【全員プレゼント】

FUNDINNOに投資家登録で

アマギフ1,000円相当が貰えます!!

IPO投資

【世界初】ワンタップバイが1,000円IPOを検討!? 「金額指定できるIPO」を2019年に導入予定!!

どうも、メカニックです。

いやー、またもや面白い仕組みのIPOが誕生するようです。

その仕組みを考えているのはスマホ専用証券であるOne Tap Buy(ワンタップバイ)。

なんと、1,000円でIPO(新規公開株)に参加できる仕組みを開発中とのことです。

今回はOne Tap Buy(ワンタップバイ)が新たに計画中の1,000円IPOについてわかっていることを徹底解説していきますね。

マネックス証券

One Tap Buy(ワンタップバイ)とは国内初のスマホ証券

One Tap Buy(ワンタップバイ)は国内初のスマホに特化したスマホ専用証券です。

「証券」という言葉がついていませんが、れっきとした証券会社ですよ。

ちなみにテーマ投資のFOLIO(フォリオ)も「証券」という言葉はついていませんが、証券会社です。

話を元に戻します。

One Tap Buy(ワンタップバイ)は1,000円から日米の株式を簡単に購入できるのが特徴で、最近ではつみたて投資ができる「ロボ貯」というサービスも始めました。

手数料も月額制のサブスクモデルを導入したりと、色々と他の証券会社にはない新たな取り組みも積極的に取り入れています。

ただ、最近はそのような施策も結果につながっていません。

口座数などが伸び悩み、ついに社長が交代するという事態にまで発展。

先ほどいったFOLIOをはじめ、取引手数料が無料のSTREAMなど、スマホ証券が加熱している中で、今後どうやって成長していくかに注目があつまっています。

One Tap Buy(ワンタップバイ)についてさらに知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

自分のトレード成績なども紹介していますよ。

 

One Tap Buy(ワンタップバイ)が世界初の金額指定する「1,000円IPO」を開始!!

そんなOne Tap Buy(ワンタップバイ)が新たに始めるのが1,000円からIPOに参加できる仕組み。

金額指定する申込方法は世界初とのことです。

でも実はOne Tap Buy(ワンタップバイ)は以前「誰でもIPO」という1株からIPOに参加できるという業界初のシステムを採用したことでも話題になったんです。

結局はソフトバンク1社のみしか取り扱わず、現在はあってないようなサービスになりましたが、おそらく今回新たに導入予定の「1,000円IPO」はその後継だと思います。

そして、そもそもなぜ1,000円IPOを始めることにしたのかについては、社長が次のように語っています。

内山社長は「物を買うときも車にガソリンを入れるときも、グラム指定より金額指定の方が良い。投資家が知りたいことはただ一つ、1000円投資していくらもうかったのかということだ」と述べた。この仕組みが浸透すれば、「マーケットは本当に変わっていく」と語った。

ブルームバーグの記事より引用

どうやら投資家が知りたいのは「1,000円投資していくらもうかったのか」だけだそうです 笑

まぁ、揚げ足をとるのは置いといて、確かに株数よりも金額指定の方がわかりやすいのは確かですね。

その方が利益は計算しやすいですし。

初心者にはIPOの仕組みが理解しやすいので始めの一歩としてはいいのかなと思います。

 

1,000円IPOはいつから始まるの??

1,000円IPOは2019年度中の導入を目指しているそうです。

年内のオーラスIPOはだいたいブックビルディング期間が12月の10日前後には終了します。

ということは最低でもそれまでには導入予定ということになりますね。

個人的には11月までには導入をしてもらい、12月のIPOラッシュには数社申し込めるような形を作ってほしいなと思います。

 

どんなIPOを取り扱うのか??

ワンタップバイはまず委託販売からスタートするようです

その後、3年程度で業務体制を整えて、当局から正式幹事入りできる許可をとるという計画とのこと。

そして委託販売でどんなIPOを取り扱うのかですが、まずはソフトバンクグループとみずほ証券が絡んでいる銘柄が候補に上がると思います。

というのもワンタップバイはソフトバンクとみずほ証券が大株主なんですよね。

ソフトバンクが上場した際はワンタップバイでも取り扱いがあったのは記憶に新しいと思います。

ちなみに自分も挑戦して見事100株当選したものの公募割れをして泣く泣く損切りしたという話があったとかなかったとか 笑

今はソフトバンクビジョンファンドがIPOするみたいな話もあるので、ソフトバンクグループが絡んでいるIPOは取り扱いの期待が高いです。

あとはみずほ証券が幹事入りした場合もおこぼれをもらえる可能性があるかも!?

 

まとめ

ワンタップバイは「誰でもIPO」というサービスを始めましたが結局取り扱ったのはソフトバンクのみという苦い過去があります。

今回は1,000円から申込できるという内容ですが、継続性のあるサービスなのか疑問が残りますよね。

スタートしたはいいものの結局は続かずに前回の二の舞になる可能性もあります。

社長が交代したので期待したい気持ちはありますが、正直どうなるかはわかりません。

とはいえ、1,000円からIPOに参加できるというのは面白い試みです。

当選しても大きな利益は期待できませんが、ちょっとでも利益がでればIPO投資を続けるモチベーションになりますからね。

スタートはいつになるかわかりませんが一応、頭には入れておきましょう。

ワンタップバイを今すぐチェック

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。