IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

取りこぼしに気をつけろ!! 証券会社ごとに委託販売する12月IPOをにまとめてみた!!

2018年の12月は合計20社のIPOが新規承認されました。

見返して見ると、日本市場最大のIPOであるソフトバンク、初値高騰が見込めるkudanやLINK、さらには滑り込みでテノ.ホールディングスが再承認されるなど、バラエティに飛んだラインナップです。

今年も楽しめそうですよね。

ただ、これだけIPOが乱立すると、”どの証券会社”が”どのIPOの幹事なのか”が覚えられなくなってきます。

正式幹事なら東証のページを見たり目論見書を見ればわかりますが、特に困るのが委託幹事です。

別名”裏幹事“とも言われますね。

委託販売する証券会社は各社のホームページを見なければ確認ができません。

そこで、今回はすぐにわかるように証券会社別に委託販売するIPOをまとめました。

是非参考にしてください。

岡三オンライン証券における12月IPOの委託販売

まずは岡三オンライン証券からいきます。

岡三オンライン証券では下記のIPOを委託販売する予定です。

  • アルー
  • アルテリア・ネットワークス
  • FUJIジャパン
  • グッドライフカンパニー
  • 田中建設工業
  • AmidAホールディングス
  • Amazia
  • ポート
  • テノ.ホールディングス
  • 自律制御システム研究所
  • ソフトバンク

なんと合計11社。

小型IPOからソフトバンクまで、12月IPOの半分以上で委託販売を行います。

もっとも委託販売数が多いので一番注意してチェックしましょう。

岡三オンライン証券の公式サイト

岡三オンライン証券のIPOルールを徹底解説!! 資金0円でも抽選に参加できる貴重な証券会社!!最近、IPOに力を入れている証券会社の一つに岡三オンライン証券があります みんなが知っているメジャーな証券会社ではありませんが、実...

 

カブドットコム証券における12月IPOの委託販売

委託販売といえばカブドットコムも忘れてはいけません。

カブドットコム証券では下記のIPOを委託販売する予定です。

  • アルテリア・ネットワークス
  • オーウエル
  • ソフトバンク
  • AmidAホールディングス
  • ポート
  • EduLab

合計6社。

特に注目すべきはやはりソフトバンクでしょう。

三菱UFJモルガンスタンレー証券が幹事入りしているので、いつも以上に当選確率が高いと思います。

日本郵政グループの時も当選者がバンバンでましたし、自分も普通に当選しました。

口座は最短即日で開設できるので、結構ギリギリでもIPOに申込ができる貴重な証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら

委託販売の実績はトップクラス!! カブドットコム証券のIPOルールや注意点を徹底解説!! カブドットコム証券といえば色々なメディアで紹介されており、知名度が高いネット証券の一つだと思います(^ ^) カブ...

 

松井証券における12月IPOの委託販売

続いて松井証券を見ていきましょう。

松井証券では下記のIPOを委託販売する予定です。

  • アルー

委託販売は今の所2社のみとなっています。

しかし、ソフトバンクとベルトラでは正式幹事となっていますので、こちらも忘れないようにしましょう。

松井証券の公式サイト

【神アプデ】松井証券が資金0円でIPOに申込可能に!? IPOルールが変更になったので詳しく解説するよ どうも、メカニックです。 IPOではあまり重要度が高くなかった松井証券ですが、これからは存在感が増してくるかもしれません。...

 

楽天証券における12月IPOの委託販売

楽天証券では下記のIPOを委託販売する予定です。

  • アルー
  • アルテリア・ネットワークス

この2社となっています。

楽天証券は今まで委託販売がメインでしたが、2018年からは本気を出していて、12月も下記のIPOで正式幹事となっています。

  • レオス・キャピタルワークス
  • 自律制御システム研究所
  • AmidAホールディングス
  • ピアラ

こちらもお忘れなく。

楽天証券はIPOが100%抽選配分となり、だれでも平等に当選のチャンスがありますので、今年の12月はかなり当選者がでてくるんじゃないかなと予想しています。

楽天証券の公式サイト

詳しいIPOルールは下記をどうぞ。

抽選倍率を教えてくれる! 楽天証券のIPOルールや抽選方法を徹底紹介!! ネット証券の古参の一つである楽天証券。 手数料も安く、人気ツールであるマーケットスピードなど取引のメイン証券として使ってい...

 

ワンタップバイではソフトバンクを1株から購入可能

そして12月から新たな証券会社がIPOに参入します。

それがスマホ証券のOne Tap Buy(ワンタップバイ)です。

最大の特徴は1株からIPOの抽選に参加できるところ。

普段は100株単位での申込なので、これはOne Tap Buy(ワンタップバイ)にしかない大きな特徴です。

ちなみに取り扱うIPOはソフトバンクとなっています。

こちらはまだ知らない人も多いと思うので、ソフトバンクのIPOに申込予定の人は覚えておくようにしてください。

One Tap BUYを今すぐチェック

【日本初】One Tap buy(ワンタップバイ)がIPOの取扱を開始!! 1株から申込できるってよOne Tap buy(ワンタップバイ)で新たにIPOの取扱をスタートします。1株から参加できるという日本初の試みです。IPOルールを徹底解説していきます。...

 

GMOクリック証券における12月IPOの委託販売

GMOクリック証券でも久しぶりに委託販売が確定しています。

  • リンク

取り扱うのは12月でも人気化必須のリンクです!!

忘れずに申込してくださいね。

GMOグループがIPOの時は当選期待度MAX!! GMOクリック証券のIPOルールや抽選方法まとめ!!GMOクリック証券といえば”IPOに強い”というイメージはないかもしれません(^^;; どちらかといえば「手数料が安い」というイン...

 

マネックス証券における12月IPOの委託販売

最後はマネックス証券です。

12月IPOでは多くで正式幹事となっていますが、ひっそりと委託販売もしています。

  • グッドライフカンパニー
  • 自律制御システム研究所

マネックス証券の公式サイトはこちら

脅威の100%抽選配分!! IPO投資に必須のマネックス証券におけるIPO抽選ルールや幹事実績などを徹底紹介!! IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です。 必須口座といっても過言ではないでしょう(^ ^) 本日は...

 

まとめ

以上、委託販売するIPOを証券会社ごとにまとめてみました。

楽天証券は正式幹事数が多かったり、One Tap Buyが新規参入など今年はホントにいつもと違う部分が多いので注意してください。

また、捕捉としてはライブスター証券は委託販売はありませんが、レオス・キャピタルワークスで正式幹事入りしていますよ。

委託販売はついつい忘れがちになりますが、ソフトバンクでは当選確率も高いと思うので、取りこぼしはパフォーマンスに大きく影響してくると思います。

しっかりと確認して、頭に叩き入れておきましょう♪

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。