金融機関・サービス

One Tap Buyでソフトバンクの取扱決定!! 今から口座開設して間に合うのか調査してみた

もしかしたらと思っていたんですが、現実になりましたね。

先日One Tap BuyのIPOについての記事を書いた時に、最後に「ソフトバンクも取り扱うかもしれませよ」と書いたんですが、本当になってしまいそうです。

1株から申込できるということで、どんな体験ができるか今から楽しみで仕方ありません。

ただ、油断していてまだOne Tap Buy(ワンタップバイ)の口座を持っていない人も多いと思います。

今回はOne Tap Buy(ワンタップバイ)を今から口座開設して、ソフトバンクのIPOに間に合うのかを徹底調査してみました。

もし、One Tap Buy(ワンタップバイ)のIPOについて知らない人は先に下記の記事を一読してみてください。

【日本初】One Tap buy(ワンタップバイ)がIPOの取扱を開始!! 1株から申込できるってよOne Tap buy(ワンタップバイ)で新たにIPOの取扱をスタートします。1株から参加できるという日本初の試みです。IPOルールを徹底解説していきます。...

One Tap Buy(ワンタップバイ)はソフトバンクのIPOを本当に取り扱うの??

One Tap Buy(ワンタップバイ)はソフトバンクの関係会社であることが目論見書にしっかりと書かれています。

さらに、それだけではなく、みずほ証券からOne Tap Buyに販売を委託する予定の旨までしっかりと記載されているんです。

あくまで予定なので、確実ではありませんが固有の証券会社名まで出すというのはかなり異例。

ここまでしっかりと記載されているならば、余程の問題が起こらない限りは間違いなくOne Tap Buy(ワンタップバイ)でソフトバンクのIPOを取り扱うでしょう。

正直、この文章を見つけた時はテンションがめちゃくちゃあがりました 笑

ツイートまでしちゃうというね♪

 

One Tap Buyの口座開設までにかかる日数は??

One Tap Buyは通常、口座開設までに通常4日〜5日ほどで口座開設が可能です。

自分も口座開設したのはかなり前のことですが、確か1週間かからずに開設できました。

ただ、これは”誰でもIPO”がリリースされる前です。

どうやらOne Tap Buy(ワンタップバイ)は現在、口座開設が殺到しているようで完了までに1週間〜2週間かかるとアナウンスしています。

これはソフトバンクのIPOを取扱う前ですから、もしかしたら3週間くらいかかると読んでおいた方がいいかもしれませんね。

 

ソフトバンクのBB期間までに口座開設が間に合うのか??

ソフトバンクの申込期間(BB期間)は12月3日から12月7日まで。

ここから逆算すれば口座開設に間に合うかどうかのXデーを求めることができますね。

計算するとこんな感じです。

  • 3週間前 → 11月16日
  • 2週間前 → 11月23日
  • 1週間前 → 11月30日

余裕をもって3週間前に申込をしたい人は11月16日までに申込をしましょう。

もちろん、ここで開設すれば確実に間に合うという保証はありませんので、できるだけ早く開設する方がいいです。

むしろ、すぐに開設するようにしてください!!

 

まとめ

ついに話題になったOne Tap Buy(ワンタップバイ)の”誰でもIPO”に挑戦できるチャンスがやってくるかもしれません。

しかも第1発目が史上最大のIPOソフトバンクですからテンションが上がらないわけありませんね。

自分は未成年口座も開設したので、申込ができるなら親子で参加するつもりですよ♪

同じようにチャレンジしたいと思っている人はなるべく早く口座開設をするようにしましょう。

多分、今もものすごい勢いで口座開設者が殺到していると思いますので 笑

One Tap BUYを今すぐチェック

1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

今すぐ無料で口座開設

運営するクラウドポートの社長にFundsに込めた想いを聞いてきたので、気になる方は是非一読してみてください。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。