ロボアドバイザー

【2019年8月】絶好調のロボアドバイザー投資に異変!? 5社の運用実績に暗雲が立ち込めている件

どうも、メカニックです!!

8月に入りましたので最近恒例となっているロボアドバイザー投資の運用実績をまとめていきたいと思います。

6月、7月と順調に増加していましたが7月末にFOMCの利下げが発表されて相場は大荒れ。

残念ながらロボアドも、もちろん影響を受けちゃいました。

ちなみに現在自分は下記5つのサービスでロボアドバイザーを実践しています。

  • ウェルスナビ
  • THEO
  • FOLIO
  • 楽ラップ
  • MSV LIFE

では、今月もそれぞれの運用実績を紹介していきますね!!

【2019年8月】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績

まずは国内最大の預かり金額を誇るWealthNavi(ウェルスナビ)から紹介しますね。

8月の運用実績はこうなりました!!

日本円ベースでは5.04%、ドルベースでは8.24%とまずまず。

ただ7月は日本円ベースでは9.69%、ドルベースでは11.11%でしたので、大幅に下がりました。

ドルベースの方が3%以上高いですが、これは円高に触れている影響が大きいです。

この記事を書いている時点でのドル円は105.15ドル。

7月と比較して3円も円高に。

現在、ダウは26,000ドルを回復して落ち着きを取り戻していますが為替が油断ならない状況。

なんとかパフォーマンスはプラスなので問題はありませんが、ここからもう一段のショックが来ないことを祈っています。

WealthNaviを今すぐチェック

ちなみに「WealthNavi(ウェルスナビ)って何??」っという方は下記記事を一読してみてくださいませ。

 

【2019年8月】THEO(テオ)の運用実績

次は独立系ロボアドバイザーサービスの2大巨頭の一角であるTHEO(テオ)です。

自分はこのTHEO(テオ)からロボアドバイザーサービスをはじめました。

実践している中では1番の古株で投資を開始したのは2016年の4月から。

現在はTHEO + docomoに変更していますが、3年と4ヶ月運用を続けていますよ。

そんなTHEO(テオ)における運用実績がこちら。

円ベースでは5.67%、ドルベースでは8.00%です。

ちなみに7月は円ベースで7.96%、ドルベースで9.89%でしたので2%前後悪化しています。

ただ、ウェルスナビよりは大きく下落していません。

投資してからのチャートはこのようになっています。

上がったり、下がったりしながらもプラスはキープしているのがわかると思います。

どちらかというとドルベースの方が動きが少なめですかね。

下落してもこのぐらいの下げ幅ならば、まだ安心して見てられます。

ちなみにTHEOは手数料が国内最低水準で最大0.65%まで下げることが可能。

しかもTHEO + docomoにすると投資額1万円にきdポイントが1P貯まります。

必然的にパフォーマンスは他のロボアドよりも高くなりやすいんです。

個人的に今からロボアドを始めるならTHEOが一押しですよ♪

THEOを今すぐチェック!!

THEOについて詳しく知りたい方は下記記事をチェックしてください。

 

【2019年8月】楽ラップの運用実績

続いては楽天証券が運営している楽ラップにいきましょう。

現在は10万円を運用中で積立はしていません。

ポートフォリオはこのようになっており、株式と外国債券の比率が高いです。

そして、肝心のパフォーマンスがこちら。

4,627円のプラスですね。

ちなみに7月がこちら。

なんと7,010円の含み益だったので、2,400円ほど下がっちゃいました。

ただ、投資してからの推移をみると好調を維持しているのがわかります。

何度かマイナスになったこともありますからね。。

その時に比べれば全然マシです!!

実は7月に「今が利確するには最高のタイミングなのかもしれません」と言いましたがまさにそんな結果になっています 笑

トレードが下手すぎる。。

とはいってもまだプラスをキープしていますし、やめる理由はありません。

引き続き投資を実行しますよ!!

楽ラップを今すぐチェック

楽ラップについては下記で徹底解説していますので気になる方はこちらも合わせてご覧ください。

 

【2019年8月】マネラップの運用実績

4つ目はマネックス証券が運営しているMSV LIFE(マネラップ)の運用実績をご紹介します。

マネックス証券には2種類のロボアドバイザーサービスがありますがこちらは投資一任型です。

2017年の11月から毎月1万円を積立中。

ただし、投資を開始してからなかなか満足のいく実績を残してくれません。

7月は3,500円ほどの含み益となりましたが8月はどうなっているかというと…

うわー、一気に3,000円オーバーのマイナスです。。

先月と比較すると6,000円以上のダウン。

かなりえぐい結果となっています。

投資を開始してからもうすぐ2年かかりますが、これでは全然ダメですね。

ただ下記のようにポートフォリオは株式が中心の構成となっているので、波が荒くなりやすい部分はあります。

国内株式に関しては日経平均が20,000円〜22,000円のレンジ相場が続いているのも、上にブレイクできない原因かと。

ちょっとポートフォリオの構成を見直そうかなと考えている今日この頃です。

引き続き投資をするつもりではいますが、ちょっとおすすめはできないかな。

マネラップに関しては下記記事で詳しく紹介していますので、もし気になる方がいましたらこちらをどうぞ。

マネラップを今すぐチェック

 

【2019年8月】FOLIO(フォリオ)の運用実績

最後はFOLIO(フォリオ)が提供している「おまかせ投資」です。

投資を開始したのは2018年の11月から。

10ヶ月目に突入したばかりで自分が実践しているロボアドバイザーの中では一番の新参者になります。

FOLIO(フォリオ)の運用方針は5段階あるんですが、2番目にリスクをとった積極運用プランで運用中です。

そんなFOLIO(フォリオ)の運用実績がこちら。

うわ、マイナス。。

1,800円と少額ではありますがマイナスだとなんか嫌な感じがします。

ちなみに先月の結果がこちら。

3,494円の含み益(3.52%)だったんです。

つまり、5,000円ほどの大幅ダウン。

これだけ下がってしまった原因はやはりポートフォリオにあります。

すでに予想がつくと思いますが紹介した4社同様に株式比率が多いポートフォリオだからです。

株式が-5%以上ではそりゃ含み損になりますよ 笑

ただ、FOLIO(フォリオ)に関しては一時10%ぐらいのマイナスになったこともあり、そこからV時回復して今に至ります。

ダウも26,000円以上という高値圏を維持しているのでそこまで心配はしていません。

引き続き投資していくつもりです。

FOLIOを今すぐチェック

おまかせ投資についてもっと知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

 

ロボアドバイザー投資のまとめ

自分が実践している5社の実績を紹介してきました。

最後に2019年8月におけるロボアドバイザー各社の日本円ベースでのパフォーマンスをまとめます。

WealthNavi+5.04%
THEO+5.67%
楽ラップ+4.06%
マネラップ-1.51%
FOLIO-1.85%

今月も全サービスでプラスです。

合計投資額は124万円。

合計含み益は43,502円(3.50%)です。

先月は7%以上の含み益だったので大幅に削られましたが、ギリギリ合格ラインではあるかと。

とにもかくにも今回大幅に下がった原因は株安です。

FOMCの利下げ発表や米中の貿易摩擦の再燃などいろんなトピックが重なってしまいました。

ただ、大分カムバックしてきましたので来月は今月よりもいい結果になるのではないかと考えています。

とりあえず、完全ほったらかしで何もすることはありませんが引き続き注視していきたいと思いますよ。

ちなみにこれからロボアドバイザー投資を始めたいという人には1万円から始められるTHEO(テオ)がおすすめです。

当ブログではTHEOとタイアップキャンペーンも実施していて条件を達成すれば500円が追加してプレゼントされます。(2019/08/31まで)

公式サイトよりもお得に始めることができるので、当ブログの読者さまは是非ご活用くださいね。

THEOのタイアップを今すぐチェック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。