らない方がいましたら下記ページを参考にしてください。

このふるさと納税ですが所得が高いほど控除額が増えて行きます

よって投資で利益を出せばだすほど貰える返礼品が増加。

返礼品にはお肉などの食材や、店舗で利用できる金券、電化製品など本当にいろんなものがありますので、所得が多い人が上手く活用すればこの返礼品だけで生活することも不可能ではありません

もちろん、所得によって控除される金額は変わってきますが、所得の有無に関係なくふるさと納税を利用して損をする人はほとんどいないと思いますよ。

自分も毎年利用しておりお気に入りの返礼品は下記記事にまとめています。

ふるさと納税に悩んでいる方必見!! メカニックがおすすめしたい3つのお礼品
年末になると気になるのがふるさと納税。 節税になりますし、やらない理由はありませんから、もちろん自分も毎年利用していま...

金券などは場所もとらないので個人的にはかなりオススメです♪

ちなみにふるさと納税をするならアイモバイルが運営している“ふるなび”が一押し!!

こちらから寄付するとお礼品とは別に寄附金額に対して1%のAmazonギフト券が貰えるからです。

還元率をさらに増やすことができますので、ふるなびにお目当のお礼品がある場合はこちらを利用するといいですよ。

ふるなびの公式サイトはこちら

idecoなら投資しながら節税できる

また個人型確定拠出年金のidecoも節税対策の一つです。

こちらも投資信託を選択すれば投資しながら所得控除を受けられる最強の節税方法の一つ。

投資性のない商品を選べばノーリスクで節税ができます。

ただ、問題なのは毎月の上限掛金が決まっていること。

最大でも自営業者などで6.8万円、サラリーマンでは最大2.3万円です。

多くの節税はできません。。

とはいえこちらは簡単に実践できる節税方法なので、まだ行っていない人にはオススメです。

idecoは口座開設する金融機関によってランニングコストが変わってきますが、SBI証券楽天証券の2社ならば国内最低水準となります。

個人的には最近積極的にキャンペーンを実施する楽天証券がオススメです。

エンジェル税制は節税効果がトップクラス!?

一番オススメなのがエンジェル税制です。

こちらは投資をしながら節税できるという嘘かと思うような方法。

詳しい詳細は下記記事で確認もらうとして、ざっくりいえば総所得から控除されるという仕組みになります。

エンジェル税制って何?? 株式型クラウドファンディングは節税対策としても"あり"かもしれません
2017年はソーシャルレンディングがさらに盛り上がっていくと思いますが、自分は株式型クラウドファンディングも盛り上がっていくと考えて...

で、肝心なのがどうやってエンジェル税制を利用するかですがこちらは自分で投資先を見つけるか、株式投資型クラウドファンディングを利用するかのどちらか。

ただ一般の人が自分で投資先を見つけるのはほぼ不可能ですから、そうなると株式型クラウドファンディングするほうが現実的です。

中でもファンディーノというサービスならばエンジェル税制を利用できる投資先がありますのでこちらを利用するのがいいかと思います。

FUNDINNO(ファンディーノ)の評判や口コミが気になる方に100万円以上投資している自分がメリット・デメリットを日本一優しく紹介しようと思う
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスをリリースしたFUNDINNO(ファンディーノ)。 最...

実際、自分もこのサービスを通してエンジェル税制が利用でき、節税することができました。

FUNDINNOで投資した会社がついにエンジェル税制の適用を申請!? メリットしかないので早速申し込んでみました
日本初の株式投資型クラウドファンディングであるFUNDINNO。 今の所は全ての案件が成立していて絶好...

このエンジェル税制はディフェンスしながらオフェンスもできるという最強の節税方法かなと個人的には感じています。

未上場企業への投資ってリスクは高いですが夢もありますので投資家にはオススメですよ。

リターンが受けられる寄付をする

寄付も節税の一つになります。

「寄付しただけじゃあこっちにメリットないじゃん。。」と思うかもしれませんが、中にはリターンを受けられる寄付もあるんです。

例えば落合陽一さんが先日行ったプロジェクトなんかは寄付金額に応じて様々なリターンが用意されていました。

こちらのリターンにはなんと落合陽一先生が研究室を案内してくれるものだったり、出張講演してくれるものだったり、落合陽一ファンにはたまらないリターンが目白押し!!

金額はそこそこしますが落合先生の時間を60分拘束できることを考えれば全然安いかと。

おそらく寄付という関係上、リターンにプロダクト的なものはNGかと思いますがただ寄付するだけのことを考えれば社会貢献できる上にこちらも満足できるわけですから、メリットは多いと思います。

WIN-WINですよね。

もちろんプロジェクトには控除される旨もしっかりと記載されていました。

こういう一風変わった寄付行為も節税対策の一つになるはずです。

まとめ

今回は節税についてまとめてきました。

ふるさと納税は誰でも知っていたと思いますが、寄付やエンジェル税制は意外と活用していない人も多いと思います。

特に寄付でも今回紹介したようなプロジェクトの場合はこちらにもメリットがあるので、オススメです。

落合陽一ファンにとってはたまらないでしょう 笑

また、投資家にとって一番魅力的なのはエンジェル税制ですかね。

こちらはベンチャーへの投資になりますので、リスクが高いですがリターンも非常に大きいです。

今の所、利用する場合は個人的な”つて”がない場合はファンディーノで投資する以外ないかなと思っています。

今後FUNDINNO(ファンディーノ)ではエンジェル税制が適用される企業は前もって教えてくれるそうなので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。

ファンディーノの公式サイト

自分の投資体験を含めた全てを下記記事に記載してありますので興味のある方はどうぞ♪

FUNDINNO(ファンディーノ)の評判や口コミが気になる方に100万円以上投資している自分がメリット・デメリットを日本一優しく紹介しようと思う
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスをリリースしたFUNDINNO(ファンディーノ)。 最...

え!? ノーリスクで現金3,000円が貰える!?[PR]

 

現在岡三オンライン証券と当ブログとタイアップキャンペーンを実施しています!!

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金3,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

ノーリスクで現金3,000円、株主優待本まで貰えますのでまだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(6月30日まで)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

スポンサーリンク